野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国、谷内次官発言を批判するも

  韓国、谷内次官発言を批判 駐韓大使呼び謝罪要求 【産経】

 韓国外交通商省の李泰植(イ・テシク)次官は26日、ソウルの同省に高野紀元(たかの・としゆき)駐韓日本大使を呼び、谷内正太郎(やち・しょうたろう)外務事務次官が韓国の与野党議員団に「米国が韓国を信じていないようで、日本は韓国との情報共有にためらいがある」などと発言したとされる問題で抗議、公式謝罪と再発の防止を求めた。

 今朝の報道番組でやっていたが、日本の外務次官はこの程度なのか?と情けなくなった。この件について本人が「ノーコメント」ということから事実だろう。
 それにしても外交上、この発言はないだろう。会話による交渉術を知らないのか?。これがたとえ非公式でも、失言以外何ものでもない。もう少し言葉を選べないのか。それに、この発言を鵜呑みにすると、まるで日本がアメリカの属国に見える。少なくとも日本を軸に米韓を繋げようとする意思は見られない。

 ただ、これが二週間前の非公式会談の話なのが引っかかる。韓国政府は何を考えてるのかさっぱりわからない。子どもじゃあるまいし。日韓首脳会談を破談にしたいのか?とも思えてしまう。
 韓国メディアの反応はどうなのか。竹島問題では政府と共にあれだけ日本を叩いた韓国メディアも今回は様子が違う。それどころか政府を批判する記事まである。


 まず、日本大手メディア。

  韓国、外務次官発言に抗議 駐韓大使呼び謝罪求める 【朝日】
  韓国:谷内次官の「米韓不信」発言で謝罪要求 【毎日】
  韓国、谷内次官発言を批判 駐韓大使呼び謝罪要求 【産経】
  外務次官発言、韓国外交通商省が駐韓大使に抗議 【読売】

 殆どが韓国側の抗議をそのまま報道し日韓関係の悪化を危惧しているが、唯一、読売だけがこの報道について、韓国の内情に踏み込んでいた。

ただ、野党ハンナラ党の副報道官は論評で、「青瓦台(大統領府)と(与党)ウリ党は、(国民の)反日感情を利用して国家安保に関連した重大な外交上の欠点を隠そうとするのではなく、問題があるなら是正するのが道理だ」と政府・与党の対応を非難した。この問題は、外務次官発言を公開したハンナラ党に対し、ウリ党が「日本の外務官僚の妄言を使って政府と大統領を攻撃している」と謝罪を求める騒ぎにも発展しており、次官発言が政争のタネに利用された面もある。

 これだけでは与党が野党に釣られたとも取れるが、今いちピントこない。こじつけにも取れる。そこで韓国メディアをみたら、ちゃんとした経緯を書いた記事があった。

  【谷内事務次官の発言】政府、なぜ発言15日後の「強硬姿勢」? 【朝鮮日報】

 11日の発言直後、駐日韓国大使館から関連内容の報告を受けた外交部は、駐韓日本公使を呼び、抗議の意を伝え、駐日韓国大使館も遺憾を表明したとある。
 本来ならばこれで終わりだが、24日、朝刊にこの発言が掲載され(地方紙?)、25日夜にはTVに流れ、26日には他紙も無視できなくなったらしい。これを見た大統領府が激怒し、日本に対し「身の程知らず」「相応の措置を取れ」と求めたらしい。

 読売の記事とあわせてみれば、24日に報道された新聞が野党関連のものととれる。
 それはともあれ、この経緯が事実だとすると、韓国外交部は大統領府に都合の良いことしか通達してないのかと思ってしまう。官僚と政治家が空回りしている感じだ。この記事の最後が今の韓国政府を象徴している気がする。

 新聞に報道されなければ、重大な問題も非公開でうやむやにし、新聞に報道されれば、同じ問題にも後になって怒る有り様だ。
 こうした経緯から、問題の本質より、メディアに報道されたかどうかによって重大な政策が左右されているという指摘が出ている。


 大手3紙では東亜日報が相変わらず日本批判を報道しているが(与党寄り?)、朝鮮日報や中央日報では政府を批判する記事が出始めている。

  「信頼できない韓国」を直視せよ 【朝鮮日報】

 『政府が谷内事務次官の発言に対し、その真偽のほどを明らかにするのではなく、「どうしてそんなことを言ったか」と責めるのは問題を解決しようとする姿勢ではない』。全くその通り。
 中央日報はさらに踏み込んで皮肉っている。

  池万元氏「谷内日次官発言はありがたい耳打ち」 【中央日報】

池氏は「青瓦台(大統領府)と外交通信部の反応を見ると、政権の核心人物だけがこれを全く知らずにいたようだ」と述べた。また青瓦台が谷内次官の発言を「分不相応なこと」などと強力批判したことに対しても「失笑に耐えない幼稚な発言」とし「自分なら『知らなかった重要な内容』に対してヒントをくれた谷内次官に感謝する気持ちを持つだろう」と主張した。

池氏は「本当に恥ずかしいことは谷内次官の発言でなく『広く知られている重要な事実』(韓国外し)を彼らだけ知らずにいたということ」とし、青瓦台の反応を「ありがたい耳打ちに対し、敵対感を見せた」とこき下ろした。

 韓国政府はいつまでもこの問題を引きずらす、自主的に収束して貰いたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/176-cc04c36d

谷内外務事務次官発言

「谷内外務事務次官発言」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜ...

  • 2005/05/27(金) 20:33:25 |
  • ブログで情報収集!Blog-Headline

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。