野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危険部位混入の米国産牛肉を輸入した業者は?

 1月20日、米国産輸入牛肉から危険部位(脊柱)が発見され、輸入を全面凍結した報道が流れた。

  BSE緊急ニュース【日本食糧新聞】1/20記事

 危険部位混入は、ずさんな米国食肉業界だけにいつかは起こすと思っていたので驚かなかった。むしろ、「どこがどんな目的で輸入したのか?」が気になったが、これがあまり報道されていない。リンク先の記事によれば「日本シイベルヘグナー社が骨付き牛肉としてニューヨーク州にあるアトランティック・ヴィール&ラム社に依頼」(ヴィールは「子牛」、ラムは「子羊」の意味)とある。

 日本シイベルヘグナー社?。外資系なのはすぐに判るが、あまり聞き慣れない会社だ。早速調べてみたが、いまいち牛肉との関連がつかない。

【“危険部位混入の米国産牛肉を輸入した業者は?”の続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。