野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左翼教員を都が戒告処分

  歴史教科書問題、授業資料で批判の教員を都が戒告処分 【読売】

 都教委によると、教員は中学3年生の社会科・公民の授業で、「表現の自由」をテーマとする生徒の作文をまとめた資料を配布する際、自ら書いた韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領あての手紙のコピーを添付したそうだ。その中で、都議や都議会が「日本の侵略戦争を認めていない」、「新しい歴史教科書をつくる会」の教科書を出版した扶桑社を「歴史偽造で有名」などと中傷。これを保護者が学校へ通報、今回の処分に至ったようだ。

 報道を見たときは「そんなもんか」とスルーしたが、実態を取り上げたブログを見て仰天した。

 ちゃんと調べるまでよくわからなかったが、戒告とは地方公務員法の懲戒処分の一種で、重いものから免職、停職、減給、戒告と一番軽い処分。さらに軽い処分として文書による訓告、口頭による厳重注意がある(ちょっと勉強になった)。
 手紙くらいなら厳重注意でもいいのでは?とも思うが、異例の早さで懲戒処分に至っている。この教師、過去に 2回減給処分、3回再研修を受けていた。なんかあるようだ。
 (※本記事では個人名を伏せているのであしからず)


  「足立16中 人権侵害事件」の真実を語るホームページ

 平成9年、この教師は足立16中で社会科を担当し、授業は反米教育を中心に行っていた、らしい。米国人を父に持つ女生徒の母親が、教師の配布した沖縄問題の資料を見て仰天。あまりに一方的だったので、教頭、校長、区の教育委員会に相談した(教員には相談せず)。
 それを知った教員は、その女生徒の母親を誹謗するプリントを授業中教材として配布し、母親を「アサハカ」と決めつけ、相談した事を「クラーイ情熱」「密告」と論評した。ショックを受けた女生徒は登校拒否から転校にまで追い込まれた。結局、教師は「絶対に謝罪しない。事実を言ったまで」と開き直り、訴訟まで発展した事件のようだ。

 ただ、このホームページが教師を一方的に中傷し、3都議員を賛美しているのが気にくわない。
 問題のプリントも「(中略)」が多く、フィルターがかかってる。本来なら、全文を上げ、重要なとこを色別などでピックアップすべきだろう。また、最初に女生徒の母親がショックを受けたプリント内容が一切公開されてないし、母親が何を根拠に相談したのか、女生徒が登校拒否に至った経緯が何もなく非常に不自然さを感じた。

 たしかにこの情報を見れば教師失格を疑う余地はない。私もこんな教師は憤りを感じる。しかし、情報が一方的だと真っ当な判断ができないのも事実。そこで、今度は援護側のページを検証することにした。

  *さんとともに平和教育をすすめる会 (*は教員名)

 あわわわわ。ダメだこりゃ。タイトルは「平和教育」となっているが、教育委員会や裁判の「戦う」記録になってるだけで平和教育が全くみえない。見る価値なしと思ったが、プロフィールに当教員の理念や、女生徒が相談したプリントの指摘があった。抜粋すると、

・東京も地震が心配だけど(こないと思うけど)沖縄の人もかわいそう。
先生から
地震は天災ですが米軍基地は人災です。

・日本は沖縄に関してアメリカの植民地みたいだと思った。アメリカは広いのだから、そこで軍事練習をしてほしい。
先生から
アメリカは財政赤字と環境問題のためアメリカ国内の軍事基地は閉鎖ないし縮小しています。

・あんな軍事基地があっても戦争があるわけでもないのに何のためにあるんだろう
先生から
アメリカ政府はアメリカの「国益」をおびやかす国があればいつでも戦争すると明言しています。そのために沖縄=日本の米軍基地は絶対に必要とアメリカ政府は言っています。

・米軍基地を作らせるのが悪いと思った。
先生から
沖縄の人達は、もちろん抵抗できる限り抵抗しましたが米軍は暴力(銃剣とブルドーザー)でむりやり土地を取り上げて基地を作ったというのが歴史事実です。

 ありゃりゃ。これ事実じゃないか (゚∀゚)アヒャ?
 これだけを見る限り、間違った事は教えていない。ただ、教師ならば何故そうなっているかも教えるべきだろう。これだけでは偏っていると言われても仕方がない。
 さらに米国だけでなく、中韓朝についても教えるべきだ。例えば「朝鮮人は日本が強制連行してきたのか?」と質問して、「あんなのは嘘だ」とちゃんと説明できる教師ならばいいのだが。無理か(笑)。

 他に考えさせられたのが、本人が書いた経緯(一部修正)。全文はここ

【平和教育への介入と弾圧】
*足立十六中
1997.06 米人と結婚している一母親が、中2・地理「沖縄県」の米軍基地授業を「反米偏向教育」と騒ぎ出す。私には全く秘密に区教委・校長・一部PTA役員らが連携、同僚教員らは、一母親におもねる

