野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震対策

 前回が地震予知でかなり長文になったので、防災の方は分けることに。

 東洋ライフサービス株式会社のサイトにアクセスが集中しているせいか、ここにある有益な情報を見たいときに見られない事があるので防災対策情報のみ転載してみた。
 現在、東洋ライフサービス社に転載可能か問い合わせ中。問題が生じたら削除するつもり。

 なお、東京都総務局にも総合防災部ホームページはあったが、ごちゃごちゃしてわかりづらかった。

【“地震対策”の続きを読む】
スポンサーサイト

今週中に関東で大地震?

【最新情報はこちら

  揺れる?民間研究者「6月1日までに南関東圏でM7」 【夕刊フジ】

 南関東圏で来月1日までに、阪神大震災に匹敵するマグニチュード(M)7級の地震が発生?。こんな地震予知情報がネット上で公表され、波紋を呼んでいる。発表したのは、民間の地震予知研究の第一人者としてしられる八ケ岳南麓天文台の串田嘉男氏(47)。串田氏は過去にも大地震を予知した「実績」があり、今回の情報も要注意といえそうだ。
 同天文台のHPによると、推定される地震の領域は関東圏で、南関東の可能性が強く、規模はM7.2±0.5、時期は5月27日±4日だという。

 南関東に住んでる者としては、今週いっぱい何事もなければいいのだが。
 とりあえず情報源の八ヶ岳南麓天文台のサイトへ行ってみたら、なんとHP閉鎖の通知があった。

【“今週中に関東で大地震?”の続きを読む】

韓国、谷内次官発言を批判するも

  韓国、谷内次官発言を批判 駐韓大使呼び謝罪要求 【産経】

 韓国外交通商省の李泰植(イ・テシク)次官は26日、ソウルの同省に高野紀元(たかの・としゆき)駐韓日本大使を呼び、谷内正太郎(やち・しょうたろう)外務事務次官が韓国の与野党議員団に「米国が韓国を信じていないようで、日本は韓国との情報共有にためらいがある」などと発言したとされる問題で抗議、公式謝罪と再発の防止を求めた。

 今朝の報道番組でやっていたが、日本の外務次官はこの程度なのか?と情けなくなった。この件について本人が「ノーコメント」ということから事実だろう。
 それにしても外交上、この発言はないだろう。会話による交渉術を知らないのか?。これがたとえ非公式でも、失言以外何ものでもない。もう少し言葉を選べないのか。それに、この発言を鵜呑みにすると、まるで日本がアメリカの属国に見える。少なくとも日本を軸に米韓を繋げようとする意思は見られない。

 ただ、これが二週間前の非公式会談の話なのが引っかかる。韓国政府は何を考えてるのかさっぱりわからない。子どもじゃあるまいし。日韓首脳会談を破談にしたいのか?とも思えてしまう。
 韓国メディアの反応はどうなのか。竹島問題では政府と共にあれだけ日本を叩いた韓国メディアも今回は様子が違う。それどころか政府を批判する記事まである。

【“韓国、谷内次官発言を批判するも”の続きを読む】

中国:鳥インフルエンザの新型ワクチン開発成功の影

  中国、鳥インフルエンザの新型ワクチン開発に成功 【人民日報】

中国はこのほど、鳥インフルエンザの新型ワクチンの開発に成功した。水鳥・家きん・哺乳類・人などへの鳥インフルエンザの感染を断つことができるという。国家禽流感(鳥インフルエンザ)参考検査室が25日明らかにしたところでは、H5N1亜型鳥インフルエンザ向けに開発された2種類の新型ワクチンがこのほど、科学技術部と農業部の合同審査に合格し、国家の使用許可を獲得した。

 なんでこれがトップ記事なんだ?と疑問に思ったが、おそらく緊急にこれを取り上げたのはこの事件がきっかけではないだろうか。

  鳥インフルエンザで121人死亡?…中国当局は否定 【読売】

【北京=末続哲也】渡り鳥の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)感染が確認されていた中国内陸部の青海省で、「4月以降、渡り鳥のH5N1型ウイルスが人に感染し、121人が死亡した」との未確認情報が26日、海外の一部ウェブサイトに流れ、中国当局が急きょ、この情報を全面否定する一幕があった。

 青海省の関係者が明らかにしたものだが信憑性は不明。中国政府は全面否定しているが、過去にSARS(新型肺炎)の感染拡大を隠蔽しようとした過去があるだけに微妙だ。

 最初、中国製鳥インフルエンザワクチンの開発成功に日本大手新聞が全くスルーしているので疑問になって調べ始めたら、いつの間にか鳥インフルエンザ全体に足を伸ばす始末。まぁ、いつものことだ(笑)。ただ、呉儀・副首相のドタキャンの真相はこれではないかという疑念もでてしまった。

