野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザ脳症を再考

 (2005年5月17日に書いた「インフルエンザ脳症」の再考記事です)。

 インフルエンザ脳症に興味を持ったのは当時連載中だった漫画「クニミツの政」だった。なまじ、6歳、2歳の子どもをもつ親としては無視できる問題ではなかったからだ。
 当時(2005年1月)は近藤教授の提唱する「インフルエンザ脳症=ライ症候群=薬害」「インフルエンザは安静にしていれば治る」「インフルエンザワクチンは効かない」等に影響を受けた。さすがに漫画の情報を鵜呑みにするのはまずいと思い情報収集を行ってみたが、意見が分かれるばかりで決定打が無かった。

 今回、新型インフルエンザを調べる課程で、当時見つけられなかった一次ソースが見つかり、ずっと気になっていた「インフルエンザ脳症=薬害」は必ずしもそうではない、「インフルエンザ脳症≠ライ症候群」なこともわかった。

【“インフルエンザ脳症を再考”の続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。