野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞虚偽報道の発端

 新党結成に絡む朝日新聞の虚偽報道自体は「また朝日か」でそれほど驚かなかった。なので朝日新聞社の体質云々には興味がない。個人的には、あの朝日新聞を謝罪まで追い込んだ発端の方が気になった。そこで、田中知事の8月23日知事会見に注目してみたい。

 「虚偽のメモ」で記者解雇 誤った記事、本紙が掲載 【朝日】8/29

 その前に謝罪側である朝日新聞の記事がどう紹介しているかを見ることに。興味ある発端の方は「田中知事からの指摘を受けて社内調査を進めていた」とだけで済ませている。がっかり(´・ω・`)
 本紙には『「虚偽のメモ」経過報告します』の見出しがあることから、そちらへは期待できそうだが、少なくともネット版では詳細に報告する意思がないらしい。なんか渋々やっているのが見え隠れする。
2005.8.31 13:30追記
 記事公開翌日、『「虚偽のメモ」経過報告します』は朝日新聞サイトに公開されました。あちこちから指摘されたんでしょうか(笑)。
  朝日新聞社から
追記以上

 結局、一次ソースである23日定例会見を探すことにした。


  知事会見 【長野県公式HP】

 動画、音声、文書と整理されててびっくりした。始め、間違えて兵庫県の方を見たのだが、あちらは文書しかなかった。
 最初は動画を見始めたのだが、1時間22分もあって二度びっくり。ノーカットには感心した。どっかのTV局みたいに再編集されて誤解することもなさそうだし(おい)。ただ、あまりに長すぎてすべてを見る気力がない。そこで、文章と最初の 3分を比較。問題なさそうなので、文章から検証することにした。

  知事会見(衆院選について) 8/23 9:00?10:20

信州・長野県知事 田中康夫

 (前略)なお、1点だけ朝日新聞の方にご校正をお願い申し上げたいというか不快感を表明させていただきたいと思います。21日、日曜日の朝日新聞の2面には亀井静香さんのことですね「亀井氏は今月中旬長野県内で田中知事と会談し、国民新党など反対派への協力を要請したと見られている」とお書きです。そして昨日の新聞では同じく朝日新聞は3面で郵便局守るだけではとまさに郵政民営化を今の法律でしようと大変な決意を示される題字がついておりますがこの中で今月13日、亀井静香元自民党政調会長は長野県で田中氏にあったとございますがこのような事実は一切ございません。私は亀井氏と東京ではお目にかかっております。しかし、長野県内ではお目にかかったことはございません。私にはこの件に関して朝日新聞の方は、ぶら下がりも直撃の取材も含めてそうした機会は日曜日の5時の会見時にもですね、少なくともですね私がバスに乗り込む前にでもですねお聞きになることは十分に可能であったと思います。しかしながらこうしたご質問は私には一切ございませんでした。私はこのようにしてですね、事実が作られていくということには大変な戸惑いを覚えております。私は亀井氏とはもちろんお目にかかっております。そして私は小沢氏らにですね政党に関してですね相談をしたことはありません。あるいは私たちがお目にかかってお話はしてますが、このような政党を立ち上げるということに関してですね、小沢氏らに相談したことはありません。是非ともですね朝日新聞の長野総局長の金本 裕司さんは、名古屋時代や東京時代にはお目にかかったことがある優秀な政治記者でらっしゃいますから、是非とも私のことに関してお書きになるときはですね、無論電話がつながらないときもあるかもしれませんが、やはりこのような客観的な事実関係に関してはですね、是非ともこれはあの私も表現に携わってきた者としてですね、長野県内では亀井静香氏とは断じてお目にかかってない、そのことが2日間にわたって、1日目は伝聞推定で、2日目は断定の形でお書きいただいたということは、これは少し亀井氏に対しても失礼かと思います。

朝日新聞 鈴木逸弘氏

 そこの部分は朝日新聞としてきちんと取材してますが・・・

信州・長野県知事 田中康夫

 ですから長野県内でお目にかかったことは一切ございません

 ※動画なら 58分55秒あたりからちょうど始まります.


 朝日側が即答気味に「きちんと取材した」と反論しているのは閉口した。しかも不思議なことに、捏造記事を書き懲戒解雇処分された西山記者はこの会見に同席し、しかも発言まで行っている。そう考えると、この捏造メモ自体、本当に存在していたのか?とも疑ってしまう。
 朝日側の報道は(新聞記事の方は見てないが)、田中知事発言から処分決定までの経緯が全くないので他にいいソースはないかと見ていたら、こんな記事が上がっていた。

  朝日新聞が虚偽報道 新党結成、田中知事発言事実なし 記者を懲戒解雇 【産経】8/30

 ここに田中知事の会見後の様子が少し書かれている。同僚記者はその後、長野総局に報告していないようだ。さらに朝日新聞は、処分内容を29日夜に報道各社にファックス文書で発表。これに関する記者会見を放棄している。なんだかな。
 総合すると、処分発表にも時間がかかりすぎてるし、本社主導で記事を捏造、バレたので部下にすべて押しつけて事態収拾と、私にはただのトカゲの尻尾切りにしか見えないが、推測で物を書いてもしょうがないのでこの辺で。

 今回、記者会見を見て思ったのは、田中知事が端々で議会批判やマスコミ批判を行っている点。それと、メディアが知事の意見を全く取り上げようとしないところだ。記者の質問も大半が批判的だったし。考えれば、朝日の捏造問題についても、知事発言から他紙が焚きつけてもおかしくないのに、朝日新聞が謝罪するまで結局だんまりだったしなぁ。

 あと、動画を見て田中知事はちょっと見直した。殆ど原稿を見ずに発言を行っている。国会議員が答弁では原稿ばかりを見て、ちょっとツッこまれると、すぐに脇にいる人と相談するのとは大違いだ。いろんな風評はともかく、勉強をしてるのだけは素人目でもよくわかった。
 だからといって、新党日本を支持する気にはなれないのだが(´・ω・`)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/272-b8e274c1

朝日新聞の捏造体質

もう不思議でも不祥事でもありません。デフォルトです。恒例行事見たいんなもんです。  

  • 2005/08/30(火) 23:15:59 |
  • 神のいどころ

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。