野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国:農薬で養殖魚が大量死

  広東省:薬品汚染で魚が大量死亡 【大紀元】8/28

 日本のメディアが報道した記憶がなかったので、念のため一次ソースである広州日報を当たってみた。いやー、驚いた。初めて広州日報を見たが、社会面の半数以上が強姦、盗撮、暴行など性的事件で唖然としてしまった ( ゚Д゚)ポカーン
 で、結局、肝心の記事が見つけられずじまい(おい)。

 そこで、大紀元の中国原文記事から関連しそうな単語でググってみたら、中国の Yahoo!Newsでも取り上げられ、中には画像を伴った記事もあった。

  (中国語のためタイトル省略) 【四川在線】8/22

 四川在線だが中日翻訳した結果、大紀元の日本語記事がほぼ一致したので、多分事実だろう。ただ、大紀元が「農薬が原因」と断定しているのに対し、四川在線では「農薬の疑惑」と多少温度差があった(当然か)。


 この事件は、中国南部の広東省雷州市流沙港で、8月17日以降、養殖の魚が次々と大量死した。原因は港から300メートルを離れたハマグリ養殖場で使用された農薬ではないかとみられている。
 これだけだと小規模に聞こえるが、養殖池は 4kmにわたって 3,000以上あり、被害総額が 6,000万元(約7億8千万円)とかなりでかい。養殖魚はヨウジウオ、ハタ、イトヨリ、マグロなどで主に輸出用。残念ながら、これらが日本向けかまでは記載されていなかった。

 問題の農薬はプレスロイド系殺虫剤のフェンプロパトリン(大紀元ではフェンプロパスリンだがこちらの方がヒットする)。大紀元では「脊髄動物及び魚類に対して毒性が非常に強いものである。ヒト及び哺乳類動物に対しての毒性は弱いと見られるが、海外では厳しい農薬制限を設けられている」とあるので、安全なのか危険なのか今ひとつ分からないのでちょっと調べてみた。

  フェンプロパトリン乳剤 【(株)北興化学工業】

 ここの注意書きを見る限り、発ガン性、変異原性、催奇形性には問題ないらしい。ただ、環境影響に「水産動物に強い影響を及ぼすので、河川、湖沼、海域及び養殖池に飛散・流入する恐れのある場所では取扱はしないこと」…って、

 だめじゃん(´Д`)

 食品に残留する農薬等の限度量も魚介類は全くの想定外で、基準値がない。ある意味当然か。なんか、悪徳業者が捨て値で買い取って食品加工に利用されそうな気がするが、中国産ウナギよりはマシかもしれない。

  広東ウナギ:マラカイトグリーンで輸出一時停止 【中国情報局News】8/16

 こっちは明らかに人体に悪影響があるし。2002年は水銀、2003年、2005年は抗菌剤と中国産ウナギには本当に困ったものだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/271-a5ca127f

中国産コイ・フナからも発がん物質検出

中央朝鮮

  • 2005/08/31(水) 13:38:05 |
  • (売国奴ジャスコ岡田民主党党首)私の一言メモ

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。