野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鮮度が落ちたニュースたち(1)

 ちょっと気になるニュースをキープしてたものの、鮮度が落ちて調査記事にするには弱くなってしまいそうなので、まとめ出しします(おい)。いろんな角度でいろいろ調べたかったんですが、やはり海外とかはソースの洗い出しに限界を感じました(´・ω・`)
 まずは中国ネタということで。


  「ネット中毒」の治療に挑むクリニック 【ITmedia】

丸4日ネットカフェで過ごした子供、1日10時間ゲームをプレイしていた男性――中国初の公認ネット中毒クリニックでは、ストレスから逃れるためにネットにはまっていた患者たちが治療を受けている。

 中国も高度成長と共に、インターネット需要が高まりつつありますが、世界一のネット規制国家とあって、なかなか実態がわかりません。そんな中、記事に登場する医師の話だとネットゲーム中毒者が「最大」250万人もいるそうで。
 ただ、医師の話が少々誇張感があり、意味不明な「脳の分泌物の不均衡状態を調整する」薬剤の点滴をするなど、何か商売めいたものがあり、胡散臭さを感じてしまった。個人的には「インターネット中毒かどうかを判断する標準的な診断テストを考案」が気になったが正体わからず。大げさに書いているけど、きっと簡単な問診だろうなぁ。
 関係ないけど、このページの関連記事もなかなか。

  ゲームやり過ぎ?で中学生が白髪に 【ITmedia】

 ゲームが原因で白髪?(爆)。ちゃんと診察してやれよと思ってしまった。そんなので白髪になるなら、引きこもりはみんな白髪になっちゃうよ(笑)。…てか、白髪のメカニズムを調べたくなってしまった(おい)。


  社科院調査 過半数が「ネット情報は信用できない」 【人民日報】7/11

 さすが中国。んでも「インターネットの情報は多数が信用できると答えたネットユーザーの割合は48%と、半数に満たなかった」とあることから、かなり苦しいのでは。普通なら「インターネットの情報は信用できないと答えたネットユーザーの割合は52%」と書くべきだろう。設問からしてきっと、「多数が信用できる」「少し信用できる」「少し信用できない」「多数が信用できない」「わからない」の五択ではなかろうか。そう考えると、中国人の過半数はインターネット情報を信用していると考えられる。きっと、調査した側も予想以上の結果に驚いたことだろう。
 こう考えると中国共産党が必要以上にインターネットを警戒していることがわかる。だから、

  マイクロソフト、中国でブログ検閲に協力 【WIRED NEWS】

 こんなこともするのだろう。両者にはちょっと呆れてしまった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/223-2cf0a893

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。