野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咳止めの薬

 先週風邪をひいたが、咳(せき)だけが何故か止まらない。
 熱は週末に完全に収まり、体の痛みもなくなったのだが、咳だけが止まらず、寝てる最中でも容赦ないので熱が出てた頃よりも眠れない。
 ということで、咳止めの薬を買ってきた。風邪は薬を使わず治すのがポリシーだが、熱が下がって3日経っても咳だけ止まらないのはつらいし、家族の安眠にも影響がでてしまう。本来は病院に行ってもいいのだが、如何せん待たされる時間がもったいない。




 買ってきた薬は「せきどめハヤナ顆粒」。どうも強力くさい。箱には書いてなかったが、中の説明書に、

  まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。
   ・ショック(アナフェラキシー)
   ・皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)
   ・中毒性表皮壊死症(ライエル症候群)


 以前紹介したマンガには解熱剤に上記の症状がでる風に書いてあっただけにちょっとショックを受けた(ちゃんと解熱剤がないのを確認してきただけに)。どの成分にこのような症状が出る可能性があるか、しっかり明記して貰いたいものだ。
 …ということで、各成分をググる(笑)。
 その結果、どの風邪薬にもある「塩化リゾチーム」だけが上記の副作用を持っていた。ただ、全体的には副作用が少なく、滅多にない確率でこの重篤症状がでるらしい。ひとまず安心。反面、各成分の含有量が他の薬より多めに配合されているのが非常に気になった。とりあえず、二日程度使って様子見。異常があったら、またネタにしよう。

(追記)
 この薬、結局効きませんでした。数日まじめに飲んでみたが、この風邪には効果なし。やめて数日後に勝手に治ったので買わなきゃよかった(´・ω・`)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/20-2bc0a2a4

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。