野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尼崎脱線事故報道に思う

 昨日、報道ステーションを見ていたら、JR西日本の内部資料にこんなのが!と放送されていたが、あっさり終わったので覚えてない。

 最近は報道があった場合、ソースから情報を判断するようにしているせいか、昨日見ていて「なんで、こんな情報が入るんだ?」とふと思いついた。報道ステーションは何処よりも日勤教育やボウリングをいち早く放送した番組だ。

 日勤教育は JR西日本労働組合が情報を提供しているのは簡単に想像がつく。労組の方は実態をみんなに知って欲しいという願いもあるし、TV側としても視聴者ウケするので利害は一致する。昨日のあっさり終わった新情報も労組的なものだと思ったが、あれは反響に対する労組への返礼?とも勘ぐってしまうくらい内容がなかったし、事故には無関係だった。

 一方、救助しなかった運転士やボウリングは情報を提供して誰が得をするのかを考えてみたが、これがわからない。少なくともこういう報道をすれば当事者やJR西日本が非難されるのは簡単に分かる。まともな常識があれば信じられない行動だから当然だ。
 今まで JR西日本はなぜ隠していたのかと思っていた。マスコミもそういう風に追求するからだ。ただ、先入観を抜きにして考えると、このような実態を JR西日本が報告する義務はないだろう。事故原因を追及する上で直接的な関連はない。報告する必要がないと好意的に受け止めてもいいのではないか。結局、こうした情報で得をするのは誰もいないと思うが、マスコミのネタとして十分機能するのは確かだ。なんだかな。

 このままでは事故とは無関係な JR西日本の些細な事実ばかりでてきそうだ。

【“尼崎脱線事故報道に思う”の続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。