野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週中に関東で大地震?

【最新情報はこちら

  揺れる?民間研究者「6月1日までに南関東圏でM7」 【夕刊フジ】

 南関東圏で来月1日までに、阪神大震災に匹敵するマグニチュード(M)7級の地震が発生?。こんな地震予知情報がネット上で公表され、波紋を呼んでいる。発表したのは、民間の地震予知研究の第一人者としてしられる八ケ岳南麓天文台の串田嘉男氏(47)。串田氏は過去にも大地震を予知した「実績」があり、今回の情報も要注意といえそうだ。
 同天文台のHPによると、推定される地震の領域は関東圏で、南関東の可能性が強く、規模はM7.2±0.5、時期は5月27日±4日だという。

 南関東に住んでる者としては、今週いっぱい何事もなければいいのだが。
 とりあえず情報源の八ヶ岳南麓天文台のサイトへ行ってみたら、なんとHP閉鎖の通知があった。


 まず、今回の地震報道だが、夕刊フジが取り上げたものはこれだろう。

  1394 「No1375南関東推定前兆について続報」

 よく読むと発生時期について、「早い場合は 5/24±、遅い場合で5/30±」とあることから、6/2までは可能性があると考えた方がよい。震源地も図を見る限り、埼玉南部、東京、千葉、神奈川一帯が含まれて、直下型地震が起こる確率が高い。

 今までこの手を一般情報はこのサイトで公開されていた。

  八ヶ岳南麓天文台 地震前兆観測研究センター「公開WEB」

 しかし、5月22日の情報を最後に配信を停止し、25日に公開HPの閉鎖を検討、29日には公開HP閉鎖を決定し、来月中には完全に閉鎖するそうだ。この地震情報は日を追う毎に修正され、現在はこの情報はもう古い事を考えるとかなり残念だ。

 閉鎖の理由は詳しく説明している。

  公開HP閉鎖について

 これを読むと継続してくれとは言えない。お疲れ様でしたが妥当か。現場を考えると、これは致し方ないだろう。

 あれから2年、インフラのさらなる整備に加え、当時の問題を多くの方々が考えて下さり、また私たちの観測研究活動を少しでも理解して下さっていることを期待して、4月のM6.1地震と今回の?1375前兆を続けて一般公開させて戴いた訳でありますが、あいかわらず携帯メールでわけのわからない内容に弊天文台の名前をつけて配信している方々が複数おられ、メールを受け取った方々が不安になり、直接電話をかけてこられました。メールを受け取り、電話をかけてこられた方のお気持ちは理解できますし、その方に罪はないと思いますが、お宅が出したとしか思えない携帯メールについて問い合わせして何が悪い!電話番号まで公表しているのだから24時間問い合わせに対応するのが当たり前だ!サービス精神が欠落している!電話で今日起きるかどうかだけ言えばいいんだ、早く答えろ!などなど、ほとんど怒りに任せたお電話ばかりで、私たちがメールの発信者ではないこと、インターネットのWEBを見て戴きたいこと等をご説明してもご理解が得られない場合が多く、解析の最中や明け方4時近くまで電話がありました。
 携帯メールの一部には電話で問い合わせれば詳しく教えてくれるかも、などと電話をかけることを促すような内容も書かれているそうで、明らかに観測解析を妨害する意図が伺えるケースもありました。(抜粋)

 痛々しい。さらに、その前の公開HPの閉鎖について検討中では、2年前に宗教団体の勧誘にも利用されたそうで。

 なお、この地震情報は条件を満たせば個人でも利用できる。

  八ヶ岳南麓天文台 参加案内

 但し有料。月5,000円はちょっとでない(給料安いんで)。お金に余裕があるなら応援の意味を込めて参加したいだけに残念。年間5,000円で Eメール配信ならば何とかなりそうだけど…。うーん。

 さらに関東地震について気になる情報がこれ。

  地震に対する緊急のご連絡 【東洋ライフサービス株式会社】

昨日5月26日(木)、私は某テレビ局にいました。そこでは、緊急対策番組用の準備をしておりました。いわゆる特番の枠を押さえるというものです。地震の為の特番ということでした。気になった私はその筋の関係者に確かめてみました。

結果は最悪でした。
27日(金)から1週間くらいの間に、関東圏のプレートが動くのはほぼ間違いないようです。加えて気象庁は28日(土)の午前7時に品川・港ウォーターフロント沖を震源地としてマグニチュード8クラスの地震をすでに予測しているということでした。

パニックを予測して、この手の報道・公表は万が一実際起きなかった時の責任問題を考えると、政府は公表出来ないと思います。しかし、私は実際に某テレビ局で見てきましたし、私が情報を頂いた人物はしかるべき機関で働く人間です。この事実を知ってしまった私はひとりでも多くの方にお知らせする義務を感じました。(抜粋)