【“中国:鳥インフルエンザの新型ワクチン開発成功の影”の続きを読む】

愛知万博を調べる(その1)

 先週たまたま、2ちゃんねる(ニュース速報+)の愛知万博関連の報道を見ていたら FAQテンプレという題目で、愛知万博の話ずらずらと。せっかくなのでこれをベースにうち流にまとめてみた。なお、2ちゃんねる内には万博・地方博板というのがあるが、見るとキリがないので程ほどにしか見ていない。

 ただ、まとめようとすると情報量が多く、真偽確認や新事実発見により予想以上に時間がかかる始末。仕事も相まって超スローペース。超長文になりかねないので分けることに。それ以前に愛知万博に行ったことがない奴がこんなの書いていいのかちょっと(^^;)

 今回の意見を言えば、森林伐採して何が自然博なのかさっぱり。あと、無駄遣いを何とかして貰いたい。愛知県民、財政が本当に大丈夫か、調べるほど心配になった。
 ともあれ、月給126万貰っている18人の副会長は何とかして。常勤は一人しかいないから、一人いれば十分だろう。…というか、数ヶ月前まで17人だったような…。

【“愛知万博を調べる(その1)”の続きを読む】

ドコモ、小学校で携帯授業

2005.5.25 15:30 PHSのSAR値追記

  「携帯マナー授業」、小学生の反応はいかに【ITmedia】

ドコモは、児童に携帯の安全な使い方を教える出張授業を行っている。「携帯に触れさせないようにしても、それは無理。ならば安全な教育を」(学校関係者)

 授業内容をレポートしている他、児童(小学4年生)に話を聞いてみるなど、今の児童が携帯電話にどの程度関心を持っているのかがよくわかる。授業が行われた小学校では携帯所持率は3?4割。ここまで浸透してきてるのかとびっくりした。

 小学生に携帯(携帯電話・PHS)を持たせるかは賛否両論。うちは否定派。もっともまだ未就学だし、5年後の携帯電話事情はまた変わってるので何とも言えないが。誰も5年前に今の携帯がここまで進化するとは予想しなかっただろうし。

 否定する理由は3つある。コスト、モラル、そして電磁波だ。

【“ドコモ、小学校で携帯授業”の続きを読む】

ポニー(馬)に乗るヤギ

 今朝の報道番組(特ダネタイムス@特ダネ)でやっていた。
 冒頭から挑発的(笑)。「今日はあちこちで歩くレッサーパンダでしょうが、うちは昨日やりましたので…」。あらら、昨日、みそびれちゃったよ(´・ω・`)

 でも、歩くレッサーパンダの映像もやってくれました(´∀`)
 なんか歩くと言うより、歩かせてるんですが…。犬が立って、ととととって歩くのと同じ感じ。歩く距離も3mくらいだった。なんか仕込み芸みたいで微妙。

 コーナー冒頭は、風太3連発(いろんな立ちポーズ)、歩くレッサーパンダ、立つラッコと続き、最後に今日の本命のポニーの上に立つヤギ。きっかけは新聞に掲載された写真らしい。合成写真っぽく、ポニーの背中にそのままヤギが乗っている。で、取材陣は北海道へ。

 場所は動物園ではなく、放牧場みたいな感じ。出てきた人もレストランオーナー。
 取材を進めるも、ヤギはポニーに乗らない。えさで誘導してもダメ、ヤギをテーブルの上に乗せて乗りやすくしてもダメ。なんか仕込みくささを感じる。結局、人がヤギを抱えてポニーの上に乗せる始末。。ダメダメじゃん。

 話によると、よく乗ってたのは去年の秋らしく、この冬を越えて大きくなって殆ど乗らなくなったとか。確かにヤギはポニーに安定して乗り続けてたし、1m以上ある柵を跳び越える力があることから、去年自力で乗ったのは嘘ではなさそうだ。

 ただ、取材陣も先にこれくらいチェックしてくれよ。当然の如く、スタジオはブーイングの嵐。司会も「この取材いくらかかってるの?」とか言っちゃうし。中には「こんなことやったら、全国からうちもできると殺到しますよ」という意見が。これに「これらの中から次のスクープがでるんですよ」と切り返すが、ちょっと弱い(笑)。

 ただ、このネタを引っ張りすぎると飽きられる気もするような(´・ω・`)
 各地の動物園で「レッサーパンダ、立ちます」とか見ると、営業目的みたいでちょっとひいてしまう。風太の凄いところは30秒以上も立つところで、大抵は5秒立つのも微妙らしい。風太ブームをきっかけに、動物園が芸を仕込むといったことが起こらないかとちょっと心配。

