野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺伝子組み換えトウモロコシが北海道の畑で見つかる

  遺伝子組み換え:トウモロコシが一般の畑から 北海道 【毎日】10/21

 北海道長沼町で一般のトウモロコシ畑からから遺伝子組み換えトウモロコシが見つり、現在行政側が遺伝子の解析を進めているらしい。
 農家が雑草除去のため除草剤を散布したところ、26本の苗だけが枯れずに残り、これを北海道大で簡易検査したところ、除草剤に耐性がある遺伝子組み換え作物なことがわかった。
 農家が使用したトウモロコシの種子はアメリカ原産で一般のものだが、そこに遺伝子組み換えトウモロコシの種子が混ざっていた可能性が高い。

 遺伝子組み換え食品が本当に安全なのか危険なのか実のところよくわからない。少なくとも企業や政府は安全であるのを前提にしており、JAS法でも遺伝子組み換え作物が全体の5%以下であれば「遺伝子組み換えではない」と表示してもよいらしい(ちなみに EUでは 0.1%以下と厳しく制限されている)。
 ただ、企業や政府の言うことを鵜呑みにしてもいいのか少々疑問だったので、今回あらためて「遺伝子組み換え食品のリスクは何なのか」「なんで混ざるのか」を素人なりに調べてみた。

【“遺伝子組み換えトウモロコシが北海道の畑で見つかる”の続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。