野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「残虐ゲーム」を有害指定 神奈川県が全国初

  「残虐ゲーム」を有害指定 神奈川県が全国初 【産経】

 神奈川県は7日、残虐性を誘発する恐れがあるとして県青少年保護育成条例に基づき、米国ロックスター・ゲームス社製の家庭用テレビゲームソフト「グランド・セフト・オートIII」(国内版発売元・カプコン)を有害図書類に指定した。残虐性を理由にしたゲームソフトの有害指定は全国初。

 指定を受け、神奈川県内の販売店では、同ソフトをほかの商品と区別して陳列することが義務付けられ、18歳未満への販売が禁じられる。違反者には30万円以下の罰金が科せられる。

 ついに告示され、規制されることになった。今後は18歳未満へ販売した場合、30万円以下の罰金が科せられる。ただ、ネット通販は規制できるのか疑問だし、有害指定は PlayStation2版の1本だけと、規制の意図がどこにあるのかさっぱりわからない。

 前回記事にしたときは CERO(コンピュータエンターテインメントレーティング機構)について調べ、これを有効利用できないものかと提案し、最後は規制はやむなしと書いたが、この後、この問題について再考する機会ができ、多少考え方が変わったので新たにまとめたいと思う。

【“「残虐ゲーム」を有害指定 神奈川県が全国初”の続きを読む】
スポンサーサイト

韓国:インターネットバンキングが初のハッカー被害 【その後】

  外換銀行「インターネットバンキングのハッカー被害者の補償検討」 【朝鮮日報】

 最近、インターネット・バンキングでハッキング事件の発生した外換(ウェファン)銀行が、被害顧客に対する一定部分の補償を検討している。

 外換銀行の関係者は6日、「法的責任はないが、顧客の信頼など道義的なレベルで補償を考えている」とし、「1週間以内に銀行補償委員会を開き、当該顧客に対する補償の是非や規模などを決める計画」とした。

 金融監督院の現場調査の結果、銀行側が配布したセキュリティ・プログラムにも問題があったため、銀行側の方針が変わったそうだ。ほとんどの銀行ではキーボード・ハッキング防止用プログラムが配布されるものが、この銀行ではなかったらしい。

 もっとも、これは銀行側が顧客離れを防ぐために行うパフォーマンスにみえる。補償の是非から入るあたり、そんな気がする。仮に補償しても、半分以下ではないだろうか。ともあれ、以前全く相手にせず門前払いだったのが、委員会で検討されるだけ被害者にとっては有り難い。どう推移するか見守りたい。
 
 それにしても、この報道が日本では全くされてないのが気になった。日本ではセキュリティーは万全でこんな事件は起こりえないならいいのだが。日本のネットバンキングも、この手の犯罪に対し補償されることはない。他人がアクセスし、振り込め詐欺のような口座に勝手に振り込まれたら、誰も補償してくれない点は留意した方がいいだろう。

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。