野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うさこちゃん?ミッフィー?

 一般紙を久々にみてたらこんなタイトルの記事があった。娘がいるせいもあって、こーゆー話は嫌いではない。むしろ好きだ(笑)。最近、事故だー、中国だー、韓国だーと殺伐とした記事ばっかで(だったら書くなよ)。数日前からエイズネタの下書きも終わってるが、時期を逸してボツにするか現在悩み中。

 今月20日、12年ぶりに「うさこちゃん」のタイトルで絵本が2冊発売された(『うさこちゃんとあかちゃん』、『うさこちゃんのはたけ』)。
 そこから、うさこちゃん/ミッフィーの話が続くのだが面白かった。個人的には、うさこちゃん→ミッフィーと名前が変わったのかと思ったら共存してるようで。新聞記事とネットの双方から、自分なりにまとめてみた。


 作者はディック・ブルーナ(1927年8月23日生)氏。オランダのイラストレーター、絵本作家である。子うさぎの絵本は1955年から描き始め、28冊が発表されている。単純で抽象化された線と、原色に近い数色(俗に言う、ブルーナカラー)で描いているのが特徴だ。

 子うさぎの名前はナインチェ・プラウス(Nijntje Pluis)。うさぎを意味するオランダ語 konijn に接尾語 -tje(小さく愛らしいもの)をつけて命名。Pluisは「ふわふわ」を意味するので、直訳ならば「ふわふわうさちゃん」という事になろうか。そう考えれば「うさこちゃん」は原作に近い命名だ。

 ナインチェは 1955年6月21日生まれ(絵本の出版日?)。性別は当初なかったが、絵本になった時、スカートが似合う子というイメージから女の子になった。性格は純真無垢でポジティブ(笑)。
 家族はパパとママ。おじいさん、おばあさんもいるが同居はしていない(遊びに行ったり来たり)。また、飛行機乗りのおじさんと料理が得意なおばさん(ふわふわふわこさん/アリスおばさん)が近所に住んでいる。

 オリジナルの出版は、ブルーナ氏の著作権を管理するメルシス社(アムステルダム)の子会社が行っている。オランダ・ベルギー・フクセンブルクの三カ国では「ナインチェ」のタイトルで、他では現地の出版社が同社と契約して発行。世界約25社に及び、約40カ国に翻訳されている。翻訳には英語名の「miffy(ミッフィー)」が使われている。これより、世界標準名はミッフィーが正しい。
 ちなみに、ブルーナ自身の最初の英訳名は little bunnyだったが、ブルーナ氏とイギリス翻訳家が直接協議した結果、ミッフィーになったらしい。たしかに、little bunnyは名前じゃないしなぁ。

 さて、こうなると「うさこちゃん」の方が気になる。実は日本では出版社によって命名が異なっているだけだった。

 ・うさこちゃん(福音館書店刊行, 1964年初出)
 ・ミッフィー(講談社刊行, 1979年初出)

 後発の講談社が、世界標準にちなんでミッフィーにしたのはわかりやすい。講談社参入当時はキャラクターブームで、他業種(玩具?)の商品名がミッフィーだったという事情もあったようだ。
 それでは何故、福音館書店では「うさこちゃん」なのか?。
 訳者で児童文学者の石井桃子さんがオランダ大使館関係者に朗読を依頼し、抑揚やブルーナ氏自身の英訳「little bunny」などから「うさこちゃん」に命名したらしい(福音館書店相談役 松居氏談)。
 なんと、ナインチェを世界で最初に翻訳し、出版したのが福音館書店だった。最初の本である『ちいさなうさこちゃん』は 1964年6月1日初版になっている。ミッフィーという呼び方がない時代だ。
 メルシス社設立が1971年であることを考えると、それまではブルーナ氏と直接契約を結んでいたのではないだろうか。なんか、メルシス社設立後、ブルーナ氏の著作権が移り、その合間に講談社が…と考えてしまうが、絵本の世界にこういう話は野暮なので追求しない。

 日本での翻訳は26冊。「うさこちゃん」が14冊、「ミッフィー」が12冊。上位3冊の部数では『ゆきのひのうさこちゃん』などが 537万部。『ミッフィーどうしたの?』などが 17.5万部と圧倒的。歴史を感じさせる。
 新聞記事では「さて、あなたはどっちで呼ぶ?」といった終わり方だが、今までミッフィーと呼んでたのでミッフィーになってしまう。ただ、うさこちゃん、ナインチェ、ふわふわうさちゃんでもいいわけで、呼び方にはあまりこだわりたくないものだ。

 もうすぐ、ナインチェ誕生から50年で、各地でイベントが催される。…って、調べたら、東京でミッフィー展がすでに開幕していた(笑)。

  50years with miffy ミッフィー展

 銀座松屋で 5月9日まで。料金大人1,000円…。ちと高いな。興味ある方は上記リンクからどうぞ。

参考資料)
  朝日新聞紙 2005年4月28日 29面「うさこちゃん?ミッフィー?」
  ナインチェ フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
  ディック・ブルーナ オフィシャルサイト(日本語版)
   ※一部が英文のままなのが残念.
  ディック・ブルーナ オフィシャルサイト(オランダ語版)
   ※オープニングのフラッシュ 3種類ある模様(日本語は1種類).

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/139-9bbddf37

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。