野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日産」ロゴをつけた韓国車

  「日産」ロゴ付けたサムスン車、2月から輸出開始【朝鮮日報】1/19

 最初、タイトルを見たときは日産が日本で韓国製自動車を販売するのか?と思ったら、輸出先が中東、ロシア、南米。自動車先進国でないあたりが何とも。

 記事を見て「なんでルノーサムソンなのに日産ロゴなんだ?」と疑問に思って調べたら、輸出される SM3のベース車が日産・ブルーバードシルフィ。同じように SM5や SM7も日産車がベースらしい。納得。わざわざ日産ロゴを付けるのは、ブランドイメージなんだろうなぁと思ってしまった。

 それにしても、記事には「ここ6か月にわたり中東とロシアで各種テストを行った結果、欠陥が日産自動車の10分の1に過ぎない5つだけだった」と釜山工場の広報チーム長が言っていたのがちょっと気になった。言い方を変えれば「日産車はルノーサムソン車の10倍の欠陥がある」ことで、日産から見れば問題発言のような…。
 んでも、昨日戴いたコメントの記事見てしまうのとなぁ。

  N産エク○トレイルを購入して

 日産、大丈夫かしらん。
 ちなみに、これを見た後、国交省の自動車リコール情報を見に行ったら、うちの車種がリコール対象になっていた(´・ω・`)
 購入後、引っ越したのでディーラーから連絡来なかったのだろうけど、人ごとじゃなくなってしまった。早めにディーラーに連絡しないと…。
スポンサーサイト

朝日新聞コラムに浦安市が抗議、回答を公開

  朝日新聞「素粒子」についての本市の抗議書に対し、朝日新聞社から回答がありました【浦安市】

 1月10日朝日新聞夕刊1面「素粒子」(コラム)に「浦安の新成人。遊園地のネズミ踊りに甘ったれた顔して喜んでるようじゃ、この先思いやられる」という内容の記事を掲載。
 これに浦安市が市長と市教委教育長名で抗議し、新成人に対する謝罪を求めたところ、朝日新聞社の回答には謝罪文がなかった。

 こんな騒動があったのは知らなかった。
 そこで問題の「素粒子」記事はないのかとググって見たが出てこない。それどころか「朝日新聞が新成人をバカにした」と騒ぐブログがたくさん出てきてビックリ。批判したい気持ちはよくわかるが、素粒子全文を見て批判している人はこの中にどれだけいるのか気になった。
 たしかに引用された部分「だけ」をみれば批判すべき事だが、全文を読まない事には筆者の意図するところが見えない。ブログを幾つか見てみたが引用だけをダシにした記事ばかりだった。

  朝日の成人式コラム「中傷」抗議に回答 「筆者が感じたところ」【産経】1/19

 ここには「仙台市の新生児誘拐事件の犯人と並べる形で表現」とあることから、これと浦安市の新成人との関わり合いがキモだと思うのだが…。

 そんな訳で、2ちゃんねるのスレも探してみたが全文は結局見つからなかった。スレの中にはこんなのが。


朝日が噛み付いた理由

浦安市の成人式記念行事
年 出演者等         内 容
12 中国雑技団       記念アトラクション
13 中国雑技団       記念アトラクション
14 東京ディズニーランド 記念アトラクション
15 東京ディズニーランド 記念アトラクション
16 東京ディズニーランド 記念アトラクション
17 東京ディズニーランド 記念アトラクション
18 東京ディズニーランド 記念アトラクション
 危うくコーヒーを噴くとこだった(笑)。で、ネタだろうと思って検索したら、やっぱりネタでした( ̄ー ̄)
 平成13年はお笑い芸人を呼んで漫才を催したようだが、芸が始まっても新成人はおしゃべりや携帯ばかり。しまいには芸人が「静かにしろー」と怒鳴ったそうで。ちなみにその芸人は「雨上がり決死隊」とか(Googleより。ただ情報元の検索先はスラングやエロ単語あり)。

 結局全文がわからないので批判はしないが、今度は筆者が匿名なのかどうか気になって調べたらちゃんと公開されていた。

  朝日新聞社 会社案内

 最後の方に筆者名があり、はてなダイアリーをみると、以前、朝日新聞の書評欄で渡辺淳一の『失楽園』を批判的に取り上げ反論されたようで。


 一つの小説を小説として批判するのは自由で、そのかぎりではどんな厳しい批判も受けとめるが、このように無知をベースにした悪態だけの批評はいただけない。

 書評をする以上は、まず小説が好きなことが第一条件だが、この評者の意見には、小説を愛する姿のかけらもない。

 これが天下の朝日新聞の書評だから、呆れてものもいえぬが、多分、この評者はこれを書いたとき、女性にでも振られてアタマにきていたのだろう。そう思い直して、一度お会いして、文学についてのお話を伺いたいと思ったが、逃げまわるだけでいまだにお会いできない。

 きくところによると、この評者の河谷史夫氏は朝日の編集委員という肩書だが、その前は社会部に長くいた人だとか。それが編集委員などになって、舞い上ったのか。それはともかく、この人はなにやらベストセラーというものに、怨念をもっているかのごとくに見える。

 まあ往々にして朝日などには、大衆に迎え入れられるものを軽視して、そのくせ大衆に甘える、エセインテリ風の人が多いけど、この評者などは、さしずめ、その最たるものかもしれない。
 素粒子全文を読むまでもないような気がしてきた(´・ω・`)
 案内をよく見れば『ニュースとその主人公を「寸鉄人を刺す」の意気込みで切ってみせます』なのに、(指摘された箇所をみれば)品のない戯れ言だし、新聞社なら担当を変えるか、コラムを打ち切った方が無難な気がしてしまう。

 それにしても「ネズミ踊り」という表現。浦安市の新成人以上に侮辱しているように思うのだが、当のオリエンタルランド社は「ミッキーに対する中傷だ」と抗議していない。
 なんか、朝日新聞社や浦安市より「おとな」に見えてしまった。

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。