野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女系天皇?女性天皇?

 最近、「女性天皇を…」「三笠宮なんたらが疑問視」「後継は長子優先」と皇室関連の報道が続いているが、正直興味はなかった。国税で悠々生活し、皇族がどこかへ出かける度に大量の護衛やら交通規制やらで迷惑千万ではないか?と思ったこともあった。
 しかし、考えれば天皇についてまともに教育を受けた記憶がない。せいぜい歴史舞台の権力者として登場し、戦後はGHQにより象徴としてのみ存在するくらいだ。
 ところが、ある記事をきっかけに認識が変わった。例えば、

  「女性天皇」と「女系天皇」の違いは何か?

 以前は無関心なので気にもしなかったが、知ってみると興味深い。さらに知ると、小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」は、本当にこのままでいいのか?と考えざるを得なかった。


 「女系天皇」と「女性天皇」の違い。

 そもそも天皇家は初代から「男系」でずっと皇統が守られていた。即ち、平成天皇の父親、昭和天皇の父親、とずっと父親だけ辿っていくと最後は初代「神武天皇」までさかのぼれるようになっている。その間には女性天皇も散見するがこれは必ず守られていた。
 これとは反対に母親、母親とずっと辿っていくと初代にさかのぼれるのが「女系」。ようは、父親をさかのぼるか、母親をさかのぼるかである。

 これは皇位継承の原則で、都合良く「ここだけを母親」「ここだけを父親」という風にたどることは絶対ない。この原則を学んだ記憶はないが、かつての王朝や皇帝の系譜を考えるとこれは間違いないだろう。混在したらアウトだ。

 今の有識者会議の動きを見ると、

  ・長子優先により、皇太子>愛子様を天皇に.
  ・その流れで愛子様の子どもをその後継天皇に.

 ということになる。愛子様の子どもが天皇になれば、愛子様の旦那が男系を維持できないかぎり「女系」になる。これは皇位継承の原則から離れ、神武天皇から続いた天皇家は終わり、新天皇の誕生となろう。なんかパチモノくさい。

 今まで無関心だったので、世界から見た天皇の価値がよくわからなかったが、天皇は位でいえば皇帝らしい。しかも世界最古の王朝が天皇家。皇帝と聞くと威圧感があって偉そうだが、本当に偉いらしい。英国女王よりも米国大統領よりも偉い。外国へ行けばその国の一番偉い人が出迎えるし(思い起こせば確かにそうだ)、唯一同格なのはローマ法王だけとか。国際貢献も多く、中韓朝を除けば結構慕われているようだ。

 今回女系天皇を誕生させようとする、小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」。何を急いでいるのかさっぱりわからない。女系天皇の誕生は、世界最古の王朝が途絶える瞬間であり、各国の認識も変わるだろう。

 この有識者会議、構成員が皇室知識について素人に近い集団なのが気にかかる。特に座長の経歴は「産業技術総合研究所理事長、元東京大学総長」と、全くの畑違い。その人物が「我々は国民の代表だ。だから国民の意見を聞く気はない」「皇室の意見も一切聞かない。聞いたら憲法違反」とメディアに対し発言。しかも、密室に近く、メンバーの数名が女系を激しく推し、座長と共に暴走している噂もあり、もう何が何だか。
 メディアも女性・女系の区別が付かないのか、意図的なのかはわからないが、女性の天皇誕生を支持みたいに流しているし、小泉は皇統を潰したいのだろうか。

 もっとも、これが世の流れならば仕方がない。たいてい皇帝というものは内戦や戦争に負けて失脚するものだし、事実、第二次大戦の敗北で消滅してもおかしくなかった。ただ、世界に誇れる最古の王朝がこんな無知識な有識者会議で途絶えてしまうのか?と思うと何か忍びない。

 もし女系天皇が誕生したら天皇制廃止、宮内庁解散、税金投入中止の流れがでる可能性があろう。もう歴史ある「皇帝」ではないのだから。
 ただ、これが南北朝時代のように新たな政争の火種になる可能性があり、考えれば、天皇制は権力者を抑制する存在なのかもしれない。…となると、小泉を始めとする有識者会議は独裁者になりたいのか?とも思えてしまう。

 やはり、女系天皇は認めるべきではないだろう。愛子様が「女性天皇」として天皇になるのはいいが、次は男系が維持できる者に継がせるべきだろう(し、候補者は存在する)。

参考記事)
 天皇の価値(1)?(3)大人の無法地帯
 ※戦後の天皇について誰でもわかりやすく解説.