IT大国インドの海賊版事情に疑問

  Windows XPでカレーが何杯食べられる? ? IT大国インドの海賊版事情

 タイトルに釣られて読んでみたが、最後の一節以外は面白かった。
 簡単に内容を書くと、インドの所得は中国の半分、WindowsXP HOMEはカレー定食1,500杯以上も食べられるくらい高価。なのに中国よりは違法コピー率が低い。これはインドが企業主体でPCが浸透し、OSなどの負担を欧州企業などに支援して貰っているからだ。一方中国は個人主体でPCが浸透し、市場に違法コピーが氾濫している。そして最後の締めが、

中国の海賊版率の悪さはひょっとして発注側の日本企業に、インド企業に対する欧米企業のようなライセンスモラルの厳しさがないからと思うのだが、日本の担当者の皆さま、そのあたりはしっかりしていますか?

 なぜ最後はこんな風にしたのか全く理解できない。悪い方に考えれば日本企業はソフトウェア開発に対し、中国を支援をしてないから違法コピー天国に成り下がったと言わんばかりだ。中国企業からお金貰って記事書いてないか?とすら疑う(暴言失礼)。
 さっそくインドやこの記事について考察してみた。

【“IT大国インドの海賊版事情に疑問”の続きを読む】

歯科医療でB型/C型肝炎が感染する?

 厚労省内にある「第4回 後天性免疫不全症候群に関する特定感染症予防指針(エイズ予防指針)見直し検討会 議事録」を読んでて気になった発言があった。

歯科診療については、B型、C型肝炎になってしまう問題があり安心してかかれないことがある。

 HIV感染者が歯科治療を受けるケースの発言だが、歯科診療でB型、C型肝炎が感染する恐れがあることは知らなかったのでびっくり。ちょっと調べてみたが、それなりに常識らしく、歯科医なら誰でも知っているらしい。あらら(´・ω・`)
 せっかくなのでまとめてみた。

【“歯科医療でB型/C型肝炎が感染する?”の続きを読む】

レッサーパンダ

  レッサーパンダ:二本足で立って人気 千葉市動物公園【毎日】

 今朝、報道番組を見てたら、このニュースが取り上げられていた。昨日ネットで知ってはいたが(初めて見たときは着ぐるみかと思った)、やはり TVの方がわかりやすい。一緒に見ていた子ども達もくぎづけ(笑)。

 取材陣がわらわら集まってカメラを構えるも、レッサーパンダ立たず。。園児らしき子ども達が声をかけるも立たず。。それが数時間以上。。話によると、1日数回しか立たないらしい。
 そこへ、レッサーパンダの側にいたおばちゃん(飼育係?)が塀をバンバン叩くと、、立ちました! しかも13秒。ぷるぷるすることなく、歩くわけでもなく、まさに仁王立ち。
 でも立った姿見て、私の第一印象、腹が黒い( ̄ー ̄)でした。顔がかわいいだけになんかアンバランス。かなり微妙だ。

 ただ、この報道の子ども達の反応見ると、たまには動物園でも連れて行くかぁと思ってしまった。さすがに千葉市動物公園は遠いから、上野動物園あたり。たしか、レッサーパンダもいるはずだし。立たないけど(笑)。

韓国:竹島を守った英雄?をドラマ化

  独島を守った朝鮮の民間外交官・安龍福がドラマ化【朝鮮日報】

 独島(とくと)は韓国での竹島の呼称だが、朝鮮の民間外交官とへんな肩書きなので、安龍福(あんよんぼく)っておっさんが気になった。何者?。時代背景は1700年前後なので江戸時代だ。ドラマはどうでもいいので(ぉぃ)、このおっさんを調べてみた。

 歴史人物の場合、国によっては評価が異なる事が多いが、このおっさんは凄い。韓国では英雄、日本では証人に捕らえられ一漁民。現在は竹島領有問題で引き合いに出されるが、ここでは論じない。

【“韓国:竹島を守った英雄?をドラマ化”の続きを読む】

PlayStaion3

 先週末は Xbox360でにぎわったが、今日はなんか PlayStaion3で盛り上がっている。さすがに Xbox360の記事を書いたので無視できず。ただ、発売が来年春と先なので簡単に。仕様変わりそうだし(笑)。
 前と同じようにPC風に書いたらこんな感じ。

  CPU: Cell (PowerPC-base Core) 3.2GHz メモリー: XDR 256MB
  HDD: オプション(2.5インチ着脱) Drive: Blu-ray Disc
  グラフィック:GeForce 6800GT(微妙) DDR3 256MB
  3D音源対応 無線LAN(802.11b/g) 有線LAN(1000BASE対応)x3
  USB2.0ポートx6, Memory Stick x1, SD Card x1, CompactFlash x1
  Bluetooth 2.0 x1, HD出力(?1,080p) x2
  情報元)PLAYSTATION 3は2006年春に登場 【ITmedia】

