野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学生でもわかる日本のホワイトバンドの構図

 日本のホワイトバンドの構図について、わかりやすく説明したジョークがあったので、うち流に少々もじってみた。

  日本のみんなー。A君の家はとっても貧しくて、
  食べるのも困っています。
  だから、A君の貧しさをほっておけないという意思表明のために
  白いバンドをしましょう。

  バンドは C君が作っています。F君が売ってくれます。
  アメリカでは 1個 110円($1)ですが、
  日本ではいろいろなお金がかかってるので 1個 300円です。
  でもみんな、バンドをつけて(購入して)
  A君の貧しさをほっとけないという声をあげましょう。

  「A君は貧しい! ほっとけない!」
  「A君は貧しい! ほっとけない!」

  いやー、日本の人達はいい方ばかりだ。
  でも、A君には 1円も渡りませんけどね。

  300円は消費税を払った後、C君が 30%、F君が40%、
  われわれが 20%をもらい、残りの10%を、さてどうしよう…。

  でもいいじゃん。有名人と同じバンドして、
  優越感にひたれるんだからさ。われわれも儲かるし。

 今のホワイトバンド運動の構図って、こんな感じでしょうか。ちなみにホワイトバンドプロジェクトは募金ではありません。です。ホワイトバンドを購入するだけでは、世界の貧しさは救えません。

 正直、ホワイトバンドがなんなのか昨日まで知らなかった(あまりTVを見ないので)。前回ユニセフの記事を「ほっとけない世界のまずしさ」というカテゴリーにあげた後、まわりをよく見るとホワイトバンドばかり。
 なんだこれはということで調べ出したが、若い人達がろくに考えず賛同してて二度びっくりした。ということで、この先 中学生じゃ難しいかもしれないけど、ホワイトバンドとは実は何なのかを自分なりに調べてみた。

【“中学生でもわかる日本のホワイトバンドの構図”の続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。