野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ局上層部が民主党攻撃を命令?

 テレビでもたまに見かける政治評論家 森田実氏が 9月5日に自身のサイトで「テレビ・ファシズムの危機性高まる。投票日の 9月11日に向けてテレビと新聞による「小泉賛美・野党攻撃」の偏向報道の強化が「再び指示された」と、内部からの訴え」とタレコミ情報をアップしていた。
 ( ゚Д゚)ハァ?

 最近は政治評論家がでてくるTV番組はあまりみないので、実は森田氏についてはよく知らない。なので記事と同時に森田氏も調べることにした。


 まずは、タレコミ記事の抜粋。

  2005年森田実政治日誌[313]MORITA RESEARCH INSTITUTE CO.,LTD

 テレビ界ウォッチャーのQ君から電話がかかってきた。
 「9月11日の投票日に向けて、テレビ局の上層部から、現場に対して“民主党攻撃を強化せよ! 徹底的にやれ! 視聴者の偏向報道批判など問題ではない! 小泉政権を守れ! 何がなんでも勝利させろ! 放送法違反などという批判は気にするな!”との強い指示があったと、テレビ局内部の友人から知らせがきました。テレビ局上層部は“小泉首相を勝たせるためにはどんなことをしてもかまわない。誤報もおそれるな”という姿勢だそうです。おそろしいことになってきました。テレビ局は狂気です。ファシズムです。このことを国民に知らせてくれませんか。


 なんか凄い電波が入ってる気もするが、読んでて吹き出してしまった(笑)。テレビ局内部の友人が謎の Q君に話した内容だが、匿名に匿名を重ねているので信憑性が非常に低い。しかもこの書き方ではすべての放送局でやっているようにみえる。

 森田氏がなぜこんな情報を取り上げるのかわからない。自民党を負けさせようと必死なのだけはよくわかるが、それでは政治評論家失格だろう。他の記事も見たが、中立性が少なく、反小泉、反自民、反ブッシュ。打倒小泉に執念を燃やしている感じがありありと取れる。

 いろいろ調べてみたら、こんな過去が見つかった。

1950年代半ばくらい、全学連(当時日共)平和部長。
1957年に、当時の全学連執行部メンバーを引き連れ、日共本部へ行き「日共執行委員会全員罷免要求」を叩きつけ、クビにされる。
1958年、共産主義者同盟(Bund)結成時、島成郎書記長が「森田を入れなければ、Bundを作っても意味がない!」と、反森田派を恫喝。
1959年頃まで、森田実はBund、全学連の相談役的立場。


 どうも若い頃は左翼活動家だったらしい。納得。ただ黒歴史のせいか、本人の略歴には記載されていない。
 その後、出版社を経て政治評論家として独立した後はそれなりの評論家で自民党議員(野中氏、亀井氏など)とも交流があったらしい。当時は批判の言葉も一応の節度を保ち、感情を抑える術も心得ていたようだが、小泉政権になった途端に豹変し、反小泉の急先鋒に。

 その原因は諸説あるようだが、有力なのは「森田実が主催する森田総合研究所の発行図書が、2000年 6月を最後に政府機関から購入がストップされたこと」らしい。小泉政権後、自民党から情報が入りにくくなったというのもあった。

 これではどう見ても「私怨」にしかみえない。昔の血が騒いだのか、政治評論家が左翼活動家に戻っている。「じいさん、落ち着け」とちょっと言いたくなってしまった。

 そんな森田氏が朝日ニュースターで出した予想がこれらしい。

 ・広島では亀井さんの圧勝
 ・小泉(横須賀選挙区)は苦戦する
 ・民主党は220?225の議席を取れる。民主党が大躍進

 (´Д⊂ヽ; ダイジョウブカヨ...
 今回の選挙は高投票率が期待できるし、やってみるまではわからないが、、思いっきり私怨が入ってるようにも見える。

 森田氏といえば、「森田の法則」というのがあるらしい。

  「森田実の政治評論(予測)は、必ず逆の結果が出る」(世界の絶対法則一覧)

 なんだこれは(爆)。なんか自民公明の勝利になりそうな予感( ・ω・ )

参考サイト)
 政治評論家 森田実氏「野党が最後に大逆転、小泉首相は負ける」 【2ちゃんねる】
 チンピラ爺さん論談
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/288-d7243296

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。