野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国産海苔(のり)輸入解禁

  中国ノリ輸入解禁 閉鎖業界に風穴説も 【朝日】9/21

 すでに輸入が行われ、8月下旬からスーパーなどで販売されているようだ。
 確かに「安価」で「高品質」だろうが、記事には「安全」という文字はどこにもない。農薬漬けや環境汚染が進む中国産を信用するかどうかは、各の消費者次第だろう。ただ、過去半年だけでもこれだけの報道がある。


 情報源)中国情報局NEWS

  中国製食器がEUからノー連発、有害物質汚染の恐れ 9/21
  甘粛:農薬中毒で4人死亡、「疑惑のエンドウ豆」市場に 9/13
  制服品質問題:有害物質検出のベストや布を回収 9/4
  マラカイトグリーン:香港で台湾産アオハタから検出 9/2
  広東ウナギ:マラカイトグリーンで輸出一時停止 8/16
  ビールのホルムアルデヒド添加、新規則でも禁止せず 7/13
  乳製品:業界人暴露、「水銀添加」など問題山積み 6/17
  基準値超える防腐剤、薫製ハムの不合格率40% 4/5

 ちょっと取り上げただけでもこれだけある。環境汚染関連も、

  河南:「90%の子供が鉛中毒」激怒の農民が暴動 9/16
  環境保護総局:七大水系の水質は全体的に安定 5/10
   ※一見良さそうだが汚染が進んでないだけで浄化されてる訳ではない.
  環境保護総局:193都市が生活汚水処理率0% 6/7

 特に海苔の生産を考えると、最後の生活汚水処理率 0%というのが気になる。
 この記事には「3都市を国家環境保護モデル地区に指定している。江蘇省・張家港市、…」と今回の海苔生産地、江蘇省・連雲港市と同じ省だが、地図を見ると結構離れているので評価できない(一番上の緑の●が連雲港市。下の長江南岸にある太倉が張家港市)。

 中国が如何に汚染されてるかを象徴する有名なサイトはこれだろう。

  中国の7色に輝く河川と食品

 一見ネタと思えるのだが、写真は博訊新聞網の記事がソースらしい。ちなみに博訊新聞網を調べてみたがあまりよくわからない。反中共と、情報の信憑性(悪い意味で)は大紀元といい勝負らしい。本拠地は香港か台湾と思われる。

 これだけ中国の環境汚染、公害が進んでいるのにも関わらず、日本のマスメディアは全く騒がない。これは日中記者交換協定が深く関わっているようで、中国にとって都合が悪い報道は行ってはまずいらしい(中国を敵視しない、という条項が該当するのだろう)。違反した場合は中国から追い出されるそうだ。なんだかね(´・ω・`)

 勿論中国が環境対策や製品検査をしっかりやってくれればいいのだが、「ビール物質問題でメディアを処罰、告発者封じか」と情報封鎖に躍起になるのを見るととても信用できない。バレなきゃいい、という姿勢が見え隠れする。

 さて、話を海苔に戻そう。
 この海苔、「日本の商社が90年代初めから、人件費の安い中国に日本人の専門家を派遣し、ノリ養殖を本格化させた」というのが気になる。着手したのが10年以上前。中国の環境汚染が騒がれ始めたのは数年前からだ。環境が維持できているか少々疑問がある。
 「見た目は日本産と同じで黒々している」というが、過去に中国は白ごまにタール色素を塗って黒ごまにした、冗談みたいな事件があった(これ)。「味も変わりません」はさすがに食べてみないとわからないし、私は美味いニコ●●のりを食べたことがないので評価できない。
 ただ、消費者はともかく外食産業は飛びつくだろう。安価な中国産海苔に切り替えるのは目に見えている。中国産海苔を使ったおにぎりもこれから出回るに違いない。

 なお、朝日記事の最後にあった、閉鎖的な海苔業界の構造には驚いた。

ノリの入札に新たに加わるには数年申請を続けて待たねばならないなど、新規参入は厳しく制限される。一方、生産者が独自に高品質ノリを作って、入札会を経ずに高く売ろうとしても、商社や小売店との直取引は禁止されており、自由に販売できない

 ここまで締め付けを行っているとは。これじゃ、生産者は流通業者のいいなりだ。ちょっとでも品質が悪いと買いたたかれる理由がよくわかった。ただ、これからは国内生産者が海苔をネット直売できる時代になりつつあるので、大変なのは漁連と商社かもしれない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/303-10ad6247

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。