 ゲームは PS, PS2互換あり。大きさも初代PS2並。やっぱり次世代ゲーム機本命だなぁ。LAN端子が 3つもあるのが謎だけど、ハブとかを意識してるのかな?
 Blu-ray Disc搭載から HD-DVD陣営がやばそうだ(笑)。考えれば、日本で DVDが普及したきっかけは PlayStaion2だし。

 あと任天堂陣営も2006年登場だがいつ頃かは不明。

  任天堂Revolutionは2006年に登場【ITmedia】

 「DVDケース3枚分くらいの厚さで、DVDケースよりも少し長い」大きさが魅力。いづれも出揃うまで様子見かなー。明日より E3(世界最大のゲームショー)が始まるので、まだいろいろ出てきそうだけど、うちは多分スルー。すいません。

インフルエンザ脳症

《2005.11.23》
 この記事は再考しました。
  インフルエンザ脳症を再考

 こちらは少々偏見があり、調査も甘いですが、当時はこう考えてたのかという意味で残しております。

  インフルエンザ脳症、今冬の報告36人【読売】

 (前略)今シーズン、インフルエンザ脳症の発生が医療機関から報告されたのは昨年10月から今年3月までで、届け出の時点で36人中8人が死亡していた。インフルエンザの流行が本格化した2月以降に33人と集中しており、ウイルス別では、大流行したB型が24人、A型と不明が6人ずつ。年齢別では、10歳未満が27人、10歳代が3人。60歳以上の高齢者も、4人の報告があった。

 今冬は、インフルエンザ脳症を含む急性脳症が、すべて届け出報告の対象となってから最初の流行シーズン。過去の厚生労働省研究班の調査では、例年100?300人が発症したと推計される。今回の集計では、患者の届け出があった自治体は17都府県にとどまり、調査の精度を高めることも課題となっている。


 うひゃー、すっかり見落としてた…。エイズ調査の課程で偶然見つけてしまう始末。はずかしー。と前置きはおいといて本題へ。やっぱ、未就学の子どもをもつ親としてはほっとけない。

【“インフルエンザ脳症”の続きを読む】

たぬき占い

 某所で占いを見ていたら、ふと「たぬき占い」はないのか?と気になった。こんなバカなものはなかろうとググってみたら、なんとあるではないか!(感動)

 ところが何か様子がおかしい。調べてみると、悠久幻想曲というゲーム内らしい。残念。ゲームのパッケージを見ると…。萌え萌えなたぬきなんだろうか。気になるが、この手のはあまり好きではないので諦める。
 続いて「タヌキ占い」で検索。いろいろ見ていると松山市観光協会に観光たぬき占いらしいものがあるのをキャッチ。早速、行ってみるが、どこにもない(しくしく)。たぬきだけに騙された感じだ。よく見るとリニューアルされた跡があるから、きっと削除されたのだろう。さようなら、観光たぬき占い(私の見落としだけかもしれませんが)。

 こうなったら維持でも探したくなった。検索エンジンを変えチャレンジ!。すると、木更津あたりでなんか引っかかる。「たぬき占いかわいい!!」とか。またダメか?と思って行ったら、やっとありました (`・ω・´)

  viva Kisaradu

 トップページに「みまち通りのタヌキ占い」が。『みまちどおりのたぬきたちが今日の運勢を占いますよ。上の写真をクリックしてくださいにゃ?』。
 にゃ?が気になるが、とりあえずクリック。ストリートのたぬき占いという別ウィンドウが出て、八幡へお参りしましょうと、クリックを要求。クリックすると、たぬきの置物が左右に行き来して、暫くすると行き来したたぬきの一匹といっしょに結果が。出てきたのがこんなのだけどいいのか?

  今日はおしゃれの日
  服を買いにそごうにいこう
  ってか、つぶれてるかも。

 見なかったことにしておこう(笑)。

価格.com、ウイルス感染の謎:追記

 この件に関して、まとめサイトがあがってましたのでご報告。

  価格.comがクラッキングされた件(´・ω・)暫定まとめサイト

 2ちゃんねるを中心にまとまった情報を配信しています。素人(私)があーだこーだ言ってもしょうがないし。前記事から気になったのは、こんな感じ。

 ・価格.comの推奨駆除ソフトNOD32 はノートンやウイルスバスターと併用不可.
 ・そのことを価格.comが通知していないのはちょっと…(5/16 12:00報告より).
 ・Mozilla/Netscape, Opera, 携帯電話, Macなどは感染しない模様.
 ・犯人は中国(おそらく北京)の反日組織らしい(痕跡あり).

