野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スター・ウォーズPC、米で発売

  「スター・ウォーズ」PC、米で発売

 米PCメーカーのAlienware社からスター・ウォーズをテーマにしたデスクトップPCが発売される。ダークサイドとライトサイドの2機種。
 実際どんなもんかと、米Alienware社の発表ページを見たが、紹介記事以上の内容がない。クリックして表示される画像からケースのイラストは分かるが、パソコン全体像がないので自宅に置いたイメージが沸かない。
 って、よく見ると、Comming Soonだった。発売日や値段がないわけだ。



 同社のラインナップを見る限り、これらのバリエーションだろう。となると、かなりでかいし、ダサい。サイズがインチ単位なのでわかりづらいがセンチ単位に直すと 24.1(横)x55.8(高)x55.1(奥)。日本市場では戦えそうもないから、欲しい人は個人輸入するしかなさそうだ。

 内容も吟味してみたが、もう少し遊べないものかと思った。例えば、ダークサイドは Intel製で構成し、ライトサイドは AMD製で構成とか(笑)。揉めるのは必至だが、いい宣伝効果になると思う。クレームがついたら、お客様の思っている方で!と、両方出しちゃえばいいし。モニターは別売りくさいが、こっちもイメージあったモニターを作り付加価値をつければ、いい商売になると思う。多少高くてもマニアは納得する出来なら買うし。筐体と色を合わせるだけでも効果があるかもしれない。マーケティングはもうちょっと考えるべきだろう。

 転じて、日本を見るとこうしたキャラクターのパソコンが非常に少ない(別にアメリが多いという訳ではないですが(^^;)。
 知っている限りはハローキティパソコンくらいで、限定品のせいかすでに完売。ただ、ノートパソコンはデスクトップと違い、ケースをそのままにして中身を時代に合わせて最新にできない欠点がある。定期的に出せないものだろうか。もっとも 3D能力を必要とする次のWindows(LongHorn)が主流になるまでは困らないけど。
 個人的にはこういったキャラもののパソコンをなぜ出さないのか不思議だ。多少コストはかかるとはいえ、買う人は買うわけで。市場調査をしっかりすれば儲かると思うんだけどなぁ。小学生が学校でパソコンを習う時代だし。勿論、最低限、デザインが格好いい、かわいいと思わせないとダメ。あと寿命が短いキャラもダメ。番組終了と共に古くさくなるからだ。在庫管理も大変だろう。ドラえもん、ポケモン、Hello Kittyなど 5年以上前からあり、今でも通用するキャラなら大丈夫だろう。ということで、ぴかちゅうパソコンを是非(おい)。
 一家に一台なら、サザエさんパソコンも面白いかも。売れなさそうだが(笑)。

 タイアップはキャラクターだけではない。例えば、ブランドを利用するのも手だろう。10代の女の子ならナルミヤブランドとか。…って思って検索したらすでにありました(^^;)

  ソーテック、ナルミヤブランドのノートPC

 …って、なんかダメダメの典型みたいな。既存のパソコンにシール貼っただけにしか見えない。はぁー。メゾピアノなら、筐体全体をライトブルーやピンクにしなきゃだめっしょ。おもちゃみたいだ。パソコンのスペックも低いし、値段も中途半端。ニュースリリースによれば、すでに予約期間が終わっており、販売ページは消されていた。実際届いた人は満足しているのだろうか、と検索してみたが見つからず。やっぱダメだったのかな。
 ブランドものはチープっぽいのは絶対ダメ。逆にコストをかけ、魅力的なものに仕上げ、さらに意味不明なくらい値段を高くしないと。提供する側が何もわかってない。そもそも、廉価イメージが強いソーテックなんかに作らせるなよ…。

# 気が付くと、話、スターウォーズPCと関係ないじゃん(笑)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/124-c1f8c74f

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。