野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府、出産無料化を検討?

  出産無料化を検討、少子対策で政府【読売】1/13

 少子化対策の一環として、入院を含めた出産費用全額を国が負担する「出産無料化」制度導入の検討したようだ。

 今までは、母親か配偶者が加入する健康保険組合など公的医療保険から「出産育児一時金」として30万円が支給されていた(2006年10月から35万円に改正予定)。

 これを見ると、保険料で行っていたものを税金に置き換えただけにしかみえない。国と保険が両方貰えるとは到底思えないので、「出産育児一時金」がなくなるような気がする。さらに「全額」というのも気になる。これ、ザル法にならないか?
 記事によれば出産費用格差も気になる。旧国立病院では平均317,000円かかるのが、民間調査だと平均約39万円。全額負担ならわざわざ安いところを選ぶ理由はなく、何かとんでもないことが起こりそうな気がした。

 保険料による「出産育児一時金」を40万円程度まで引き上げればいいだけの話な気もするのに、税金ばらまきを模索。少子化を良いことに、保険庁、産院業界、某団体などの思惑が見え隠れするのが何とも(´・ω・`)

 そこで出生率でなく、出生数はどうなのか気になって調べたら驚いた。実は出生率低下とは裏腹に、出生数はここ15年はほぼ横ばい状態。

  人口動態総覧の年次推移

 昭和48年(1973)の 2,091,983人をピークに減少を辿り、平成16年(2004)の 1,110,721人と比べ、半分強まで下がっているが、その11年前の平成5年(1993)の1,188,283人と比べると大して変わっていない。平成元年以降は 110?120万人で安定している訳だ。

 おそらく、出生率が顕著に低下しているのは、計算式が原因だろう。
 ここによれば、出生率は『妊娠が可能とされる15歳?49歳の全女性を調査対象として、各年齢層ごとに子供の出生数を、女子人口で割って出生率を算出し、さらにそれを合計して「生涯の出生率」を算出する』とある。終戦直後の日本は「産めよ増やせよ」状態で、多産するケースが多かった。こういった人達が高齢と共に計算式の対象から外れ、代わりに未婚や子どもを持たない夫婦が増えれば勝手に下がるは自明だ。
 たしかに出産無料化は少子化対策になるだろうが効果は微々たるものだろう。放っておいても、15年前から出生数が安定しているので、出生率は今後「勝手に」横ばいになるのは明らかで、政府はこれをもって「少子化に歯止めがかかった」とか自慢げに言い出しそうだ。なんだかね。

 そもそも内閣府に少子化男女共同参画担当大臣まで設置しているのにこの程度の政策しかできないのは情けない。少子化の主な原因は出産費でない。未婚、晩婚化もそうだが、既婚者でも金銭的にも精神的にも育児が大変なので産むに産めない(増やせない)のが実情だろう。単にカネをばらまくだけでは解決しない段階まで来ているような気がする。
 なお、「少子化」よりも「男女共同参画」にやたら予算をつぎ込んでるのも驚いた。

  男女共同参画会議(第16回)議事録内閣府 男女共同参画局


○名取局長 平成17年度概算要求の全体像を御説明させていただきたいと思います。始めに総額でございますが、総括表の3ページ目をお開きください。表の一番下に「総合計」欄がございますが、真ん中の17年度概算要求の括弧なしの数字が一般会計分で3兆1,584億円、丸括弧付き数字の特別会計分が7兆4,703億円、二重括弧付きの数字の財政投融資分が3億円で、総額10兆6,290億円となっております。総額9兆9,210億円の16年度当初予算から7,080億円の増額となっております。(抜粋)

 男女共同参画に毎年予算10兆円!。国民一人当たりなんと約10万円。男女共同参画を反対する気はないが予算かけすぎじゃないのか?。無論、これには抜本的な少子化対策予算はない。
 よく見ると『「高齢者等が安心して暮らせる条件の整備」が一般会計、特別会計及び財政投融資分を全て合わせて8兆9,547億円』」ということから、男女共同参画が女性の為というより高齢者のためなのがよく分かる。
 なんだろう、これは。少子化対策と叫ぶわりに、高齢者ばかりを厚遇。こういった無能な政策がますます少子化を加速させているような気がした。

