野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党:沖縄は中国へ委譲?

 2ちゃんねるが発端で、現在各ブログが取り上げ始めている。

  民主党沖縄ビジョン【改訂】

 方向性としては、米軍基地縮小に合わせ、財政情勢が厳しい沖縄を如何に自立させていくかのビジョンだが、中国の影がちらほらして気持ち悪い。


10)自然や歴史等、沖縄の独自性を活かした交流促進に資する複合型観光・リゾート産業

 (前略) アジアからの外国人を含む国際型観光地および長期滞在中心の観光地への転換を図り、各種コンベンションなどを通して観光客のみならずビジネスマンや学生等も含め幅広い年齢層が訪れる「3千万人ステイ構想」の実現に取り組む。

15) ビザの免除、キャンペーンの実施等による東アジアとの人的交流の促進

 (前略) 地理的に近い台湾に対しては観光ビザの免除をするなどの入国管理の適切な運用によって、東アジアの人的交流の拠点を目指す。

26) 語学教育

 沖縄の地理的、歴史的、社会的特性を踏まえて徹底した英語教育を行うと共に、中国語などの学習も含め、沖縄の「マルチリンガル化」を促進する。

 2ちゃんでは「3千万人ステイ構想」に注目し、(泥仕合も含めて)意見交換されている。もっとも、それ以前に 130万人程度しか住んでいない沖縄に 3,000万人も長期滞在外国人を呼び込む神経が分からない。東京と同じような面積の所へ、東京の3倍の人口を詰め込む。そのくせ、環境保全も書いてるのだから笑えない。そんなに人口を抱えるなら環境破壊しなきゃできないだろう。全く何考えてるんだか。

 これがなぜ沖縄の中国委譲への布石になるかは、次の通り。

  (1) 3,000万人も送り込める外国は「中国」しかいない.
  (2) ビザが免除されれば、不法滞在外国人(中国人)が増える.
  (3) 国会で何度も話題に上る「外国人参政権」が将来施行される.
  (4) 中国語教育も進む.
  (5) 仮に 300万人でも中国人が滞在してればあっさり….
  (6) 中国傀儡知事の誕生.
  (7) 中国へ売却、譲渡化の布石が十分できる.

 勿論、(3)外国人参政権が国会を通過するのが前提だが、ここまで来るともう…。この政党は日本(人)の事を考えてない気がする。すべてを否定する気はないが、日本の国益からしても、このビジョンはまやかしが多い。

 全く見当違いの個人的な意見をいえば、一国二制度、独自通貨、自由貿易、時差はいいのではないかと思う。どうせ日本の国益を損ねるなら、琉球国として独立させたい。米軍基地もいらなければ、中国人もいらない。ウチナンチュー(琉球人)のため国家建立。でも現実的には絶対無理だろう。
 結局「自民=米国」「民主=中国」な訳で、沖縄の在日米軍はいい話を聞かないし(但し一部に経済効果あり)、中国はチベット侵攻で 100万人以上虐殺、情報封鎖下で民族浄化を今も行ってる国。これが介入する恐れがあるから、沖縄県民としては複雑だ。今回の選挙、沖縄県民はどちらを選ぶのか、ちょっと興味深くなった。

 情報収集中、古い話だがこんなのがあった。

  1000万人移民受け入れ構想 (月刊Voice 2003年9月号)

 少子化が進むから移民を受け入れようという安易な発想。子どもを如何に増やし、子育てしやすい環境作りなど全く考えていない。しかも、民主党若手議員達がこんな事を言うのだから目も当てられない。さらに反民主のホームページかと思ったら、当の民主党若手議員だから呆れてしまった。
 こんな事をしたら、中韓から大量に移民が来て滞在し、そこへ外国人参政権が認められたら、あっさり日本が転覆しそうな。連中は選挙に必ず行きそうだし。考えれば、マスメディアは中韓の悪い報道はかなり消極的なので、すでにその兆候はでているのかもしれない。

 もっとも自民党もアレだし、他の野党は問題外だし。選挙は行くとして、どこへ入れていいかさっぱりです(´・ω・`)

参考サイト)
  【民主党】3千万人の(中国人)外国人を沖縄に滞在させます!Part3 【2ちゃんねる】
  沖縄を日本から切り離して中国へ売り渡しますアジアの真実
  ※2チャンネルの方は数日で消えるかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/265-a6846c11

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。