野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国産牛肉はBSEの他にホルモン剤の危険性も?

 BSEの危険性ばかりが報道される米国産牛肉だが、つい最近になってホルモン剤の危険性を知った。
 ホルモン剤の危険性は1998年、EUが発ガン性などの危険性を指摘し、輸入禁止を行った。日本でも話題になったらしいが(あまり記憶にない)、「危険かもしれないが、たいしたことではない」と曖昧なまま輸入を継続したらしい(当時の研究報告)。

 年末には輸入再開が報道されているが、2004年12月時点で米国産牛肉を禁輸・制限している国は55カ国もある(ソース)。
 特に EUは BSEよりもホルモン剤を理由に禁輸を続けているのが興味深いので調べてみた。

【“米国産牛肉はBSEの他にホルモン剤の危険性も?”の続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。