参考スレ)
 【超少子化】 「出産無料化」検討、少子対策で政府(ν速+@2ch)
 ※こちらの方が内閣府より少子化を考えているような(笑)。
 ※以下、適当に抜粋(一部編集しています)。


57 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/01/13(金) 03:51:30 ID:tjSPjlEU0

共働きで育児が大変なのに出産費用補助ってw
世間との感覚が相当ズレてるんだな。


124 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/01/13(金) 04:47:51 ID:W3WTsyvx0

漏れが思うに今の世の中
少子化に拍車が掛かってるのはカネだけじゃ無いと思うんだよなぁ
まともに子育て出来ない人
いわゆる子供がそのまんまでかくなった人が自覚して
少子化に繋がってると思うんだがどうだろか
子供が出来たので離婚なんてのもかなり多いし
うちの近所はシングルばっかりだよ


131 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/01/13(金) 05:00:28 ID:fZzeK7qgO

子供にかかる最低限の費用は、政府がサポートする。
不妊治療や妊婦検診、分娩代。
産んだら、医療費を中学生まで無料、保育料の軽減(今払っている金額の九割を、
国と都道府県と市町村負担)、教育費は大学まで公立は無料。児童手当月2万。

までやってくれたら、もう一人ほしいが、そんなことやったら、
税金がとんでもないことになるか、国が破綻するな。

143 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/01/13(金) 05:06:49 ID:3PSikaANO

>131
いつか創価党が主張しそうだよな


159 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/01/13(金) 05:15:08 ID:MuiwWEze0

少子化の原因を、社会全体の問題ととらえずに、
安直に出産コストの問題に転嫁してしまう政府の無能に呆れる。
やはり、こいつらに任せておいてはいけないのだという思いがさらに強くなった。
うちは今新婚2年目で、子供を作るかどうか、作るならいつにするかといったことを
夫婦で話し合っているところであるが、借金を次世代に押し付けることしか
考えていない今の日本政府のもとでは、子供は持たないほうがいいのではないかと
ひしひしと感じる。


294 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/01/13(金) 07:46:13 ID:ekOMzRCV0

出産費用の補助や児童手当を手厚くするのは、DQNの出産を奨励するようなもの。
むしろ、高校や大学入学時の補助金を増やすべき。
優秀な人間じゃないと補助は受けられないという意識が浸透すれば、
さすがのDQNも産み控えるだろう。その後押しとして、中絶費用補助制度の新設。
目先の金にとらわれやすい貧困DQN層は迷わず中絶の道を選び、
自然に淘汰されていく。

318 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/01/13(金) 08:10:10 ID:GeBZRe/s0

>>294
あ、これ賛成

高校、大学の授業料高すぎ。
特定控除をなくして、子供の入学金と授業料だけでも控除してくれる
ほうがありがたい。

340 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/01/13(金) 08:31:44 ID:S4qeRYwh0

>>294
でもさ、DQNって高校以上の学費のことなんか考えて子供産まないよ、
「出来た、産む、何とかなるだろ」、せいぜいこの程度の思考、あいつら
こうしたらこうなる、っていう想像力が欠如してるんだからさ。
でもまぁ、高校以上の学費を優秀な人間に限って免除するというのは
賛成、あとはニートへの生活保護を禁止ないし現状の手当の半額以下
にする案も併用して欲しい。


299 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/01/13(金) 07:51:13 ID:T3ipzUm90

若年夫婦のためとか働く女性のためじゃなく、
働く20代?30代男性のための政策考えて欲しい。
データから見れば結婚をためらうのは男性の方が多いのだから。


333 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/01/13(金) 08:20:57 ID:vyI1oiZ00

親自身の将来的な不安
 子供の教育費が年を取るごとに右上がりに増大になっていくのが
 わかっているのに、収入は増える見込みが無い。
 むしろ、企業は、一番子供にお金がかかる時期になると
 リストラなどを行う。
 リストラを免れても、単身赴任など個人に負担をかける人事を行う。


