野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国産ビール(酒)は安全か?

 一部の中国メディアが「中国産ビールの95%は人体に有害な化学物質であるホルムアルデヒドが含まれている」と報道し、波紋を広げている。

  中国ビール3大手、ホルムアルデヒド添加を否定 【人民日報】7/14
  国産ビール、品質調査でシロ ホルムアルデヒド問題 【人民日報】7/16

 ホルムアルデヒドは、日本では建材に使用され、のどや目が痛くなるなどシックハウス症候群を引き起こすことで有名だし、発ガン性も認められている。
 では、それがなぜビールに?と思うと、ホルムアルデヒドを添加するとビールのポリフェノールが沈殿し見た目がよくなるそうなのだ。日本・韓国や欧州などではホルムアルデヒドの使用は禁止され、シリカゲルやポリビニルポリピロリド(PVPP)を使用しているが、中国では安価なホルムアルデヒドが未だに使われ、なんと政府も容認している。


 世界保健機関(WHO)では、飲用水のホルムアルデヒドの上限値は1リットル当たり0.9mgと規定されている。最初の報道では「1.2mgの銘柄もあった」事から大騒ぎになったが、さすが中国。一斉検査を行い「そんなビールはない。みんな 0.9mg以下だから問題ない」とすぐさま反撃。勿論、第三者機関が行ったわけではないので「自称」である。
 それ以前にホルムアルデヒドを禁止する姿勢が見当たらない。

  ビールのホルムアルデヒド添加、新規則でも禁止せず 【中国情報局News】7/13

 12日には、「1月に公布済みで10月に施行される新しい国家規則では、ビールへのホルムアルデヒド添加は禁止される」との報道もあった。しかし13日付の華夏時報は、「国家品質監督検験検疫総局によれば、この新規則では含有量を規制するものの、添加の禁止はされない」と報じている。

 一部の自然食品に含まれているものはしょうがないとして、わざわざ発ガン性物質を添加するのはどうかと思う。ただ、「新規則では、紹興酒を含む黄酒やワイン、果実酒には、ホルムアルデヒドの含有は認められないことになっている」というのが気になった。中国ビールはまた飲んでみたいという気がなかったので敬遠してたが、紹興酒や果実酒は年に数回は飲んでいた。今まで認可してたのかよ… orz

 一方、これに対する日韓政府の対応だが、全く異なっている。まずは韓国。

  「発がん物質」中国産ビールを緊急回収 【朝鮮日報】7/12

 
 食品医薬品安全庁(食薬庁)は11日、市中に流通している中国産ビールを緊急回収し、基準値以上のホルムアルデヒドが含まれたビールは全て廃棄処分する方針を明らかにした。

 また食薬庁は、今後輸入される中国産ビール全てに対し、ホルムアルデヒド検査をした後、通関させることを決定した。

 これが普通の対応と思うが、日本は、

  中国産ビールに有害成分!?輸入業者に事実確認求める 【サンスポ】7/12

中国産ビールに、がんや肺炎を起こすと指摘されるホルムアルデヒドの成分が多量に含まれるという情報で厚労省は11日、輸入業者対し中国メーカーに事実確認するよう通知し、中国政府にも調査を求めた。
(中略)
「ホルムアルデヒド含有検査は水や魚は確立しているが、炭酸や雑成分が多いビールは不可能。現段階では製造者に確認するのが最善」と同省は話している。

 まったく無意味な事をやっている。中国メーカーが「はい、多量に入れてました」という訳がない。国内検査においては全くやる気なし。
 それにしても検査不可能なら、中国では内外の211銘柄にホルムアルデヒド含有検査や、韓国の輸入検査は嘘なのか?。そんな訳はなかろう。それに一つ気になるのが、この報道が読売・毎日・産経WEB版にないところ。政府によるマスコミ操作を疑ってしまう。朝日が唯一報道しているが、これはアサヒビールが中国産の青島ビールを取り扱ってるせいだろう。追求よりは擁護の記事が目立ち、なんか気持ち悪い。
 本来であれば、国内メーカーには使用を禁止している以上、ホルムアルデヒド無添加を証明できない中国産ビールは輸入禁止にするべきだ。

 政府がスルーする以上、自衛するしかない。勿論、中国政府の言う通り、安全と信じて飲み続けてもよいと思う。ただ、私は中国産ビールは元より、中国産の酒全般から手を引こうと思う。

  ホルムアルデヒド問題で報告配布 醸造酒工業協会 【人民日報】7/15

国家食品質量監督検験センターが検査した国内外産のビール、蒸留酒、果汁などのサンプルからも、1リットルあたり0.4?3.9ミリグラム程度のホルムアルデヒドが検出されている。

 おそらく、ビールが安全と言わんばかりの勇み足と思うのだが、1リットルあたり 3.9mgもホルムアルデヒドが入った中国酒は飲む気がしない。しかも、銘柄を公開しない以上、全部を疑うしかない。それと中国産ビールにホルムアルデヒド含有疑惑があることをしっかり報道しないマスコミ、事実上何もしない政府の態度が気にいらないのもある。

 …って、中華料理店で紹興酒出されたら飲んでしまうんだろうなぁ…(´・ω・`)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/225-7e2ce77b

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。