参考サイト)
 天皇家の万世一系(男系)による皇位継承という伝統を守ろう!
 ※メディアが伝えない女系天皇問題を扱っている.
スポンサーサイト

コメント

はじめまして。 日本ユニセフを検索してここに来ました。
ネットがなければなんの疑問も関心もなかった事ばかりです。
皇位継承問題はさっぱり分からず三笠宮寄稿でエ?と思ったまま
・・こちらでようやく問題である事に気付きました。
いや本当に勿体ない。法隆寺を撤廃して高層ビルを建てると言え
ば日本中大反対でしょうに。それ以上の損失と思いますが
仰るように天皇の事をあまりに知らない国民です。
もっと国民で議論しなくてはいけない問題を 一般認識のないまま何故結論を急ぐのか。他でht貼っていいですか。

  • 2005/11/15(火) 00:24:37 |
  • URL |
  • az #-
  • [ 編集]

はじめまして、azさん。コメントありがとうございました。
うちのへっぽこブログがお役に立ったみたいで嬉しいです(^^)

皇位継承問題はこのまま無関心でいいのか本当に疑問です。

女系天皇を推進する裏には、将来小泉(又は有識者メンバー)の家系の誰かを愛子様と結婚させたいのでは?とも思えます。これなら急がせる理由もわかりますし、歴史上、似たようなことはありましたし。
ただ、時間はまだありますし、国民の問題意識がそこまで高まればと思います。日本人なら理屈が判れば女系天皇なんてとんでもないと思うはずですし。

しかし、ネットを除くメディアが問題の本質を理解しても真剣に報道しない気がします。これは「のまネコ」のときに痛感致しました。ちょっと強引ですが「モナー=女性天皇」「のまネコ=女系天皇」に見えるのが(笑)。「のまネコ」はエイベックスという一企業でしたが、今回は小泉(政府)なので報道機関はアテにならないでしょう。

おかしな話ですが、反政府活動みたいに地道にやっていくしかないような気もします。

> 他でht貼っていいですか。

すいません。htがわかりません(^^;)
ただ、情報は共有してナンボと思っているので、リンクフリーです。

  • 2005/11/15(火) 10:22:13 |
  • URL |
  • tanukur #VgYZu9o6
  • [ 編集]

大正天皇も、明治天皇も妾の子。万世一系における父系というのは、
一夫多妻制ならではの話だったわけで、大正天皇が側室を拒否し、
昭和天皇が「天皇家も庶民の模範になるべき」と一夫一婦制を決めた
ことが、今日に至るすべての原因なわけですよね。

天皇家の伝統(=父系)にこだわろうとすれば、公的に天皇だけは
一夫多妻を認めるしかない。私としては、それでいいと思うけれど、
そうするんだったら、天皇を憲法から外してほしい。京都にでも
お帰りいただき、バチカンのような特区でもって、国家からは完全に
距離をおいて宮廷文化の伝統を維持しててくれればいいと思う。

そういうことではなく、あくまで国家の元首格、憲法上の存在として、
中身はよくわからんが、ハリボテでもいいから居てもらわんと困る、
という人たちにしてみれば、女系だろうがなんだろうが、とりあえず
目先の跡継ぎ問題さえ乗り切れれば、自分の責任は免れられるだろう
というのが本音じゃないかなと。

  • 2005/11/15(火) 14:02:57 |
  • URL |
  • ささら #C8ogtQH6
  • [ 編集]

