野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xbox360:販売低調

 Xbox360は米国(11月22日)、欧州(12月2日)で先行発売され、いずれも供給不足を引き起こすくらい売れたらしいが、12月10日発売された日本では、当日お祭り状態だったにも関わらず、かなり売れていないらしい。

  Xbox 360、発売2日間で約6.2万台を販売【ファミ通.com】12/13

 大手新聞紙も一斉に取り上げているがソースはこれだろう。発売2日でわずか 62,135台だが、ブルームバーグではもっと厳しい見方をしている。

  マイクロソフト新ゲーム機Xbox360出足の売れ行き、出荷の3割弱?調査【Bloomberg】12/13

 調査会社の違いはあるが、さらに減って41,817台 (´・ω・`)
 エンターブレイン社(ファミ通)はマイクロソフト社から多額の広告料を貰ってるから、こっちの方が信憑性が高いかも知れない。集計店舗数の違いでこちらは少ないようだが、7割以上も在庫が残っているが凄い。他機種と比較すると、初代Xboxは12万3920台、GameCubeは13万3710台、PlayStation2は63万550台(10台未満切り捨て)を考えるといかに売れてないかわかる。
 原因はキラーソフトの販売延期を指摘する声が多いが、それでも数万台程度だろう。米国や欧州みたいに売れるとは思えない。個人的には価格と欠陥まがいのハードに起因しているように思う。


 まず価格。今の時代、ゲーム機に4万円は出せない気がする。確かに価格性能比で考えれば遙かに安いのだが、所詮はゲーム機。ソフトと合わせればもっと高くなる。
 売れないならハードの価格を下げてくると予想できるが、Xbox360はそうはいかない。

  「赤字価格」のXbox 360、原価はいくら?【ITmedia】11/24

 これによると、販売価格が399ドルに対し、製造費用が推定552.27ドル。1台売るごとに150ドルの赤字になる。勿論、調査会社の概算だし、1年以内で逆転しそうだが、赤字ハードをこれ以上値下げするわけにもいかない。
 個人的にはキーボードとマウスをセットにして、簡易PCとして売ればハードが普及するかな?と思ったがハードを売れば赤字ならまだできそうにない。
 また、同じ次世代機の PlayStation3も約4万円程度と噂される中、任天堂の Revolutionは2万円未満(ヘタすれば1万2000円)ではないかと予測されている(ソース)。
 アングラ系ではPSPにエミュレータを載せてファミコンやスーファミのゲームを遊ぶのが流行るのを見ると、高性能ハードとゲームの面白さは必ずしも比例する訳ではないと思ってしまう。

 次に欠陥ハード紛い。本体内部が加熱によりプレイ中ゲームが突然停止しまうことから、米国ではついに訴訟。欧州でも問題になり、マイクロソフト社は最初はノーコメントだったが最近になり「ごく僅かの製品だけ。問題あれば交換する」と発表した。ネットを見ると日本でも同症状から交換に応じるケースを見かけた。
 それだけならまだしも、どうも本体内部のファンの音が「ブーン」と、うるさいらしい。
 さらにこんな動画が公開されていた。電源投入後、DVDメディアを入れて、縦置きのXbox360を横にすると「ガガガガ…」という音が。トレイを開けて見ると、DVDに傷が…。まぁ、こんな使い方はしないと思うが、縦置きしててプレイ中に何かの拍子で倒れると、ディスクが傷だらけになる可能性があることを示唆している。
 なんか情報を集めれば集めるほど、とんでもないゲーム機に見えてしまう。

 2ちゃんねるではソフマップでのネット販売見守るスレが立っていた。発売開始当初 310台あった Xbox360は4日経った現在298台。1割も売れていないって(笑)。来年春には大手メーカーのタイトルも揃うが、その頃には PlayStation3が店頭に並ぶ頃で、初代Xbox同様、日本では負けるような気がする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/382-b5aaaf58

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。