野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二回 全国統一オタク検定試験

 本日発売のオタクエリートに「第二回 全国統一オタク検定試験」がついているらしい。アキバでは24日頃からすでに発売されたものの、第一回ほどの勢いはない。

  第2回オタク検定 合格率は高いかも(=オタクエリートが売れてないぽい)アキバblog(秋葉原ブログ)

 ここが一番詳しい。アキバの書店で売れてないとか、第一回合格率がわずか6.2%なのは点数に関係なく、上位100人を合格させただけとか、オタクライターにお叱りを受け、書籍紹介文を「こっそり」修正したとか(´・ω・`)

 それにしても表紙が民主党・鳩山由紀夫、66ページしかないのに 1,200円(+税)じゃ売れないだろう。第一回の雑誌(580円税込)と比較すると違和感ありまくり。



 もう表紙で終わってる気が。せめて背景を秋葉原の風景にするとか出来なかったのだろうか。まだ、第一回の雑誌の方がマシな気がする(あくまでも比較論で)。
 政治家(著名人)とオタクを繋げる事がエリートなのかは知らないが、素人から見ても方向性が間違っているような気がする。オタクが偉い人の意見に興味を持つとは思えないし。経営者がオタクをキーワードに政治家に取り入りたかったの?と思ってしまった。

 脱線失礼。
 第二回オタク検定だが、問題は「ライトノベル」「漫画誌史」「家庭用ゲーム機」「アニメ・特撮ロボット」「同人誌」「アイドル」「交通」と多岐にわたり、オタクエリート(1200円+税)を購入後、綴じ込み付録の用紙に回答後、80円切手を貼って投函。正答率と投函日(早いほど有利)で合否が決まるらしいが、厳密な基準はない。クレームもお断りになっている(第二回検定試験概要)。
 今回も公開模擬試験があるが、正解は掲載されていない。自分でざっとやった限り、推定50点くらい。au版オタク検定もあり、こちらは20問で 100円+税。ただ、問題がすべてオリジナルではなく、過去の問題も出題される。問題をわざわざ公募するくらいだから、底は結構浅いのかもしれない。

 第一回は合格率から 1,613通の応募があった事がわかるが、今回はどうなることやら。応募が100通以下で全員合格なんてなければいいのだが。今の路線でいくなら第三回はないかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
ネタとしてトラックバックいただきました。
報告まで~。

  • 2005/12/30(金) 17:32:10 |
  • URL |
  • teru_poo #-
  • [ 編集]

 こんにちは、teru_pooさん。トラックバックありがとうございました。

 後日、オタクエリートが書店にあったので立ち読みしてみたら、「純メイドコンテスト2005」しか読むところが(おい)。
 勿論、買いませんでした(^^;)

  • 2006/01/04(水) 18:10:37 |
  • URL |
  • tanukur #VgYZu9o6
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/391-9fa2106a

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。