野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国で日本を評価すると売国奴

  【コラム】趙英男氏が親日派なのか

 痛い、痛すぎるぞ、韓国。大手新聞がこんなコラムだしちゃっていいのか?。日本人から見ると、ツッコミどころ満載のコラムだ。


『殴り殺される覚悟で書いた親日宣言』と題した本を著した趙英男(チョ・ヨンナム)氏が日本の新聞とのインタビューで独島(トクド)問題の対応は「日本の方が一段上」と述べ、本当に「殴り殺される」かもしれない羽目に陥っているようだ。

本を読んではいないが、タイトルが刺激的な上、日本新聞に「日本が一段上」と語っているのだから、激しく非難されるのも無理ではない。

 まず、この記事を書いた人は、本を読んでから論評して貰いたい。たしかに韓国の風潮が「韓国より日本が上=激しい非難」なのは理解できるが、大手メディア紙である朝鮮日報が堂々と「本を読んでいない」と公言し、「日本が一段上」だけを注視し安易に非難していいのか?。
 韓国のジャーナリズムを疑ってしまう。

親日派は韓国と日本が戦うとき、日本の肩を持つ人だ。日本のスパイでなければ、どうして進んで親日派を名乗るだろうか。本当に親日派なら趙氏のように本を著したり、言葉を発して自分自身を表現することはないだろう。

 親日派という言葉が「韓国と日本が戦うとき、日本の肩を持つ人」とは思わなかった。すごい表現だ。今まで単純に日本に精通した人だと思っていた。こんなことでは、対韓関係が悪化したときに日本で韓流を広めた人物はみんな韓国のスパイになってしまう(笑)。

 そして、最後には、

インターネットには「趙英男は祖先が日本×」、「日本の手先」、「売国奴」といった罵倒が乱舞している。そうした中でいくつかの書き込みが目を引いた。ハンドルネーム「●・●●」さんは「韓国人は自分と意見が違うと、ひとまず抹殺しようとします。独島が韓国領だと述べた日本の教授は日本で何の問題もなく暮らしているのに…」と書いている。
ハンドルネーム「●●●・●●●●」さんは「自分の国を大切に思わない人間がどこにいようか。問題を解決する方法は多様であるべきだ。趙英男氏の真意を知ってから悪口を言ったり抹殺したりしろ」と書き、「●・●●●●●」さんは「なぜ皆が同じ意見を述べなければならないのですか」としている。

しかし、こうした意見の下には次のような書き込みが延々と続いている。
 「売国奴を擁護する者は趙英男と同じだ。あなたたちは大韓民国の国民か」
まかり間違えば、大韓民国の国民になることもままならない世の中だ。

 ふつう、ハンドル名を晒すものなのか?(ここでは伏せましたが記事は堂々と書いてます)。ハンドル名とはいえ、プライバシー問題は韓国にはないと見える。しかも、この記事はこのような中立的な意見に対し一切の擁護がない。「このように日本を擁護する者は非国民」と肯定しているようだ。本来なら「このような一方的な非難はよいのだろうか?」とくらい問題提議できないものなのだろうか。もの凄く残念。まるで今の韓国は第二次大戦中の日本みたいだ。

 こういった背景を考えると、朝日新聞社が東亜日報社と共同で行った世論調査の結果もうなずける。

  韓・中で「日本嫌い」6割、常任理8割反対 世論調査

 少なくとも韓国でこんな風潮があるなら当たり前だろう。しかし、メディア機関がお互いの国を嫌わせるような報道をして何になるのだろうか。民間レベルはそれほど酷くないように思えるのに。
 なんか胡散臭いものを感じてしまう。
スポンサーサイト

コメント

サンフン政治部長

サンフン政治部長のご乱心。「(議論の中心にある)本を読んでません」からはじまる記事に説得力はないですね。一連の趙英男批判にちょこっと手を出してみました部長として、ってところでしょか。
朝鮮日報、要チェックです。

  • 2005/05/02(月) 10:10:55 |
  • URL |
  • すい #qSP4F1QE
  • [ 編集]

 個人的には、こういった報道が日本でまともに取り上げられていないところが残念で。政治的思惑があるとは思うんですが…。これでは韓国人がなぜ日本人を受け入れないかを、日本人が理解できないじゃないかと。
 歴史認識をちゃんと持った韓国人が韓国で日本を好きだ、というと酷い目に遭う。それを政府レベルで容認。これではいつまで経っても、日韓友好なんて言うだけ空しいと思うんですが…。

  • 2005/05/02(月) 10:53:46 |
  • URL |
  • tanukur #VgYZu9o6
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/136-7556c091

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。