野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ゲド戦記」は駄作?

 7/29公開予定のスタジオジブリ映画だが、試写会へ行った人(自己申告)の評判を見るとあまり良くない。
 ざっとまとめるとこんな感じ。

 ・原作を知らないと「何で?」というシーンが多い(脚本が悪い).
 ・見終わった後に感動がない(ジブリ特有のテーマが伝わってこない).
 ・小さな子どもが見るには衝撃的な場面がある(怖い絵が多い).
 ・うまい人もいるが、ヘタな声優が目立つ(棒読み、声が聞き取りにくい等).
 ・映像がジブリらしくてよい(反面、雑なところが目立つ).
 ・歌は素晴らしい.

 最初の二つは明らかに監督の力量不足だろう。
 「ゲド戦記」は「指輪物語」「ナルニア国ものがたり」と合わせ、世界三大ファンタジーの一つと言われているが、日本国内ではそれほど有名ではない(私の認識不足ならすいません)。
 物語も全6巻のうち第3巻と、途中の話しがベースになっている。このため、話しを知っていないと、映画での主人公の行動が理解できないらしい。さらに、ラストも煮え切らないらしく、「後日談風な映像がないのは致命的」という厳しい意見もあった。

 スタジオジブリ作品はどの世代にもわかりやすく、感動的なものが多いが、評価を見るとこれがない。対象年齢層も高く、「小さい子供連れには不向き」とか、「お金の無駄なので観に行かないほうがいい」と警告を出す人もいた。

 ただ、原作を知ってる人には意外と高評価だったのが印象的だった。しかし、映画を理解するためには原作を予習するとか、映画で疑問があったところを後で原作本を買ってチェックし直すのは、なんか釈然としない。映画だけですっきりさせるのが、本来の作り方だと思うのだが(´・ω・`)

 中には「主人公=宮崎吾朗(宮崎駿長男で本作監督)」「主人公の父=宮崎駿」をなぞった作品では?という意見もあった。そんなことはないと思うが、そうならば、なんかファンが巻き込まれた感じがしてならない。

 駄作かどうかは各個人が判断すればいいので、断言はできない。ただ、評判を見る限り、私は映画館で観る気は全く起こらなかった。

 共通して感じたのは、スタジオジブリに対するファンの危機感だった。ただ、一部で暴走しているのが非常に気になった。

【“映画「ゲド戦記」は駄作?”の続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。