野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日韓歴史共同研究委員会

  韓日歴史共同研究委で意見の食い違い続出 会議録すら存在せず 【朝鮮日報】

 今月1日、3年間の活動を締めくくった韓日歴史共同研究委員会(委員長:趙東杰(チョ・ドンゴル)、三谷太一郎)は両国の学者が立場の違いから激しく対立し、休止が相次ぐなど、多くの困難に直面しただけでなく、韓日の争点となった近・現代史部分を担当した3分科に至っては、日本側が共同委員会会議録を残すことを拒否し、会議録すら存在しないことが確認された。
(中略)
 韓国側の委員は3月26日、東京で開かれた最後の韓日合同全体会議で、これまでの活動を振り返って直接的な不満の声を上げた。李万烈(イ・マンヨル)委員は「歴史学者が争点を話し合う場において、公の記録を残してはならないと主張するというのは、果たしてあっていいことなのか、今でも納得できない」と吐露した。

 日本の歴史教科書問題を背景に、日韓両首脳の合意により 2002年5月に発足した韓日歴史共同研究委員会が 3年の活動を経て、日韓歴史共同研究報告書を提出したが、残念な結果に終わったようだ。

 それにしても日本側が会議録を拒否のは意外だった。この記事には拒否理由がないので、いつものアレかと思い、日本側の報道を検索してみるが、報道自体がない。
 「韓日歴史共同研究」をGoogleニュースすると出てくるのが韓国側の報道ばかり。…すいませんでした。考えれば当たり前で「日韓歴史共同研究」で検索したら、韓国の比にならないくらいいっぱいありました。

【“日韓歴史共同研究委員会”の続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。