野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞:「虚偽のメモ」経過報告をみて

050831_asahi.jpg 気になったので昨日、朝日新聞の同記事を譲り受けた(朝日新聞は買う気にならないので)。読んでみたら…、尻尾切りのイメージがますます膨らんでしまった。とにかく捏造メモを作成した記者を主犯とし「取り返しのつかないことをした」と述べさせ、長野総局、政治部はマニュアル通りで何もしていないと追求せず。なんだこれ?
 しかし、ツッコミどころ満載なんですが(笑)。

 なお、今日チェックしたら、経過報告が朝日新聞サイトにアップされていた。内容を比較したら、全く同じだった。昨日わざわざ紙面を手に入れる必要はなかったと思うとちょっと(´・ω・`)



 朝日新聞内部の調査内容には「車座集会の取材に行ったが、宿直勤務のため集会が終わる前に取材を切り上げ、田中知事に直接、新党に関する質問をしなかった」とある。
 そもそもの発端が 20日長野県塩尻市で開かれた車座集会で知事に直接取材したと虚偽報告し、さらに虚偽のメモを作り、そこから捏造記事が作られたことから、ここに焦点をあてるべきだろう。

 そこで塩尻市で行われた車座集会を調べ始めたら、本日アップされていた。

  車座集会「知事と語ろう 信州の明日」(第45回)

 残念ながら、他紙を含め記者の質疑応答は記録されていない。過去数回の議事録も見たが、市民と知事との地元密着の会話だけで記者会見は残ってない。終了後、個別に知事と記者が会話する可能性はあるかもしれないが、動画では壇上で終了していることからしてよくわからない。ただ、車座集会が終わるまで会見できないのはよくわかった。となると、「宿直勤務のため集会が終わる前に取材を切り上げ」は本当なのか非常に疑問が残る。

 集会が終わる前に取材を切り上げることは始めから会見放棄をしている事に他ならない。長野総局上司にしても、記者が終了前に上がるのを見れば、会見していないことはその日に明白ではないのか。さらに、この宿直勤務自体、早退の理由になるのか疑わしい。車座集会の開始は13時。だいたい2?3時間程度を考えると、宿直を理由に早退する理由がわからない。ならば、始めから別の記者を行かせるのが上司の判断ではないだろうか。一体何を考えているのだろう。

 そもそも、朝日新聞社は「複数の記者が互いに取材結果を連絡し合って、真相に迫る取り組みを日常的に行っています」と公表している。なると、他に記者がいなかったのかとも思ってしまう。反論として「今回のケースでは、そもそもの連絡内容が取材に基づかないものであった」とあるが、取材に行かせて、取材に基づかないはないだろう。メモを一人歩きさせて、いつの間にか論点をすり替えている。なんだこれは。

 私はジャーナリストでも何でもないのでこれ以上は追求しないが、20日の車座集会を洗い直すともっといろんな事実が出るのではないかと思う。例えば、本当に車座集会を取材した朝日記者は西山氏一人だけだったのか、早退の事実は本当にあったのか。これがひっくり返ると、捏造にさらに捏造を重ねることになるのだが。

 23日定例会見後の動きも見ても胡散臭い。会見後、「長野総局の金本裕司総局長が田中知事に直接会って確認を求めるよう西山記者に指示しましたが、同記者は取材しませんでした」とさらりと流しているが、本当に指示したのか疑わしい。

 会見のやりとりを見れば、他にも知事に反論した朝日記者がおり、異常事態であることはすでに明白だ。本来であれば、確認作業は金本裕司総局長自身がすべきだろう。なんで、すでに虚偽疑惑がある記者に再確認させるのか、組織の管理者として全く信じられない行動だ。
 「25日になって、県庁から田中知事が文書で回答を求めている」ということから、何もせずに、県庁から連絡がなければ無視するつもりだったのではないかとも推測できる。

 総合して、経過自体を捏造し、記者一人に騒動の責任を押しつけてるとしか思えない。

 1日経過したせいもあるが、他紙が本件について社説やコラムを書き始めた。

  社説:情報ねつ造 官僚的な対応は朝日の体質か 【毎日】
  産経抄 Page One Column 【産経】

 両社とも一記者による捏造には懐疑的だ。

 朝日新聞は本件に関し、記者会見をおこそうとしない。何か追求されてまずいことでもあるのだろうか。代わりに「信頼される報道のために」委員会を設置し、取材現場の実態や問題点を再点検するとともに、記者教育、取材方法を多角的に見直すと発表したが、これに読売がチクリ。

  新党結成巡る記事ねつ造、朝日新聞に抗議続々 【読売】

 「メンバーを外部から選ぶかどうかなども含め人選は未定としている」と指摘し、事実、現時点では朝日新聞社内だけで行っている。これでは到底無理だろう。

 なお、調査中にこんな記事を見つけた。

  記事訂正と謝罪を要求 朝日新聞に安倍氏 【Yahoo!/共同】7/25

 未だ揉めている自民党議員のNHK番組改編問題だが、『安倍氏は、自民党の公開討論会開催の呼び掛けに朝日新聞社が応じていないと指摘し、「塹壕(ざんごう)に入ったまま自分勝手な言い分を書き連ねているだけだ。これからも捏造(ねつぞう)記事が書かれる危険性がある」と批判した』

 まさにその通りになってしまったので失笑してしまった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/274-1724a6ff

朝日新聞記者記事ねつ造

 していいかどうかというよりも、

  • 2005/09/01(木) 01:42:12 |
  • プリンに抹茶と生クリーム

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。