野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉歯以外が構造計算したとこは?

 今度はこれが気になったが、なかなかわからない。現時点で表明しているのがここ。

  (株)塩見
  (株)中山構造研究所

 これ以外が公表されていないのでわからないが、「構造計算書偽造問題に関する「三交イン」の対応について」をみると、「(株)構造計画研究所」が、平成設計の設計で構造計算を行っていたのでこれも該当するだろう。ちなみにここには(株)塩見も記載されていた。

 12/15に読売で、「木村建設の構造設計、「姉歯」以外2、3社に集中」という記事があったが、塩見と中山構造研究所は間違いないだろう。耐震偽装が見つかった西鉄インの「西鉄インチェーンの安全性について(続報)」をみると、塩見と中山構造研究所が強く関わっているのがよくわかる。逆に考えれば、こういったところからバレるのを懸念して、早急に表明したような気もする。

 塩見、中山構造研究所は、ともに「うちは大丈夫」「姉歯は技術不足なだけ」というふうにしか聞こえないが、こんな記事が。


  耐震強度、「どの調査信じれば?」 結果の食い違い多発【朝日】12/19

 耐震偽装があった「サンホテル大和郡山」を調査した結果が興味深い。

  ・47% 奈良県(行政)調査
  ・94% 日本ERI(民間調査会社)再調査
  ・63% 総研ビー・エイチ企画(建築主)調査

 3つともバラバラ。2倍も違う結果がでるのは、建物にかかる地震の力の解析方法が違うせいだという。奈良県が立体的に地震の力がかかる解析を行っているのに対し、日本ERIは縦、横方向だけで解析したという。一見、日本ERIが雑に見えるが法的に問題はなく認められるらしい。
 これって意味あるのだろうか?。言い換えれば、塩見や中山構造研究所も日本ERIと同じ方法でやってないか?と思ってしまう。ようは、建物の耐震強度が優れているのではなく、耐震強度を計算する方法が合法に優れているだけではないのかと。「この計算方法でやれば1.0以上になるでしょ。だから安心」ならシャレにならない。

 法的再整備を余儀なくされている国交省だが、まず耐震強度計算を統一しないとまずいだろう。そうでなければ民間調査なんて誰も信用しなくなるような気がする。少なくとも、日本ERIはアテにしたくない。

 先ほど挙げた西鉄インでは、


 西鉄インチェーン8ホテル(建設中の博多を含む)のうち、木村建設または平成設計が関与した6ホテルについて、耐震強度の再確認を第三者機関に依頼し調査しておりました。
 このうち天神・小倉・日本橋・新宿は12月12日に「構造計算書の改ざんはない」、「構造計算の再計算の結果、耐震強度に問題はない」との確認ができたことをすでにお知らせしておりましたが、本日までに6ホテル全てにおいて同様の確認ができましたので改めてご報告いたします。

 と安全性を訴えているが、「どこが調査したのか」がさっぱりわからない。加えて、プレッソインにあった調査後の耐震強度すらない。言い方は悪いが、本当にちゃんと調査したのか疑問だ。
 これで「何卒安心してご利用いただきますよう、よろしくお願いいたします」と言われても利用する気がしない。

 それにしても今回の騒動で、姉歯以外の構造計算を行う企業の株価が凄いことに。

  (株)塩見ホールディングスの株価
  (株)構造計画研究所の株価
  日本工業検査(株)の株価

 耐震偽装報道からどこも軒並み急上昇。日本工業検査(株)に至っては半月で株価が約7倍も上昇した。その後、姉歯以外の構造設計もあると報道された途端に急降下しているのが何とも。株価は正直だと思う。

《2005.12.19》追記

 アップ後、「(有)鏡設計」(宮崎市)の関与が報道されていた。ホームページはない模様。
スポンサーサイト

コメント

荻島耐震偽装問題

http://moca555.blog95.fc2.com/blog-date-200805-1.html

2006年03月16日
埼玉の事務所もデータ偽造 基準満たすが建設中断

札幌市のマンションの構造計算を担当していた埼玉県内の設計事務所が、マンション2棟の構造計算書のデータの一部を改ざんしていたことが発覚、マンションの建設が中断していることが3月16日、分かった。
再計算の結果、耐震基準は満たしていたため、市は建築基準法違反はないと判断、物件や業者名は公表していない。
事務所は札幌市を中心に、過去10数年で約100棟のマンションの構造計算にかかわったという。

2006年03月19日
札幌、埼玉の元請けは同じ 構造設計は下請け扱い

浅沼建築士は中高層建築の設計資格がない2級建築士で、
埼玉の男性は建築士資格そのものを持っていなかった。
元請けの事務所代表はいずれも資格を確認していなかったことを認めた上で、
「実績があったので頼んだ。構造計算書をすべてチェックするのは物理的に不可能」
と反論している。
http://topics.kyodo.co.jp/feature10/archives/2006/03/index.html

  • 2007/03/21(水) 09:48:56 |
  • URL |
  • 構造計算書偽造 浅沼 荻島 #xPy6jVsQ
  • [ 編集]

 昨年の報道ですが、情報ありがとうございました m(_ _)m

  • 2007/03/24(土) 12:08:08 |
  • URL |
  • tanukur #VgYZu9o6
  • [ 編集]

 リンク先、読ませて戴きました。ありがとうございます。

 (そんな気はなかったのですが)まるで過去の事のように、さらりと受けたと思われましたら、お詫び申し上げます。

 国交省の対応を見る限り、耐震偽装はなくなりそうもないし、そういった物件を購入してしまった方々は本当に報われるのか、つくづく疑問に思いました。

  • 2007/03/26(月) 22:22:07 |
  • URL |
  • tanukur #VgYZu9o6
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/386-a8f18d28

塩見(設計社)柱の代わりに耐震壁を使う手法で偽装否定

「塩見(設計社)柱の代わりに耐震壁を使う手法で偽装否定」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み...

  • 2005/12/19(月) 18:53:30 |
  • ブログで情報収集!Blog-Headline

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。