野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米で韓国系2世、「日本のハングル禁止」エッセー朗読

  米で韓国系2世、「日本のハングル禁止」エッセー朗読

 あまりにもブッとんだタイトルなので、なんだこりゃと見たら大したことなかった。まぁ、朝鮮日報にはよくあることなんだけど(笑)。冒頭の文章、

 19日オープンした米イリノイ州スプリングフィールドのリンカーン博物館の開館イベントで、韓国系米国人2世の女子高生が日帝時代にハングル辞典を編纂し投獄された曽祖父と自由を結び付けたエッセーを朗読、ジョージ・W・ブッシュ米大統領らイベント参加者たちから喝采を浴びた。

 これだけ見ると、米大統領が日本政府によって投獄された曽祖父の活動を絶賛したように見える。リンカーン博物館のイベントとはいえ、その話でエッセーを朗読させるのか?と疑問に思ったら、やっぱり違ってた。

 幸い記事にはエッセーの全文が載っていた。私は正直英語は苦手で機械翻訳で申し訳ないが、読んでみたら驚いた。3構成の文章のうち、曽祖父の活動は最初だけ。残りの 2章分には登場していない。人権などについて自分の意見を淡々と述べており、曽祖父の話は自由を強調するための前置きにしかなっていない。はぁ。さすが韓国メディア。目の付け所が違う。

 それにしても、なんで韓国系2世を起用したのか分からない。リンカーンならば日本政府に抑制された朝鮮人よりも、黒人差別を前置きにするべきだろう。本来ならば奴隷出身の若者に演説させるべきだ。
 なんか、性格がひん曲がってる私としては、韓国系企業に多額の寄付でも貰ってるのか?と変に邪推してしまうんですが(´・ω・`)

 以下、エッセー全文



My understanding of freedom is inextricably tied up with my understanding of language. My great-grandfather, in 1940s Korea, was arrested for putting together the first Korean dictionary when the language had been banned by the Japanese government. My great-grandfather believed that words, the medium by which we formulate and share ideas, can bind and break the very ideas they express if the language is that of an oppressor. He fought for the freedom of his people to express ideas in their own words; in so doing, he defended their very right to have ideas.

As I prepare for all the freedoms and responsibilities of adulthood, I remember these definitions of freedom I have inherited, and strive to make ones of my own -- not only as the first generation of my family born in a new country, but also as an American youth at the birth of a new century. Sitting in the hall between classes, my friends and I discuss the faults of our school’s administration, the right to same-sex marriage, the justification for the Iraq war. We feel it is our right to know and evaluate our surroundings, to speak and have our ideas responded to.

I believe that freedom in the 21st century means the liberty of individuals, regardless of age, race, gender, or class, to express themselves in their own words, and to use those words to shape history. We celebrate it, and yet we never stop fighting for it. I am Korean-American, I am young, and I am free. I speak -- not always articulate, not often right, but always in my own words. I speak, and I listen.
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/127-976a4439

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。