野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大豆イソフラボン:妊婦・幼児は取り過ぎ注意?

  大豆イソフラボン、妊婦さん取り過ぎ注意【朝日】2/1
  大豆イソフラボンのサプリメント摂取「1日30ミリグラム」【日経】2/1

 食品安全委員会の専門調査会は1月31日、大豆イソフラボンの摂取量上限値を検討し、「安全な1日当たりの摂取目安量を70?75mg、特定保健用食品で摂取する目安を30mg。ただ、妊婦や乳幼児などは通常の食事以外からの摂取は勧めない」と発表した。
 大豆イソフラボンは骨粗鬆症(こつそしょうしょう)、乳ガン/前立腺ガンの予防効果があると言われている食品成分だ。最近ではCM効果もあり、知名度も上がったと思う。

 朝日新聞の記事を見る限り、「妊婦さん取り過ぎ注意」という割には、科学的根拠がない。また、財団法人日本健康・栄養食品協会の抗議が悪者扱いに見える。
 そこで日経新聞の記事を見ると、専門調査会の審査がまだ検討中とか、最後に「錠剤などで過剰摂取の恐れがあるが、豆腐や納豆など大豆由来食品を食べることを制限するものではない。むしろ推奨されるべきだと思っている」とまとめており、妊婦や乳幼児への注意が全くない

 どっちが正しいのか?。疑問になったので調べてみることにした。

  第32回新開発食品専門調査会食品安全委員会

 一次ソースはこれだろう。議事録がまだ準備中で公開されていないため、「資料1 大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方(第32回会合修正案)」(PDF形式)を読んでみることに。専門調査会の見解が詳しくまとめられている。

【“大豆イソフラボン:妊婦・幼児は取り過ぎ注意?”の続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。