 さらに本日最新情報が加わった。

  地震に対する最新のご連絡 【東洋ライフサービス株式会社】

27日(金)の夜はピアノの鍵盤の ように11本も視認できましたし、28日(土)の早朝には太陽の近くに垂直に立ち上る竜巻のような雲を確認いたしました。千葉の漁師さんが「魚の様子がおかしい。」と言われている話しを28日(土)に聞きました。依然、警戒が必要だと感じます。(抜粋)


 記事には防災対策がしっかり書かれているので一読して損はない。胡散臭そうだが、別に自社のグッズを販促する分けでもなく、「何も起こらなくて私が馬鹿にされる事は一向に構いません」という位だから凄い社長だ(笑)。


 それにしても地震予知だが、素人判断で申し訳ないが有効な地震予知は八ヶ岳南麓天文台の方法以外ないと思う。地震関連の膨大な補助金の一部を八ヶ岳南麓天文台に回せないものだろうか。現在観測所は日本全国で4カ所しかなく、スタッフも1?2名。串田氏が風邪で数日休むと空白期間ができるくらいだ。ただ、その状況ですら、ここまで地震予知ができるのだから凄い。補助金で観測所が増え、スタッフが揃えば、もの凄く機能すると思うのだが。
 そう考えると、国はどうしているのか気になった。

  地震予知総合研究振興会

 ちゃんとあった。文科省管轄の財団法人。見てみたが、何をしたいのかさっぱり。何これ?。建前主旨とは裏腹に、予知に関する情報が全く見当たらない。少なくとも素人の私にはさっぱりわからないし、利用しがいが全くない。

 地震前兆である証明のためには地震発生前に必ず3要素を指摘しなければ全く聞く耳を持たない。3要素は、時期、場所、規模のことで、この3要素どれかひとつがいい加減であったり、欠落していたり、誤差が大きければ、地震予測にはならないことを、地震学者と称する複数の方々が、直接電話や手紙やメールで言ってこられました。

 先ほどのHP閉鎖からの引用だが、少なくともここには時期、場所、規模といった指摘は一切なかった。これではまるで地震予知総合研究振興会だ。予知いらないし。

 補助金等報告書などを見るとなんだか。

  財団法人 地震予知総合研究振興会 平成14年度補助金等報告書

 8億円弱の国からの補助金はおいといて、二十数名の組織11人も理事がいるのが何だか。理事の給与が会長の一存だし、なんか典型的な天下り先としか思えない。

 個人的には補助金を実績が全くない地震予知総合研究振興会より、八ヶ岳南麓天文台にまわした方が将来を考えてもいいと思う。が、絶対に無理だろう。少なくとも1割でもいいからまわせないものだろうか。この税金を。

南関東の地震:続報
スポンサーサイト

コメント

起こらないと良いですね。

こんにちわ。
トラバありがとうございました。

八ヶ岳南麓天文台のHP閉鎖、なんか蜘蛛の糸みたいでやり切れません。
東洋ライフサービスの方は、殊勝な社長さんですね。
どちらにしても、そこに住む人達のことを考えてメッセージしてくれてるように見えますんで、
こういう情報は有意義に使わないといけないんでしょう。
地方にいると分からないんですけど、今回の地震予知って、関東の巷ではどれぐらい話題になってるんでしょうか?
ネットだけだと先走りしすぎて、かえって実感できないです。。。
いずれにしても、充分にお気をつけて。

  • 2005/05/30(月) 22:05:29 |
  • URL |
  • Picaso #-
  • [ 編集]

 こんにちは、Picasoさん。
 トラックバック&コメント、ありがとうございます。

> 地方にいると分からないんですけど、今回の地震予知って、関東の巷ではどれぐらい話題になってるんでしょうか?

 私は Picasoさんのblogが第一報でした(笑)。有意義な情報を頂いて非常に感謝しております。
 多分、インターネットをしていない世帯はこの事実を知らないんじゃないでしょうか。マスコミも今回は夕刊フジがちらっと書いただけでTVでは放送されないし。ネットをしていても、地震を騒ぐブログを見つけないと分からないと思います。

 ただ、二ヶ月前位から、やたらと防災をアピールした広報が目立ちました。こないだも「地震が起こったらここに避難」みたいな地図も届きましたし。今までなら 9月1日の防災の日にこの手のは多いのに、なんでこの時期?とか思ってましたが、今は納得です。

 ただ、今回、ソースが少ないのがちょっと気がかりで。八ヶ岳南麓天文所の他は、東洋ライフサービスの社長のコメントしかありません。行政機関が後押ししてくれれば、いいんですが、万が一の責任論や対応を考えると無理でしょう。これは八ヶ岳南麓天文所の電話のやりとりで簡単に想像がつきます。
 小心者なんで、私個人は地震が来るかもしれないという情報は有り難いです(デマとしても)。来なければ、よかったねって感じで。防災意識も高まりますし。

 ご心配まで頂いて恐縮です。本当にありがとうございます。

  • 2005/05/31(火) 10:05:08 |
  • URL |
  • tanukur #VgYZu9o6
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/177-c7114ffb

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。