野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディスカバリー:船外活動で機体修復へ

  NASA、ディスカバリー機体の船外活動による修復を決定 【日経】

 先日、延期の末に打ち上げられたスペースシャトル(ディスカバリー号)をみていると、なんか何のために打ち上げたんだかさっぱりわかりません(´・ω・`)

 ちゃんと報道を追ってる訳ではないんですが、機体修理の話ばかり。記事ではわかりにくいですが、今朝の報道番組では、今度の機体修理は難易度がかなり高いらしい。
 今まで行った修理は機体の上面部だったけど、今度は下腹部。上面部はシャトルのロボットアームが使えるので、それを頼りに作業ができたけど、下腹部となると命綱のみで作業しないとならず、体を支えるものがない。そうなると慣性制御が難しく、「本当にできるの?」とか思ってしまう。

 さらにシャトルは1時間半毎に地球を一周しているとか。1時間半毎に一周ということは、45分おきに昼と夜がある。昼(日向)の表面温度は80℃、夜(日陰)の表面温度は-100℃らしい。昨日報道された2回目の船外活動時間は 7時間14分。こんな予備知識もなく昨日みた時は大した事ないと思ったけど、今は正直驚いてます。地球5周して、過酷な環境で飲まず食わず、休み無しで作業しているわけで。ご苦労様です。

 しかし、こう損傷が多いと無事に帰還できるのか本当に心配。本来なら無理して打ち上げなきゃいいのにと思うけど、

  米シャトル“見切り発射”の思惑 【東京】7/29

 いろいろ複雑な事情があるようで。日本が国際宇宙ステーション建造・運営に1兆円も出してるなんて知らなかったよ。なんか中国並みにボラれてる気がしなくもないんですが(´・ω・`)

 早く難易度が高い機体修復を終えて、無事帰還できる事をお祈り申し上げます。こんな政治的都合でシャトル乗組員が殺されてはたまりません。
スポンサーサイト

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。