野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本女性による韓国男漁りが大流行

  日本女性による韓国男漁りが大流行 【livedoorニュース】

 ( ゚Д゚)ハァ? ←読んだ感想

 韓国の週刊新聞「事件の内幕」(10月6日号)が2ページにわたって「最近は日本女性による韓国男性漁りが目に余る」と特集した記事だが呆れてしまった。
 なんか韓国人と普通に話す日本女性にすごい違和感を感じるが、在日ってオチはないよなぁ(おい)。

 バカらしくて真面目に調べる気もおきないが、そもそもそんな週刊新聞なんてあるのか?と思って調べたら、最後にコメントした文日錫(ムン・イルソク)氏は「事件の内幕」の創刊者みたいな情報が見つかった(これ)。
 なんだかねぇ(´・ω・`)

 消えたときに備え、要約あげておきます。読んでてツッコミどころ満載。

【“日本女性による韓国男漁りが大流行”の続きを読む】
スポンサーサイト

学研:乾燥状態から蘇生する幼虫を雑誌付録に検討

  驚異の「鉄人」幼虫、雑誌付録に 学研が採用検討 【朝日】10/13
  ※幼虫の画像(乾燥時、復元時)があるので虫嫌いの人は注意.

 この幼虫はネムリユスリカで、アフリカ半乾燥地帯に生息する蚊の一種。幼虫は水たまりに生息するが、一週間以上も日照りが続くと水たまりは干上がってしまい、幼虫は完全に脱水して乾燥休眠(クリプトビオシス)に入る生態がある。
 驚異的なのは乾燥休眠中、マイナス270℃の低温や 100℃の高温にさしたり、7kGyの放射線を照射しても、水を与えると蘇生する点だ。乾燥状態の休眠ユスリカ幼虫が17年後、水の中で蘇生したという記録も残っている。

 ちなみに朝日新聞の記事には「濃度100%のアルコールも、沸騰したお湯の熱さもへっちゃら」とあるが、検索した文献にはそのような記述はなかった。水分を与えて蘇生するのに、アルコールやお湯など水分はまずいのでは?と思うのだが、どうなんだろ?

 今回、この乾燥休眠中の幼虫が、小中学生向けの科学雑誌「科学のタマゴ」(1,680円税込)の「ふろく」に採用される計画が進んでいるらしい。来年5月以降に発売する予定の目玉企画にするとか。
 しかし、外来種の昆虫を雑誌の付録にして良いのか?という疑問がある。

【“学研:乾燥状態から蘇生する幼虫を雑誌付録に検討”の続きを読む】

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。