野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家でも風邪流行

 今週、娘が風邪をひき、一昨日、昨日と幼稚園を休んだ。今日になって咳は出るものの、運動しても大丈夫なくらい動けるようになったのでほっとしたら、今度はかみさんが(´・ω・`)
 さすがに自転車で幼稚園の送迎をさせるわけにはいかないので代わりに送迎してきた。こういう時、職場が家の近くだと非常にありがたい。

 うちでは誰かが寝込むくらいの風邪をひくと必ず巡回する。となると、来週には私が風邪をひく番に。気をつけねば。
 風邪といえば薬だが、数年前からなるべく飲まないようにしている。なぜ風邪をひくと熱が出るか仕組みがわかってるからだ。今回も娘に飲ませなかったが、咳が残るものの2日で回復した。そういえば、先月マンガ(クニミツの政:週刊少年マガジン連載)でも取り上げられ、むやみに薬を飲ませないのはいいことだと再認識。記憶からで申し訳ないが、かいつまむと、

  ・41℃までなら人間は風邪で死ぬことはない
  ・頭寒足熱で風邪は治る
  ・風邪薬を飲むと風邪が治りにくくなる(漢方などの一部例外あり)
   ※オランダでは国政で風邪に薬を処方しないらしい
  ・インフルエンザの予防接種はきかない。リスクがあるのでしない方がマシ
  ・インフルエンザ脳症なんて病名は存在しない(日本だけの通り名)
  ・インフルエンザ脳症は薬害
  ・いろんな薬を併用すると副作用の危険度が増す
   ※日本では風邪というと、たいてい複数の薬が処方される

 インフルエンザについては自分でも知らないことが多くかなり勉強になった。んでも、マスコミも騒いでよさそうだが気配がない。どっかが圧力をかけているのかな?。製薬会社が大スポンサーのTVは無理か。NHKもあてにならんし。
 ただ、私とて上記を盲信する気はない。咳がひどいなら肺炎の可能性もあるし(即病院)、仕事上どうしても動かなければならないときは薬に頼るしかない。マンガでも薬を完全否定はしておらず、薬に頼る場合の注意もしっかり書いてあった。全体的にもわかりやすいのでお薦めだが、現在単行本待ち状態。改竄されてなければよいのだが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/12-f0202baf

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。