野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左翼教員を都が戒告処分

  歴史教科書問題、授業資料で批判の教員を都が戒告処分 【読売】

 都教委によると、教員は中学3年生の社会科・公民の授業で、「表現の自由」をテーマとする生徒の作文をまとめた資料を配布する際、自ら書いた韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領あての手紙のコピーを添付したそうだ。その中で、都議や都議会が「日本の侵略戦争を認めていない」、「新しい歴史教科書をつくる会」の教科書を出版した扶桑社を「歴史偽造で有名」などと中傷。これを保護者が学校へ通報、今回の処分に至ったようだ。

 報道を見たときは「そんなもんか」とスルーしたが、実態を取り上げたブログを見て仰天した。

 ちゃんと調べるまでよくわからなかったが、戒告とは地方公務員法の懲戒処分の一種で、重いものから免職、停職、減給、戒告と一番軽い処分。さらに軽い処分として文書による訓告、口頭による厳重注意がある(ちょっと勉強になった)。
 手紙くらいなら厳重注意でもいいのでは?とも思うが、異例の早さで懲戒処分に至っている。この教師、過去に 2回減給処分、3回再研修を受けていた。なんかあるようだ。
 (※本記事では個人名を伏せているのであしからず)

【“左翼教員を都が戒告処分”の続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。