野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬と食品の飲み合わせ

 新聞にこんな記事があった。食べ合わせは気にしたことはあったが、薬と食品の食べ合わせはあまり気にしたことがなかった。後々、自分でも薬の世話になることもあろうかと思うのでメモしておこう_〆(.. )
 ついでなので、ネットとの情報とも兼ねあわせてみる。




食品成分説明
あんこ
クラッカー
解熱・頭痛薬アセトアミノフェン糖分とくっつきやすく吸収が遅れる。そのため効き目が早く表れない。ご飯などの炭水化物も注意。
キャベツ解熱・頭痛薬アセトアミノフェンキャベツや芽キャベツに含まれるグルクロン酸がアセトアミノフェンを分解するはたらきがある(=効き目がなくなる)。
アルコール総合感冒薬
鼻炎薬
抗ヒスタミン薬薬の中枢神経抑制作用が増し眠気が強くなり、悪酔い状態が酷くなるケースもある。
牛乳便秘薬ビサコジル大腸で溶けるように表面がコーティングされている薬だが、牛乳と一緒に飲むと胃で溶け出して効き目が落ちる。
牛乳胃腸薬水酸化アルミニウムゲル大量の牛乳と結びついて、高カルシウム血栓になることがあり、吐き気を起こす。
肉類胃腸薬水酸化アルミニウムゲル胃酸を中和するはたらきが、肉のリン酸と結びつくと中和力が弱まってしまう。
グレープフルーツジュース血圧降下薬カルシウム拮抗薬肝臓での代謝が阻害され、血圧が下がりすぎてしまう。動悸・頭痛などの副作用もあるが、中には影響度が弱い薬もある。
山椒消化剤パンクレアチン山椒の皮に含まれる成分に弱く、効き目が弱くなる。
コーヒー
お茶
ぜんそく薬テオフィリンカフェインがテオフィリンと似た構造を持ち、自律神経の興奮作用が強まり頭痛を起こすことがある。
チーズ
ワイン
結核治療薬・総合感冒薬・鼻炎薬塩酸フェニルプロパノールアミンチーズに含まれる成分(チラミン)の分解を遅らせるため動悸・頭痛の原因になる。海外では死亡例あり。
納豆(青汁など葉物)血栓症薬ワーファリン(ワルファリン)血液の凝固作用のあるビタミンKのはたらきを抑える薬だが、納豆は大量のビタミンKが含まれるため効果が落ちる。
タマネギ血栓症薬ワーファリン(ワルファリン)薬の作用を促進させ、出血しやすくなる。脳梗塞、心筋梗塞の方は大量のタマネギ摂取は厳禁。
バナナ
そら豆
チーズ
結核治療薬イソアニジドそれぞれに含まれる物質の分解を遅らせ、頭痛や高血圧の原因になる。

 …って、作ってたら、朝日新聞のサイトにちゃんとした表があった。駄表だけどせっかくだから残しておこう。一応、こちらにしかないものもあるので補間できるからいいかと思ったら、さらにその上が北海道がんセンターにくすりと食べ物 飲み合わせについてというのが。最初から引用すれば良かったよ(´・ω・`)
 沖縄県薬剤師会に医薬品と飲み合わせの悪いサプリメントというのもあったので、ついでにリンク貼っとこう。

 もっとも考えてみれば、病院なら処方の時に注意書きが貰えるし、薬局で薬を買えば処方箋がちゃんとある。さらに気になるなら成分名でネットで調べれば問題ないし。うーん、徒労だったか…。
 少しでもお役に立てれば幸いです。
スポンサーサイト

コメント

ぜんそくの人は、薬がすぐ飲めないときにはとりあえずカフェインを摂取するといいという話を聞いたことがあった。素人考えだと「両方なら最強だ」とか思ってしまいがちだけれど、両方ではだめだったとは。。。
改めて表にしてもらうと見やすいですね。お疲れ様です。

  • 2005/05/03(火) 12:54:31 |
  • URL |
  • mikimaru #-
  • [ 編集]

 ありがとうございます。お役に立てて嬉しいです。薬も一歩間違えば毒ですしねぇ。

 話は変わりますが、ステロイドの長期使用が危険なのは有名だけど、バンテ○ン等で有名なインドメタシンも長期使用は腎臓などをやられるとか。以前、某薬局の方(笑)から教えてもらったけど事実みたいで。

  • 2005/05/03(火) 16:04:42 |
  • URL |
  • tanukur #VgYZu9o6
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/144-c76d7a22

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。