野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国語に関する世論調査

  国語世論調査:慣用句は20代以下の方が正しく使う!? 【毎日】
  「青田買い」→「青田刈り」など、中高年ほど“誤用” 【読売】
  慣用句勘違い 国語世論調査 青田刈り/汚名挽回/天下の宝刀…正しい? 【産経】
  自分の敬語に自信ない4割 文化庁の国語世論調査 【朝日】

 一次ソースは文化庁が12日発表した「平成16年度国語に関する世論調査」だが、新聞社により注目度が違うのが面白い。特に毎日が慣用句、朝日が敬語と殆どかみ合ってない。読売は慣用句のみだが社説で敬語を補足している。また、TV報道では「微妙」「やばい」などの街角インタビューが目に付いた。
 もっとも一次ソースが一般公開されている場合は、そちらを見た方が個人で分析できるので早速、文化庁に(笑)。


  平成16年度「国語に関する世論調査」の結果について

 内容は言葉の使い方、敬語に関する意識、漢字に関する意識、表記に関する意識、今後の手紙のあるべき作法、慣用句の言い方、言葉の意味、言い方の使用頻度と多岐にわたり、またボリュームもあるので、新聞社によって扱いがまちまちだったのがよくわかる。
 こういう調査に恒例なのがクイズ形式のもの。まず、敬語。

(1)この商品の使い心地を是非ともお試しください。
(2)あの方は,昨年東京にまいりまして,大学で教えていらっしゃいます。
(3)先ほど中村さんがお話しされたように,この本はとても役に立ちます。
(4)(高校生が担任の先生に)あす父がまいりますが,お目に掛かっていただけませんか。
(5)ただいま会長が申されたことに賛成いたします。
(6)間もなく先生がお見えになります。
(7)この電車には御乗車できません。
(8)総務課の武田さんは,どちらにおられますか。

 ○×形式なのだが、正直、自分の敬語力のなさを実感した(´・ω・`)
 各統計はあるものの、正解が何処にもなくて、げんなり。知りたきゃ、勉強し直せという事か?と思ってしまう。凄い不親切。予想通り、文化庁サイト内はお役所的で敬語講座なる項目はなかった。日本語を守ろうという会議録はある割に、日本語を守ろうという姿勢が文化庁サイトには感じられない。
 ちなみに冒頭の新聞記事内にも全問の正解を記述したものはなかったが、数問だけ解説入りで正解というのはあった。

 続いて、慣用句と言葉の意味。次のうち正しいのはどれ?

(1)(a) 会社が学生を青田買いする
   (b) 会社が学生を青田刈りする

(2)(a) 前回失敗したので今度は汚名挽回(ばんかい)しようと誓った
   (b) 前回失敗したので今度は汚名返上しようと誓った

(3)(a) 知事は議会解散という伝家の宝刀を抜いた
   (b) 知事は議会解散という天下の宝刀を抜いた

(4)他山の石
  (ア)他人の誤った言行も自分の行いの参考となる
  (イ)他人の良い言行は自分の行いの手本となる
  (ウ)(ア)と(イ)の両方の意味で使う
  (エ)(ア)や(イ)のどちらの意味でも使わない

(5)枯れ木も山のにぎわい
  (ア)つまらないものでも無いよりはまし
  (イ)人が集まればにぎやかになる
  (ウ)(ア)と(イ)の両方の意味で使う
  (エ)(ア)や(イ)のどちらの意味でも使わない

(6)世間ずれ
  (ア)世の中の考えから外れている
  (イ)世間を渡ってきてずる賢くなっている
  (ウ)(ア)と(イ)の両方の意味で使う
  (エ)(ア)や(イ)のどちらの意味でも使わない

 こちらは正解があったので最後に。個人的には慣用句や言葉の意味は大丈夫そうだ。

 今回の世論調査で一番驚いたのがこれ。

 (4)「とてもすばらしい(良い,おいしい,かっこいい等も含む)」という意味で「やばい」と言う

  16?20歳男性 75.6% 女性 65.8%
  20?29歳男性 51.7% 女性 53.2%
  30?39歳男性 24.4% 女性 23.9%

 ここまで若い世代に浸透してるとはびっくり。ジェネレーションギャップを感じてしまった。統計では30歳以降半減しているので、実際 25歳以下に浸透してるのではないだろうか。他に「いいか悪いかの判断がつかないときに「微妙(びみょう)」と言う」「面倒臭いことや不快感・嫌悪感を表すときに「うざい」と言う」は自分も普通に使うので違和感がなかったが、これだけはダメだった。

 ただ、文科省の科学技術を調べた時みたいに、報告書のページが何処にも見当たらない。随所にページ数が書いてあるだけに気になったが、冒頭をよく見ると、

報告書は独立行政法人国立印刷局から市販する。

 へ?(・_・)
 税金で調査したものをざ売るなとは言わないが、せめてネットで公開してくれよ。調べたら、文化庁への補助金は 635億円以上(情報源)もあるわけだし。しかも、昨年の「15年世論調査報告書(平成16年1月調査) 国語に関する世論調査 情報化社会と言葉遣い」の発売状況を国立印刷局で調べたところ、2004年7月発刊、2005年1月発売。購入するなら来年だ。なんだかな。きっと忘れてるだろう(笑)。
 それにしても政府刊行物関連書籍searchを使ってみたら 1年間で 8,895冊。こりゃ、検索がないとやってられないと思った。

 とりあえず、敬語を含めて日本語は勉強し直せねばなるまい。文化庁はあてにならないので、後で "敬語"でググるとしよう。…って、ググるを普通に使う自分も客観的に見ると妙なのかな?とふと思ってしまった。


正解:(1)(a),(2)(b),(3)(a),(4)(ア),(5)(ア),(6)(イ)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/221-b6fa1c18

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。