野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代DVD、規格統一へ

次世代DVD規格統一へ 東芝、ソニー陣営が交渉

高画質の映像を長時間記録できる次世代DVD規格をめぐり対立していたソニーと東芝の両陣営が、双方の長所を取り入れた新規格を共同開発する方向で交渉に入ったことが21日、分かった。双方は月内にも合意を目指す。
(記事抜粋)

 今頃になって統一規格の模索って…。こういった動きをもっと早い段階から何故できないのかと思ってしまう。今頃やるなら、もっと早くやってくれよ…。
 少なくとも新規格は最低限 HD DVDと Blu-rayの両方が読めないとまずいだろう。でないと、今後市場にでる HD DVDや Blu-ray製品が短命になってしまうからだ。すでに Blu-rayドライブを搭載したDVDレコーダーが昨年7月に登場したが、最初は 30万以上と非常に高価だった(現在は20万以下に推移)。互換性がないなら、購入者はやりきれない。
 「それぞれの規格の強みを活かしたハイブリッド規格の開発を検討」(ソース)とあることから、まだまだ時間はかかりそう。揉めそうだし。発表時期も決まっていない事から、HD DVDや Blu-rayは待った方がいいかもしれない。


 ただ、個人的にはホログラムディスクが市場に出る前に次世代DVDを安定させたいのではないか?と勘ぐってしまう。報道機関が全然触れないことから、無知なだけかもしれませんが(´・ω・`)
 ホログラムディスクについてはこんな感じ。

  日本発“ホログラムディスク”国際標準化へ―オプトウエアが説明会

 今の次世代DVDが 30GB前後なのに対し、こちらは 200GBとハードディスクを丸ごとバックアップできる容量がある。しかも、将来的には 1TB(約1000GB)以上が見込まれている。業務用は今年年末あたり、来年末には ISO標準が見込まれ、2008年頃から民生用が出始めるそうだ。ただ、オプトウエアのFAQを見ると当初の予定よりは遅れている感じがする。

 現在の陣営を見ると家電メーカーが一切ないのが面白い(松下は出資している模様)。
 歴史は繰り返されるもので、なんか数年後は第三世代DVD vs ホログラムディスクで盛り上がりそうだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/126-2b16014c

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。