はじめまして、ささらさん。
貴重なご意見、ありがとうござました。

一夫多妻制は盲点でした。やはり付け焼き刃程度の知識はダメですねぇ…<自分

憲法から外して特区に宮廷文化の伝統維持は、天皇について無関心な国民が多いですし、憲法改正にうるさい人達がいることを考えると現実的に難しいのではないでしょうか。もっとも歴史的に見て私はその方法がすっきりすると思います。

敗戦前なら側室や夫婦のあり方を天皇自ら決められたのが、一夫一妻制のまま、憲法下での政治的に束縛された現状では、昭和天皇の家系だけで男系を維持し続けるのはもはや無理でしょう。かといって、現在のシステムのまま男系を維持するなら、現在の天皇家をどうするか、新天皇家(旧皇族、旧宮家)をどうするかとこれはこれで問題でしょうし。

ただ、有識者会議も議事論旨を見ても、女系天皇を推す動きが強引にも見えるし、誰が何を言っているのかさっぱりで覆面会議ってのが。有識者という自覚があるのなら実名で議事録を残して貰いたいものです。そういうところにこの会議の胡散臭さを感じます。

やはり時間がまだあるので、しっかり議論して貰いたいところです。今の政権下では小泉首相の私的諮問機関提出だけに、国会に提出されたら ろくに議論されないまま通過しそうだし。私には責任逃れというより、どさくさまぎれに見えます(^^;)

  • 2005/11/15(火) 17:07:50 |
  • URL |
  • tanukur #kJdy8NvM
  • [ 編集]

皇室典範

有識者会議の結論は、いかなる議論を経ようとも、必然的に帰結する自明の結論。
現皇室典範が内在する矛盾を是正できる時が早期に来たことは、むしろ喜ばしい。
課題は、①女性、女系天皇の場合における公務負担の軽減。②皇太子、雅子妃殿下のご意向との水面下での調整。③日本国の象徴たるにふさわしい人格形成のための教育。
女系天皇と女性天皇の区別がつかない国民がいるかもしれないが、些細なこと、日本国民は、新たな伝統を作るべき機会を得たということ。人類には500万年の歴史があり、2000年という年月の重みは微々たるもの。
配偶者の問題は、難問であるが、雅子様の心痛を鑑みると、男系の縛りがなくなることで、この呪縛から開放される。もし、雅子妃殿下に今後、男子が生まれても、割り切ればよい。皇位継承の責任を負うカップルが幸福でより自由になる環境を創ることが、日本国民の願いである。
皇族の範囲の適正化については、頭脳明晰な専門家の裁量に任せたい。

  • 2005/11/25(金) 22:29:25 |
  • URL |
  • Yukihiro Hirose #-
  • [ 編集]

 はじめまして、Yukihiro Hiroseさん。

 個人的には男系を維持した上で、ご指摘の課題をクリアできるのが理想だと思いますが、さまざまな思惑を考えると現実的には難しいでしょう。

 女系と女性の区別がつかない国民が多いのは事実ですし、私も数ヶ月前はそうでした。いい機会なのでこれから国民が知ればいいと思います。その上で維持か、新たな仕組みか、各個人が考えを持てばいいのではないでしょうか。知らないのを良いことに新しい伝統を作るのは、どっかの国の行政みたいで国民をバカにしてる気がします。
 たしかに「人類」の歴史から見れば 2000年という年月の重みは微々たるものですが、「日本」の歴史から見ればかなり大きい。事に「人類」の伝統ではなく「日本」の伝統から考えると重いと思います。

 ただ、男系/女系ばかりに話が集中し(マスメディアは本質面より、こちらが好きそうだし)、他の課題がないがしろにされるのは非常に問題です。
 有識者会議も結論ありきではなく、日本国民からみて男系による利点と欠点、女系による利点と欠点を上げ、女系天皇の必要性を訴えればいいのですが、今のままでは強引すぎ、理解も得られないと思います。

 貴重なご意見、ありがとうございました。

  • 2005/11/27(日) 12:16:32 |
  • URL |
  • tanukur #Nzav08XU
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/353-393fbd6d

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。