野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きく報道されない米国産牛肉の輸入条件違反

 あまり大きく報道されないせいか、先月の輸入条件(危険部位除去,生後20ヶ月以下)違反を知らなかった。

  米産牛肉に輸入条件違反の疑い【産経】2/16

 そこで実際はどうなっているのか。気になったので、輸入再開後の経緯を農林水産省サイトから見ることにした。

【“大きく報道されない米国産牛肉の輸入条件違反”の続きを読む】
スポンサーサイト

タミフルは危険な薬なのか?

 先週、厚労省がタミフルの10代への使用中止を発表し波紋を広げているが、本当に10代だけで大丈夫なの?と気になって、NPO法人医薬ビジランスセンターを久しぶりに覗いてみたら、なんと全年齢に使用を禁止を訴えていた。

  速報No79タミフルは10代だけでなく全年齢で禁止に!NPO法人医薬ビジランスセンター

 異常行動後の事故死8人に対して、突然死は38人がすでに確認されているからです。しかも、その年齢は10歳未満が15人、20歳以上が33人で、10歳代以外ばかりです。今回の措置では、突然死の多い年齢層(とくに5歳以下14人や、30歳以上31人)の死亡事故を防ぐことは全くできません。本当は、突然死の方が問題としては大きいのに、10歳代だけ規制がなされたのは、当センター(薬のチェック)からの警告のうち、異常行動・事故死のみがマスメディアにクロ?ズアップされたからにすぎません。

 たしかにマスメディアの報道では「未成年の異常行動」ばかりが取り上げられ、「突然死」はなかったように思う。そのせいか、自分は「大人なら副作用はない」と勝手に思いこんでいたが、そうではないようだ。
 医薬ビジランスセンターの見解が正しければ、タミフルは全年齢に危険な副作用があることになる。

 なぜ、異常行動や突然死が起こるのか。厚労省をよそに、同センターではそれがしっかり説明されている。
【“タミフルは危険な薬なのか?”の続きを読む】

中外製薬に厚労省官僚が天下り

 タミフル販売元へ天下り【赤旗】3/20

 タミフルの輸入販売元である中外製薬に、厚生労働省で医薬品の審査管理などにたずさわった官僚が天下り、常務執行役員に就任してたそうで(´・ω・`)

 ちょっと気になったので調べてみた。

【“中外製薬に厚労省官僚が天下り”の続きを読む】

久々の更新

 仕事の都合で、急遽 10月上旬から出向になってしまいましたが、ようやく今の職場に復帰できました。コメントがたまって放置気味になってしまい、申し訳ございません。

 もっとも、復帰できたものの、今までのようにブログに時間を取ることがさらに難しく、時間をかけて情報収集し投稿することができそうにありません。勿論、時間が取れた時はやりたいですが (^^;)
 また、自分のブログの方向性がいつの間にか社会派(?)らしくなり、振り返ってみると当初と変わったなぁと思う次第です。手厳しいコメントも増えました。
 アフェリもありませんし、アクセス数を気にせず、これからはいろいろな方向性を模索しようかと思います(が、戻っちゃうかな…)。

 こんなブログですが、読んで戴いている方には大変感謝しております。
 今後も不定期になりますが、月数回は更新できるよう、野良里蔵狸 -norakura- をやっていこうと思いますので、宜しくお願い致します m(_ _)m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。