野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国がエボラ熱隠蔽?

 先月下旬から、中国では「ブタ連鎖球菌」による感染報道が行われているが(9日に終了宣言)、これがエボラ熱ではないか?という話が有力になっている。

 今年6月下旬、四川省で病気の豚や羊を処分した農民らの間で奇病が発生。7月に中国政府は感染源が豚であることから「ブタ連鎖球菌」による感染と発表した(感染者20名、うち死者9名)。
 しかし、ただならぬ事態と判断した WHO(世界保健機構)は 8月3日にアウトブレイクの危険性をホームページで発表。原因調査のため介入を要請したが中国政府は拒否。現在、奇病は沈静化しつつあるが(あくまでも中国が勝手に言っているだけ)、まだまだ予断を許さない状況だ。

 この奇病ついては、大紀元やUPI通信社が追求し、エボラ熱説を出している。
 ただ、大紀元が法輪功(中国版オウム真理教?)、UPI通信社が統一協会傘下を考えると、いづれも反中国共産党だけにちょっと…。ただ、奇病自体は WHOが介入を求めている事から事態の深刻さが伺える。しかし、中国政府は介入を拒否するばかりか、情報統制を強化した。

  豚連鎖球菌の感染拡大 中国、情報統制を強化 【gooニュース】

世界保健機関(WHO)北京事務所は中国側に「協力の意向」を伝えたが、5日現在、回答はないという。専門家から「有史以来最悪」と指摘する声が上がる中、中国は地元メディアの独自報道を禁止するなど情報統制を強化している。(抜粋)

 過去に中国は新型肺炎(SARS)を隠蔽し、WHOから渡航延期勧告を受けた過去がある。そのとき、中国経済は一時失速するほどダメージを受けた。それにも関わらず、今回も介入を拒否から凄い。何かヤバさを感じる。中国五輪が吹っ飛ぶほどマズい理由があるのだろうか。

【“中国がエボラ熱隠蔽?”の続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。