1997.07 上記連携を全く知らなかった私は、生徒から「あの電話連絡網は何?」という質問があったため、一母親が電話口で騒いでいるものと思い込んでいるので、それを前提に紙上討論プリントで彼女の非常識さを説明。

1997.09 一母親は娘に私の社会科授業のみボイコットをさせる

1997.10 上記権力に唆された一母親は、私を「名誉毀損」と提訴。私の代理人弁護士は、事態の本質を見抜けず、この母親に屈服するよう「弁護」活動をする

1997.12 一母親の娘は友人関係(部活)のトラブルが最終的引き金となり不登校になる

1998.03 森川金寿弁護士に代理人を引き受けていただき闘いの基礎ができる

1998.04 一母親の娘、転校。私が屈服しないため、母親はアセリ出す

1998.08 産経新聞によるバッシング・キャンペーンが始まる、議員(97年都議選で最下位選出)がシャシャリ出て都議会において「処分せよ」と凄まじいバッシングを始める

 この情報が正しいと仮定すると、97.07を見る限り、教師は生徒から全面的に疎まれていない。でなければ、生徒が教師に電話網の事を話すはずはない。逆に、母親の煽動で教師を孤立させる手筈を整えているのがわかる。また、この言い分をそのまま受け止めるなら、女生徒が不登校になった理由は教師と関係ないことになる。もっともどちらの言い分も情報不足で私にはどちらが悪いともいえない。

 一番よくわからないのは、この母親がなぜ最初に教師に抗議しなかった点だ。普通なら教師に直接抗議し、それでダメなら校長なり、教育委員会だろう。なぜ密談をする必要があるのかさっぱりわからない。そんなこんなで、最下位当選議員が何やら嗅ぎつけて…と考えると少々きな臭い。考えれば、この母親の素性が全くわからない。かなりの権力者とも思えてしまうのだが。

 勿論、これらは教師側の情報から分析しただけであって、生徒側から紐解けばまた違った見解になるだろう。

 他に興味深いのが研修内容。

  *さん裁判資料非公認版暫定ページ (*は教員名)

何が問題なのか、事由さえ説明されず、──彼女の場合、指導力不足等教員の手続きさえとられていない──研修室に閉じ込められ、三人の指導担当者から、「学校教育における子どもたちの心的外傷等に焦点を当てながら、子どもたちの心のケアの在り方について述べなさい」(二〇〇〇字)といった意味不明の課題について書けと命じられ、書いても突き返されるといういじめにあってきた。いったん上司から目をつけられると、思想を改造し、自尊心を失って肪抜けになるまで追いつめる教育行政。

 なんか、過去に取り上げた尼崎脱線事故:日勤教育を思い出してしまった。JR(国鉄)の労組いじめと構造が非常に似ている。こうなると研修の中身が何なのか非常に気になるところだ。


 両者の言い分を自分なりに分析してみると、今回はただの左翼系教員の弾圧だろう。正直、最初はひどい教員がいたものだと調べ始めたが、教師側の言い分も見ると少々考えさせられる。

 ただ、この教師は教壇を降りるべきだろう。人格的に何か間違っている。
 教師を続けるなら、一方的に自分の言い分を押し通そうとしすぎて周りがみえない欠点は絶対克服すべきだ。「足立16中 人権侵害事件」にしても、母親を攻撃する必然性は全くない。これもまた一つの考えとして、授業に取り上げ、子ども達に議論させるのが教師だと思う。
 スラング(汚い言葉)が多いのも気にかかる。戒告処分を聞いた本人の記事には引いてしまった(これ)。これではただのヤバい教師にしか見えない。それに自分は常に正しい、反対意見には耳を貸さないという短絡的姿勢がマイナス要素をさらにかき立てる。裁判でプライバシー侵害を言っているが、自身も相手の個人名を堂々とさらけ出すのもどうかと思う。とにかく教師として人格的に問題がありすぎる。こんな調子なので、保守系議員にいいように利用されてるのでは?とも思ってしまう。

 調査中いろんなサイトを見たが、左翼教師の問題がいっぱいあって驚いた(慰安婦問題が嘘だと言ったら内申を下げられたとか)。
 私としては社会科公民は教師が一方的に教えるのでなく、事実をしっかり考えさせるように教育して貰いたいと願っているが、娘が中学生になる頃、果たしてどうなっていることやら(´・ω・`)


参考サイト)
 偏向教育で戒告処分を受けた教師がHP上で処分を嘲笑アジアの真実
 ※記事を書くきっかけになったブログ記事です.
スポンサーサイト

コメント

日教組は日本教育のガンです

  • 2005/09/01(木) 16:05:51 |
  • URL |
  • メモ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/275-d0a63d0a

民潭、私立玉川学園に歴史教科書採択撤回求める

民潭新聞mumurブログ

  • 2005/09/01(木) 18:26:50 |
  • (売国奴ジャスコ岡田民主党党首)私の一言メモ

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。