 代表的なアンチウイルスソフトとの対応状況を含め、気になる方は一読した方がいいかと思います。

価格.com、ウイルス感染の謎

  価格.comが不正アクセスで閉鎖 ユーザーにウイルス感染のおそれも

 価格.comが一時閉鎖中だ。トップページが【重要なお知らせ】当社運営サイトに対する不正アクセスとサイト一時閉鎖に関してのご報告となっており、少なくとも11?14日までに閲覧した場合、ウイルスに感染する可能性があるらしい。以下、抜粋。

【“価格.com、ウイルス感染の謎”の続きを読む】

iPodが爆発

  iPodが爆発【Slashdot】

オーストラリアでiPodが文字通り爆発した。Sydney Morning Heraldの記事によれば、メルボルンの少年のiPodをジーンズのポケットに入れたまま母親が洗濯してしまい、動かなくなった。そこでドライバーで「修理」しようとした所、爆発した。ベッドには穴が開き、少年は何らかの有害物質を吸い込んで呼吸困難に陥った。現在、爆発したiPodをCFA研究所で調査中だ。

 報道元(英文)を機械翻訳で読んでみたが、穴が空くほどの爆発ではなく、焦がす程度の炎で、火よりは煙(有毒ガス)の方が凄かったらしい。呼吸困難に陥っただけで、ケガの話は書いてなかったし。

 問題は爆発原因。Slashdotのコメントを見ると、リチウムイオン電池が原因くさい。いまや、パソコンや携帯電話、ビデオカメラなどあちこちで使われてるバッテリーだ。もっとも、洗濯機で洗って、ドライバーでこじ開けることはないだろうけど(笑)。誤って、水没させたときは注意が必要か。
 リチウムイオン電池って、そんなに危険?と思って調べ物したいことろですが、今日もお仕事なので諦めます(´・ω・`)
 コメントをみる限り、こんなのが(裏付けとってませんが)。

リチウムイオン電池では内部のガス圧が高くなると
圧力でスイッチを切るような仕組みがあります。
これがないパチものの安物は勝手に爆発すしますので注意

 安いリチウムイオン電池は手を出さない方が無難らしい。試しに「携帯電話 爆発」でググったら、いろいろ(笑)。中には足を切断するハメになった人の話まで。やっぱり、ヒマができたら調べてみよう(すぐに忘れそうだけど(^^;)

Xbox360 ←次期Xbox

2005-05-14 01:30 TVの報道みて修正.
2005-05-15 00:40 ミスとリンク修正.
 ゲーム関連のサイトはこればっか。次世代ゲーム機の第一陣だからしょうがないか(笑)。それにしても、スペックをみたら凄い凄い。PC風に書いたらこんな感じ。

  CPU: PowerPC 3.2GHz メモリー: DDR3 512MB
  HDD: 20GB(着脱可) 12倍速DVD-ROM
  グラフィック:ATI X700(それ以上?) 最大解像度 1,920x1,080
  3D音源対応 無線LAN(802.11a/b/g) 有線LAN(性能不明)
  USB2.0ポートx3, 無線コントローラ(最大4), メモリーポートx2
  ※無線LANはオプション。
  情報元)ベールを脱いだ「Xbox 360」 【PC Watch】

 ストレージ関係が弱いとはいえ、ヘタなPCより強力(笑)。一体いくらするんだと思ったら未定。夏に発表するとか。ちょっと試算してみる。

【“Xbox360 ←次期Xbox”の続きを読む】

日本のエイズ情報はどこにある?

  エイズ:患者・感染者、1万人に??84年の調査開始以来初

 厚生労働省エイズ動向委員会は25日、今年1月3日?4月3日の四半期で、新規に報告があったエイズウイルス(HIV)感染者は207人、エイズ患者は79人だったと発表した。今回の報告で、84年の調査開始以来、HIV感染者とエイズ患者の累計は1万人(薬害エイズ患者は除く)を超えた。動向委は国内でのHIVの感染機会が増えているとして、感染予防の徹底やHIV検査の早期受診を呼びかけている。(抜粋)

 ついに1万人を突破したか…と思ったと同時に、最近エイズに関するPRをあまり見た記憶がないのを思い出した。単に無関心になってしまったのか?。以前はあちこちでコンドームを配ったり、TVで見たのに。

 記事によれば「感染予防の徹底やHIV検査の早期受診を呼びかけている」とある。後者は保健所などに行くだけなのでわかるが、感染予防の徹底はどうすればよいものか?と疑問に思い、まず報告元であるエイズ動向委員会をググっていってみた。ところが、動向報告ばかりで感染予防に関する情報がちっともない。統計だけらしい。
 せっかくなので見てみると HIV感染者とAIDS患者が関東地方にやけに集中している。全体の約70%も。他にも新聞報道の裏付けもできたが、収穫はそれくらい。

