野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南関東の地震:続報

 閉鎖したと思っていた、八ヶ岳南麓天文台公開WEB。さりげなく、最新情報がアップされていた。

  1397 「No1375前兆続報」

  ●3/25初現の場合-4/18極大→6/1±4 の可能性(Tmap=44)
  ●3/24初現の場合-4/18極大→6/3±4 の可能性(Tmap=46)
  ●3/23初現の場合-4/18極大→6/5±4 の可能性(Tmap=48)


 内容は前回の計測ミスの考察と謝罪が大半。これによると、6月9日まで地震が起こる可能性があるので来週まで我慢が必要になりそう。はぁ。串田氏も過去に事例がないことだらけでかなり苦慮している様子だ。

 今回閉鎖を示唆しながら、最新情報がアップされたことは非常に嬉しい。感謝したい。逆に言えば、6月9日になっても何も起こらず、情報もアップされてなければ問題ないと考えていいのかな?
 このまま2年前のように、何も起こりませんように (‐人‐)

続き(6月21日)へ
スポンサーサイト

神奈川県、残虐なゲームソフトを有害図書に指定へ

  「グランド・セフト・オート3」を有害図書類指定へ――神奈川県 【ITmedia】

 神奈川県児童福祉審議会は5月30日、ゲーム内での残虐性を理由に、カプコンが販売する「グランド・セフト・オート3」を県青少年保護育成条例に基づく「有害図書類」に指定。18歳未満の青少年への販売禁止を県に答申することを決定した。残虐性を理由にしたゲームソフトの有害図書類指定は全国で初めてとなる。

 この報道、はじめは今年3月に取り上げた「大阪府、ゲームの規制を検討」と内容がダブると思い、スルーしていた。ところが、この記事を見て1つ気づいた点がある。

本作は、コンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)によって、18歳以上対象ゲームソフトに指定されていた。

 発売当初から18歳以上対象を販売目的にしているゲームソフトを、今更条例で18歳未満の青少年への販売禁止を答申するという現象。なんだこれは?。そうなると、CEROの意味はないのか?と思ってしまう。それ以前に、CEROって何?

【“神奈川県、残虐なゲームソフトを有害図書に指定へ”の続きを読む】

中国:オンラインゲーム市場統制

  オンラインゲームの開発と運営に強制基準 【人民日報】

文化部はこのほど、4月から始まった「全国オンラインゲーム集中浄化事業」について、次の3つの方針を明らかにした。

(1)同部が起草した「ゲーム製品内容審査基準」について、6月に社会各界から意見を聞く。

(2)オンラインゲームの開発と運営に関し、情報産業部と文化部が強制的な業界基準を定める。ゲーム依存症を誘発する可能性のあるルールを、技術的に変更するよう企業に強制する。

(3)優秀なゲームを今夏、全国の未成年者に推薦する

同事業は文化部と中央文明弁公室が主導し、情報産業部・公安部・国家工商行政管理総局とともに共同作業会議を結成する。事業期間は4月中旬から9月1日まで。

 日本に喩えれば、文科省がオンラインゲームの開発・運営を監視し、優秀なものは国が推薦すると考えればいいのだが、中国はオンラインゲームまで規制の対象にするところが凄い(笑)。
 ただ、中国のオンラインゲーム市場は無知に近かったので、調べてみることにした。

【“中国:オンラインゲーム市場統制”の続きを読む】

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。