野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポニー(馬)に乗るヤギ

 今朝の報道番組(特ダネタイムス@特ダネ)でやっていた。
 冒頭から挑発的(笑)。「今日はあちこちで歩くレッサーパンダでしょうが、うちは昨日やりましたので…」。あらら、昨日、みそびれちゃったよ(´・ω・`)

 でも、歩くレッサーパンダの映像もやってくれました(´∀`)
 なんか歩くと言うより、歩かせてるんですが…。犬が立って、ととととって歩くのと同じ感じ。歩く距離も3mくらいだった。なんか仕込み芸みたいで微妙。

 コーナー冒頭は、風太3連発(いろんな立ちポーズ)、歩くレッサーパンダ、立つラッコと続き、最後に今日の本命のポニーの上に立つヤギ。きっかけは新聞に掲載された写真らしい。合成写真っぽく、ポニーの背中にそのままヤギが乗っている。で、取材陣は北海道へ。

 場所は動物園ではなく、放牧場みたいな感じ。出てきた人もレストランオーナー。
 取材を進めるも、ヤギはポニーに乗らない。えさで誘導してもダメ、ヤギをテーブルの上に乗せて乗りやすくしてもダメ。なんか仕込みくささを感じる。結局、人がヤギを抱えてポニーの上に乗せる始末。。ダメダメじゃん。

 話によると、よく乗ってたのは去年の秋らしく、この冬を越えて大きくなって殆ど乗らなくなったとか。確かにヤギはポニーに安定して乗り続けてたし、1m以上ある柵を跳び越える力があることから、去年自力で乗ったのは嘘ではなさそうだ。

 ただ、取材陣も先にこれくらいチェックしてくれよ。当然の如く、スタジオはブーイングの嵐。司会も「この取材いくらかかってるの?」とか言っちゃうし。中には「こんなことやったら、全国からうちもできると殺到しますよ」という意見が。これに「これらの中から次のスクープがでるんですよ」と切り返すが、ちょっと弱い(笑)。

 ただ、このネタを引っ張りすぎると飽きられる気もするような(´・ω・`)
 各地の動物園で「レッサーパンダ、立ちます」とか見ると、営業目的みたいでちょっとひいてしまう。風太の凄いところは30秒以上も立つところで、大抵は5秒立つのも微妙らしい。風太ブームをきっかけに、動物園が芸を仕込むといったことが起こらないかとちょっと心配。
スポンサーサイト

IT大国インドの海賊版事情に疑問

  Windows XPでカレーが何杯食べられる? ? IT大国インドの海賊版事情

 タイトルに釣られて読んでみたが、最後の一節以外は面白かった。
 簡単に内容を書くと、インドの所得は中国の半分、WindowsXP HOMEはカレー定食1,500杯以上も食べられるくらい高価。なのに中国よりは違法コピー率が低い。これはインドが企業主体でPCが浸透し、OSなどの負担を欧州企業などに支援して貰っているからだ。一方中国は個人主体でPCが浸透し、市場に違法コピーが氾濫している。そして最後の締めが、

中国の海賊版率の悪さはひょっとして発注側の日本企業に、インド企業に対する欧米企業のようなライセンスモラルの厳しさがないからと思うのだが、日本の担当者の皆さま、そのあたりはしっかりしていますか?

 なぜ最後はこんな風にしたのか全く理解できない。悪い方に考えれば日本企業はソフトウェア開発に対し、中国を支援をしてないから違法コピー天国に成り下がったと言わんばかりだ。中国企業からお金貰って記事書いてないか?とすら疑う(暴言失礼)。
 さっそくインドやこの記事について考察してみた。

【“IT大国インドの海賊版事情に疑問”の続きを読む】

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。