野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学研:乾燥状態から蘇生する幼虫を雑誌付録に検討

  驚異の「鉄人」幼虫、雑誌付録に 学研が採用検討 【朝日】10/13
  ※幼虫の画像(乾燥時、復元時)があるので虫嫌いの人は注意.

 この幼虫はネムリユスリカで、アフリカ半乾燥地帯に生息する蚊の一種。幼虫は水たまりに生息するが、一週間以上も日照りが続くと水たまりは干上がってしまい、幼虫は完全に脱水して乾燥休眠(クリプトビオシス)に入る生態がある。
 驚異的なのは乾燥休眠中、マイナス270℃の低温や 100℃の高温にさしたり、7kGyの放射線を照射しても、水を与えると蘇生する点だ。乾燥状態の休眠ユスリカ幼虫が17年後、水の中で蘇生したという記録も残っている。

 ちなみに朝日新聞の記事には「濃度100%のアルコールも、沸騰したお湯の熱さもへっちゃら」とあるが、検索した文献にはそのような記述はなかった。水分を与えて蘇生するのに、アルコールやお湯など水分はまずいのでは?と思うのだが、どうなんだろ?

 今回、この乾燥休眠中の幼虫が、小中学生向けの科学雑誌「科学のタマゴ」(1,680円税込)の「ふろく」に採用される計画が進んでいるらしい。来年5月以降に発売する予定の目玉企画にするとか。
 しかし、外来種の昆虫を雑誌の付録にして良いのか?という疑問がある。


 アフリカ産の蚊というとマラリアなど悪いイメージしかないのだが、調べてみるとユスリカは少々違う。普通の蚊と違い、動物や人の血を吸うことはない。街灯等に蚊柱を作る習性があり、魚の餌にされるアカムシはユスリカの幼虫だ。少なくとも人には害はない。
 生態系への影響も懸念されるが、現時点では独立行政法人・農業生物資源研究所(茨城県つくば市)の奥田隆・主任研究官がナイジェリアで採取した幼虫を研究室で大量繁殖させることに成功しただけで全くわかっていない。未知数だ。

 さすがにこれは懸念して、繁殖を避ける目的で幼虫に放射線を当てて不妊化するらしい。ただ、完全に不妊化できるかは疑問だ。放射線による不妊化は害虫ハエには有効でも、蚊には有効なのかわからない。それに不妊化及び商品化される場所にも左右されるだろう。
 農業生物資源研究所のようなしっかりした設備の整った場所ならともかく、中国に丸投げだったら目も当てられない。最悪、中途半端な不妊化による突然変異が懸念される(考えすぎ?)。

 付録の様子をみると「500円硬貨ほどの容器に乾燥幼虫8匹を入れる。水を加え、付属の顕微鏡で生き返る様子を観察する」とある。想像するに簡単な容器に乾燥幼虫が入っており、一匹一匹容器から取り出して、水を浸して顕微鏡にのせて観察。となると、なんか蘇生したのを見たら、そのままゴミ箱行きのような気がする。
 あくまでも蘇生がメインであって、その後は知らない。命を粗末にするような気がして情操教育上、あまりよくないと思うのだが。昆虫とはいえ、命を「商品」に仕立てているのが少々気に入らない。繁殖させない自信があるなら密閉容器みたいのも付属して、成虫まで観察させる用意はできないものだろうか。
 もっともまだ検討段階なので何ともいえないが。

 ちなみに記事では「学研側が同研究所の奥田隆・主任研究官に企画を持ちかけた」とあるが、これは微妙だ。
 検索をかけたら、こんな資料が見つかった。アグリビジネス創出フェア2004の講演内容らしいが、そこには「ネムリユスリカ乾燥幼虫の理科教材化」としっかり記載されており、1年以上前から奥田氏が商品化の相手を探していることになる。
 今年のアグリビジネス創出フェアが 10月6?7日であり、今回も講演があったのを考えると、参加していた学研担当者がたまたまこれに目をつけたのではないかと思われる。
 ただ、ネムリユスリカの休眠の原理を食肉や血液の新しい乾燥保存法に応用するのが本来の目的であり、交付金削減の現状を考えると、奥田氏にとって教材化による資金集めは必然的なのかもしれない。

 書いてて、最終的な目的は「人間の乾燥保存」かな?とふと思った。俗に言う「ミイラ」。意外とアフリカのミイラを水で浸したら蘇生したりして(笑)。

参考サイト)
 水で戻すと生き返る動物組織 【農業生物資源研究所】
 ※プレスリリース。成虫の写真あり.
 原子力試験研究の事前及び中間評価結果について
 ※No.14に乾燥休眠は放射線に強いというソースあり.
 ユスリカ ※ユスリカの一般的説明.
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/324-8a68adc5

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。