【“日本のエイズ情報はどこにある?”の続きを読む】

メールアドレス、勝手に利用される

 本アド保護対策に普段の登録は hotmail、長く使うと認識できたら、登録メールアドレス(以後、メアド)をプロバイダ提供のメアドに切り替えてるのだが、ちょっと IEの設定をいろいろいじったら、hotmailが使えなくなってしまった。
 いろいろ忙しく、一週間以上放置していたが、放置しすぎるとメアドが消えるので設定を見直し。格闘の末、Cookieを与えていなかったのが原因とわかり解決。ログインしたら、広告メールに混ざってこんなのが。

【“メールアドレス、勝手に利用される”の続きを読む】

北朝鮮のあさり禁輸その後

 今日仕事から帰宅したら報道ステーションでこの話がちょうど始まった。内容は北朝鮮のあさり禁輸後、以前、北朝鮮のあさりの畜養場であった場所はどうなっているかという報道。
 北朝鮮のあさり禁輸は経済制裁の一環で3月から施行され、あさりの輸入の半分以上あった北朝鮮産は現在なくなっている(0%)。

  北朝鮮船の入港、3月激減 アサリは輸入ゼロ 貿易統計

 ところが、ここには書いてないが、番組では面白いことを言っていた。「北朝鮮産のあさりがなくなって、我々はあさりに困っているのか」。考えてみれば、輸入の半分以上も頼っていたあさりがいきなりなくなれば、値段が高騰してもおかしくない。考えれば不思議だと思ったら、次の一言で納得した。「北朝鮮の輸入がなくなった代わりに、中国からの輸入量が11倍になった」。
 経済制裁どころか、北朝鮮からのあさりが名前を変えて輸入されただけだ。多少のマージンはとられるだろうが、経済制裁まではいかないだろう。まるで茶番だ。

【“北朝鮮のあさり禁輸その後”の続きを読む】

デジタル放送録画は編集できない

 次の記事を最初見たときは「ん?アメリカでも規制があったのか?」くらいしか思っていなかった。そういえば日本もなんか規制があったような?程度の認識がなかったのでちょっと調べてみたら、自分の認識の甘さにびっくり。すでにデジタル放送の恩恵を受けている人には常識かもしれないが、私は知らなかった。

 デジタル放送を DVDレコーダー等でデジタル録画した番組は、後で CMカットや野球延長を見越して余分に録画した分をカットできない。それ以前に他にバックアップすらできない(コピーワンス=コピーは録画機器から1回だけ)。なので保存したメディアが再生不能になったらデータは永久に消失。いいのかこれ?

【“デジタル放送録画は編集できない”の続きを読む】

切込隊長

 うちが勝手にリンクしている切込隊長BLOG(ブログ)のオーナーの事だ。
 最初このBLOGを知ったのはシステムソフトの三国志英雄伝(PCゲーム)の分析記事。後にこのソフトは著作権違反(画像パクリ)で有名になった訳だが、バグの多さやバランス調整のダメっぷりが伺える。
 文章が面白い事があるので暫く見ていたら、政治経済にもいろいろ記事を書いている。にぎやかなコメントから素性はだいぶわかってたが、あまり興味はないし、ここに書くつもりもない。

 ところが先月あたりから、アンチがあちこち動き出した。2ちゃんねるを始め、当人(実名)の紹介記事や自称経歴をあら探ししたり、BLOGのコメント欄を荒らしたりと凄いことになっている。んー、この人達は何で必死なんだろう。恨みでもあるのか?と疑いたくなるほど凄いパワーがある。
 ちょっと分析してみたが、元は熱心な信者みたいなもので、何か裏切られたという意識からそうさせているのか?と考えてみるが、匿名だから聞けやしないし、仮に聞けてもなりすましの可能性もあるので無駄だろう。または愉快犯で、暇つぶしに叩いているのかとも考える。だとしたら、羨ましい。俺もそれくらい暇が欲しい。本人が次の対象を見つけるまで放置するしかない。

 ふと思ったのが電車男。一度読んだが話としては面白い。実話か創作でどっかで議論されていたが、個人的にはどうでもよい。作者と作品を分離して考えているからだ。作者は好きじゃないが、作品は好きってのは結構ある。似たようにチームは嫌いだが、この選手は好きみたいなのもある。ただ、メーカーと製品となると話は別で、メーカーが好きじゃないと、製品の性能に関わらず拒絶反応が出るのは不思議だ(笑)。
 あえて電車男に触れれば、私は創作と見ている。実話にしてはできすぎだろう。ただ、もし創作としても作者は名乗れないと思う。これは先の切込隊長と同じように解釈すればわかりやすい。今まで熱心だった信者の一部が、裏切られたと思って何をしでかすかわからないし、暇人の格好の餌食にもなるからだ。もっともここまで大きくなったら無責任なマスゴミマスコミも黙っていないだろう。