335 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/01/13(金) 08:22:01 ID:h2XUx6Cl0

小泉は盛んに「改革には痛みが必要だ」というけど、
痛い改革されてるのは庶民だけで、上流の方々は痛くないどころか
どんどん裕福になることばっかやってるよな

庶民は「改革」に、ゴミな議員や木っ端役人をムチでしばくことを期待してんのに、
実際には、庶民がムチでしばかれてる。自分で選んだ政党にw
アホかw


350 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/01/13(金) 08:40:35 ID:T3ipzUm90

前にも提案されてたけど、
中絶することで何らかの税負担をしてもらって、
それを子供の難病治療費にまわしたり、少子化対策費用にするというやつ。
現実的にはこれが一番有効だと思う。

351 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/01/13(金) 08:42:17 ID:bNRKahwU0

>>350
現状でも中絶闇医者が横行してるってのに。

352 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/01/13(金) 08:43:11 ID:igv08FPF0

>>350
中絶する連中が、まともに税金払っていると思ったら大間違い。
費用踏み倒しってのもそう珍しくないんだぜ。


389 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/01/13(金) 09:11:19 ID:4qpDoxii0

こんなのより女性の婚期が遅くなってるんだから
高齢出産(?40)時の補助と心のケアーに予算使った方が良いよ。
子供が欲しいけど生むのが怖い人だっていっぱいいる。
収入も多少は安定している層だし子育てもちゃんとできる。


406 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/01/13(金) 09:27:48 ID:OI7iUagQ0

 出生率を語る前に、異性と正常なコミュニケーションを取れない人たちを
 再教育してあげてください・・・

いやマジで。
電車男のヒットとか、ある意味背筋が寒くなるよ。


421 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/01/13(金) 09:41:15 ID:NvRFLOeK0

出産費用すらままならない夫婦がボコボコと子どもを産んだらどうなるよ?
産んでからの養育費や教育費はそれ以上にかかるのに、政府ってバカだね。
それに、育てるのって金銭面だけじゃなく精神面でも大変ってこともわかってないよなぁ。


437 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/01/13(金) 09:57:25 ID:tq1IPEjS0

一方では女性に社会に参画せよと言っておいて、もう一方ではドンドン
子供を産みなさいと言う。当の女性は出産育児に家事、社会参画と、
目の回る忙しさ。で結局手を抜くのは家事育児。子供を他人に預けて
愛情をかけず、生産されたDQNが社会不安を撒き散らす悪循環。


483 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/01/13(金) 10:47:05 ID:L/7spwk/0

出産費用なんて一時的な負担を軽減しても、出生数の回復までには至らないんじゃないかという気がする。
子どもが欲しい人はそりゃあ助かるだろうけど、欲しくないと思ってる人が考えを変える
(子どもを生み育てていこうと思う)かどうか。。。

子育ての過程で本当にカネがかかるのは、子どもが就学年齢になってから。
とくに高等教育費用。
現に就学援助や奨学金を受ける学生は増えているし
経済的な理由で高校や大学を退学するケースも増加中。
旧帝大に入学する学生の家庭は、高収入層が大部分であるというのも旧知の話だ。
だがこのうえ独立法人になった国公立大学は学費値上げを検討中という。。。
「大学は金持ちが行くところ」というのはまさに戦前と同じ状況だ。
某経団連会長の発言を引くと、一握りの人間以外は「餓死しない程度に生きていける」人間ばかりの社会が到来する。

そんな未来が見えていながら子どもを持とうとするのは
自分がその「一握り」の枠内にいるか、何も考えていないか、どっちかだ。
まれには、生まれてくる子に未来を託し、自分も親として社会の構成員として
現実と戦う覚悟のある人がいないとも限らないけれど。。。


60 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/01/13(金) 03:53:11 ID:B91JfTt60

役人って動きが鈍い代わりにもっと先や根本まで見てると思ってたんだけど
この2ちゃん以下のレベルの泥縄対策しか出してこないのは何故?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/402-8bb21391

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。