野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBA世界ライトフライ級王座決定戦の判定

 8月2日、WBA世界ライトフライ級王座決定戦で、亀田興毅とフアン・ランダエタとの試合は、なんと亀田興毅の判定勝ち。
 全ラウンドを通して見たわけではないが、報道を見ると とても勝てた試合ではなかったらしい。第1ラウンドではダウンを喫し、第11ラウンドでは3回もクリンチしてダウンを逃れる一方、ランダエタはこれといったダメージを受けていない。
 (違法性はおいとてい)YouTubeで最後の 2ラウンドを見たが、たしかに亀田が負けてもおかしくないと感じてしまった。

 個人的には、ダウンしても最後のラウンドまで戦い続けられただけ立派だと思うのだが、最後のジャッジがあれじゃ、バッシングがでても無理がない。むしろ、判定負けした方がすっきりするし、興行的に見ても今のようにつまづかなかっただろう。

 それにしても、何故あのような状況で勝ててしまえるのか。非常に気になったので、調べてみることにした。

【“WBA世界ライトフライ級王座決定戦の判定”の続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。