 そう考えているうちに、人の心理というものはこういうものかと、ふと思う。何か落ち度があったとき格好のいじめの対象になる。いじめという言葉があやふやだが、対象者がいわれのない第三者に非難を受けるという表現が正しいか。なんでこんなことをするのか自分には理解できない。せちがらい世の中になったものだ。

JR乗客が運転士、車掌を暴行

050427.jpg 勘違いがここまで来るともう…。マスコミがJR西日本を吊るし上げるのは構わない。ただ、それと同じくらいにこういう連中もしっかり吊るし上げて貰いたい。

 記事は本日(5/9)発売の日刊スポーツ紙。相変わらず、紙面を半面近く使ったこの記事はネット版にはない。なんだかな。なので、お節介ながら一部を紹介しようと思う。もうめちゃくちゃ。

【“JR乗客が運転士、車掌を暴行”の続きを読む】

パンダ外交

 数日前に、中国が台湾へパンダを寄贈するニュースが流れた。あまり大したことはなかろうとスルーしたら、5日の人民日報 日本語版にこんな記事が。

  台湾3動物園が名乗り 大陸部「パンダ寄贈」意向で

大陸部が3日、台湾にパンダを寄贈する意向を示したことを受け、台湾では「パンダブーム」が起こっている。台湾の各メディアには、穏やかで愛くるしい姿のパンダが連日登場。パンダは一躍「時の人」となりつつある。

パンダを至近距離で見てみたいと思うのは子供ばかりではない。大人もパソコンを前に、パンダの習性、生活習慣から笑い話に至るまで、パンダ関連情報のインターネット検索に余念がない。

台北市、新竹県、高雄市の3動物園は、「飼育能力は完備」とパンダ受け入れに名乗りを上げる。台北市では馬英九市長自らが受け入れ合戦に「出馬」。受け入れ獲得に向けて近く「パンダチーム」を設置する予定だ。台北市ではパンダ受け入れのためにすでに十年余りの準備を進めてきたという。
(以下略)

 なんだこの報道は!。愉快すぎるぞ(笑)。そうか、台湾ではパンダが大ブームなのか。脳内では、初めて日本にパンダが来た光景が目に浮かぶ。まだ子供だったがあれは凄かった。「パンダがなんだ?♪」って歌も流行ったしなぁ。

 …って、冷静に考えて反国家分裂法の中国に台湾が易々とパンダを受け入れるものなのか?。連戦主席が訪中したのは覚えていたが、実は台湾を知ってるようで知らないのでお勉強。

【“パンダ外交”の続きを読む】

(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

 なんなんだ、、このアクセス数の凄さは!。正直、ビビってます。先週あたりまで、「おー、50超えたー」とかで喜んでたくらいですから(笑)。

 今週前半を引っぱっていたのは以前書いた通り、日勤教育だったのですが、昨日から更に倍増してしまった原因はライブドアのニュース。昨日書いた記事が尼崎脱線事故関連のニュース全般に関連blog欄に載ったみたいで。ありゃま( ̄▽ ̄;)

 トラックバックを頂いた方の記事はしっかり拝見させて頂いてます。勉強になります。うちよりもいい記事がいっぱいあって「なんでうちなんかに…」とか思っちゃったりもします。
 アクセス数を増やす工夫なんてしないんですが、正直、アクセス数が増えると人間嬉しいものです。お読みになって下さった方々、本当にありがとうございます。

 ただ、これに踊らされず、マイペースに記事を書きたいと思います。ニュース見ててこれは何だろうとか、これは面白そうだ思ったらなるべく調べ物してから記事にする。そんな課程で「こんなことが!」とか「この報道の意図は実はこうだったのか?」とか発見するのが好きで(笑)。それを後日、誰かに役に立てられればと駄文を残す。実際、ここは検索して来られる方が殆どですが、それはそれでいいかなぁと。
 こんな性格なので、ランキングやアフィリエイトはつけてません。なんか邪魔くさくて(笑)。反面、重たくなるペットはいたりしますが(おい)。旅行中や旅から戻った時はカメラか日本地図のアイコンがあるんで、クリックするとプチ観光気分が味わえます。いい景色見て、自分も癒されることがあるので興味ある方はどうぞ♪。

 事故が落ち着いたら、アクセス数は2桁に戻るでしょう。そんな野良里蔵狸ですが、また来てみようと思った方がございましたら、宜しくお願い致します。

尼崎脱線事故報道に思う

 昨日、報道ステーションを見ていたら、JR西日本の内部資料にこんなのが!と放送されていたが、あっさり終わったので覚えてない。

 最近は報道があった場合、ソースから情報を判断するようにしているせいか、昨日見ていて「なんで、こんな情報が入るんだ?」とふと思いついた。報道ステーションは何処よりも日勤教育やボウリングをいち早く放送した番組だ。

