野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切込隊長

 うちが勝手にリンクしている切込隊長BLOG(ブログ)のオーナーの事だ。
 最初このBLOGを知ったのはシステムソフトの三国志英雄伝(PCゲーム)の分析記事。後にこのソフトは著作権違反(画像パクリ)で有名になった訳だが、バグの多さやバランス調整のダメっぷりが伺える。
 文章が面白い事があるので暫く見ていたら、政治経済にもいろいろ記事を書いている。にぎやかなコメントから素性はだいぶわかってたが、あまり興味はないし、ここに書くつもりもない。

 ところが先月あたりから、アンチがあちこち動き出した。2ちゃんねるを始め、当人(実名)の紹介記事や自称経歴をあら探ししたり、BLOGのコメント欄を荒らしたりと凄いことになっている。んー、この人達は何で必死なんだろう。恨みでもあるのか?と疑いたくなるほど凄いパワーがある。
 ちょっと分析してみたが、元は熱心な信者みたいなもので、何か裏切られたという意識からそうさせているのか?と考えてみるが、匿名だから聞けやしないし、仮に聞けてもなりすましの可能性もあるので無駄だろう。または愉快犯で、暇つぶしに叩いているのかとも考える。だとしたら、羨ましい。俺もそれくらい暇が欲しい。本人が次の対象を見つけるまで放置するしかない。

 ふと思ったのが電車男。一度読んだが話としては面白い。実話か創作でどっかで議論されていたが、個人的にはどうでもよい。作者と作品を分離して考えているからだ。作者は好きじゃないが、作品は好きってのは結構ある。似たようにチームは嫌いだが、この選手は好きみたいなのもある。ただ、メーカーと製品となると話は別で、メーカーが好きじゃないと、製品の性能に関わらず拒絶反応が出るのは不思議だ(笑)。
 あえて電車男に触れれば、私は創作と見ている。実話にしてはできすぎだろう。ただ、もし創作としても作者は名乗れないと思う。これは先の切込隊長と同じように解釈すればわかりやすい。今まで熱心だった信者の一部が、裏切られたと思って何をしでかすかわからないし、暇人の格好の餌食にもなるからだ。もっともここまで大きくなったら無責任なマスゴミマスコミも黙っていないだろう。

 そう考えているうちに、人の心理というものはこういうものかと、ふと思う。何か落ち度があったとき格好のいじめの対象になる。いじめという言葉があやふやだが、対象者がいわれのない第三者に非難を受けるという表現が正しいか。なんでこんなことをするのか自分には理解できない。せちがらい世の中になったものだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/155-cebe86cb

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。