 日勤教育は JR西日本労働組合が情報を提供しているのは簡単に想像がつく。労組の方は実態をみんなに知って欲しいという願いもあるし、TV側としても視聴者ウケするので利害は一致する。昨日のあっさり終わった新情報も労組的なものだと思ったが、あれは反響に対する労組への返礼?とも勘ぐってしまうくらい内容がなかったし、事故には無関係だった。

 一方、救助しなかった運転士やボウリングは情報を提供して誰が得をするのかを考えてみたが、これがわからない。少なくともこういう報道をすれば当事者やJR西日本が非難されるのは簡単に分かる。まともな常識があれば信じられない行動だから当然だ。
 今まで JR西日本はなぜ隠していたのかと思っていた。マスコミもそういう風に追求するからだ。ただ、先入観を抜きにして考えると、このような実態を JR西日本が報告する義務はないだろう。事故原因を追及する上で直接的な関連はない。報告する必要がないと好意的に受け止めてもいいのではないか。結局、こうした情報で得をするのは誰もいないと思うが、マスコミのネタとして十分機能するのは確かだ。なんだかな。

 このままでは事故とは無関係な JR西日本の些細な事実ばかりでてきそうだ。

【“尼崎脱線事故報道に思う”の続きを読む】

尼崎脱線事故:救助活動しなかった運転士の謎

 事故車両に乗り合わせていながら、救助活動をしなかった運転士のモラルが大きく取り上げられいるが、トラックバックを頂いた記事の一つを読んでいる途中で、一つの大きな仮説が思い浮かんだ。

  救助しなかった運転士は、本当はどう思っているのか?

 救助しなかった運転士が実在したのは間違い。ところが、この先が非常にきな臭い。

  「乗客」の運転士2人、救助作業せず出社 JR脱線事故【朝日】
  脱線快速に乗車の運転士2人、救助活動せず出勤【読売】
  尼崎脱線事故:事故車乗車の運転士2人、救助活動せず出社【毎日】
  脱線に遭遇、救助せず出勤 JR西の運転士2人 【産経】
  脱線事故車両に乗車の運転士、救助活動せずに出勤【日経】

 代表的な各紙の記事を集めてみたのだが、どれも情報源が一緒である。すなわち、5月3日にJR西日本本社で開かれた記者会見。んー?

【“尼崎脱線事故:救助活動しなかった運転士の謎”の続きを読む】

尼崎脱線事故:気になった動き

 細かい事が多すぎて、まとめきれない(´・ω・`)

 今朝のTV(特ダネ)より、車両故障説補足、緊急医療制度、遺族会の道が遠い話が。
 アクセス数増やすなら、細切れにして記事増やした方が手っ取り早いけど一つにまとめちゃえ(笑)。調べ事が少ない割に長文気味になって申し訳ありません。

【“尼崎脱線事故:気になった動き”の続きを読む】

引越し前の BEST10記事

 ようやく記事復帰終わりました。これで blogを始めた時からの記事が揃いましたが、身元バレの恐れがある日記は修正または削除しちゃいました。

 blogを始めたのは今年1月下旬で So-net blogから。初心者向きで居心地よかったけど、技術面がひどくて 3月上旬に引越。昼にメンテするわ(しかもメンテ時間を勝手に延長した事も)、夜は投稿しようとした記事が消えちゃう事もあったし、やたら重い。HTMLや CSSが一切いじれない上、大手プロバイダのはずなのに何で。って、悪口ばかりになるのでこの辺で。あれから二ヶ月近く経つのでよくなってるといいなぁ(遠い目)。

 次にここ FC2 BLOGへ。こうさぎが投稿できないのと、絵文字が使えない以外はお勧め。会員が一定数増える毎にサーバーも増やしてるみたいで夜の混雑時間も安定。
 ところが個人的事情でサイトを一旦閉鎖。看板とハンドルを現在のに変えて再開したのが4月下旬。不満もなかったので、再度 FC2 BLOGで。
 ちなみに閉鎖したblogの看板はとっとこ某、ハンドルは某papaで、名前や記事に見覚えがある方はここでお詫び申し上げます(はっきり書くと検索されるので伏せ字ですいません)。

 せっかくなので野良蔵以前の記事で、アクセス解析や記事参照回数(So-net blog)からよく読まれてた記事約10本を新しい順に紹介しておきます(検索サイトから切れてしまったので)。
 ただ、こう見て思うんですが、時事ネタって短命ですねぇ…。

【“引越し前の BEST10記事”の続きを読む】
次のページ

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。