野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゆとり教育」中教審部会:報道が割れる

 同じものに、タイトルがここまで違うのは珍しい。

  中教審、「ゆとり」見直しの報告・国語と理数充実求める【日経】2/13
  「ゆとり教育」転換見送り 中教審部会、現行指導要領を堅持【産経】2/14

 小中高校の学習指導要領見直しを検討していた中央教育審議会の教育課程部会が13日に審議経過報告をまとめたのだが、日経が「見直し」、産経が「見送り」と報道。

 実際はどうなんだ?と気になって、ソースを求めて文科省へ。


  教育課程部会(第38回(第3期第24回))議事録・配付資料

 すでに議事録がアップされていたが、公開されていたのは配付資料のみ。実際、どんな議論が行われたかはわからない(´・ω・`)
 資料をざっと読む限り、教育課程部会のこれまでの主な意見(PDF形式)は、名前の通り主な意見が箇条書きにずらずら並べられいた。内容も問題点の指摘で、具体的な解決策はなかった。
 この意見を元にまとめたのが教育課程部会審議経過報告(案)(見え消し修正版)(PDF形式)だが、ちゃんと反映されているかは疑問だ。しかも、経過報告とあって、具体的な解決策、対応は見送られている感じがする。

 結局ここから何を取るかで、新聞記事が幾らでも変わるという事はわかった。なので、日経と産経は意見が分かれたのだろう。
 ただ、配付資料を読む限り、産経が言うように「ゆとり教育」転換は望めない気がした。これは「1.教育課程をめぐる現状と課題 (2)現行の学習指導要領の考え方」から伺える。


○ 小学校・中学校で現行学習指導要領が全面実施されて既に4年が経過しようとしているところである。しかし、この間、平成15年10月の中央教育審議会答申(「初等中等教育における当面の教育課程及び指導の充実・改善方策について(答申)」)が指摘するように、各教科等の指導においては、指導に必要な時間が確保されていない事例や、総合的な学習の時間で身に付けさせたい資質や能力等が不明確なままで実施している事例、子どもの主体性や興味・関心を重視する余り、教師が子どもに対して必要かつ適切な指導を実施せず、教育的な効果が十分上がっていない取組など、学習指導要領のねらいを十分に踏まえた指導がなされていない取組も見受けられたところである。(平成15年12月には、同答申に基づき学習指導要領の一部改正が行われた。)

○ このように、各学校において、学習指導要領のねらいを踏まえた取組とそうでないものに分かれている状況がみられるのは、国や各教育委員会において、現行学習指導要領のよって立つ背景や、これを踏まえて学習指導要領が基本的なねらいとしている点等について、各学校や国民に対する周知が結果として不十分であったことが、その一因であると考えられる

 中央教育審議会に言わせれば「ゆとり教育により学力低下を引き起こしたように見えるのは、教師の指導不足であり、学習指導要領の狙いを理解していない、学校や国民が悪い」と言いたいらしい。


○ 我が国の教育は、国際的な学力調査でも全体としては上位にある。また、学力低下への懸念にこたえるべく各学校において基礎的事項を徹底する努力が行われ、一定の成果が現れ始めている。我が国の学校、教師、子どもは、大きな力を持っていると考えられる。学校、教師、子どもが本来有している力を十分に発揮することができるようにするとの観点に立ち、学習指導要領全体の見直しを進めることとしたい。

 だから、最後にはこんな事も言うのだろう。まったく危機感がない。
 個人的には失敗しても、そこから学び、次に活かせればいいと考えているが、連中にはそれがまるでない。教師が適切に指導できない、各学校や国民に対する周知が不十分とし、中央教育審議会には問題がないという姿勢はおかしい気がする。
 こういう連中に、子どもの将来がかかってると思うとなんだか複雑な気分だ(´・ω・`)

 100マス計算で有名な先生が「詰め込み教育でゆとり教育の精神には、そぐわないのでは?」に対し、「今詰め込んであげないと(生徒自身の)人生にゆとりが無くなってしまう」というのは有名な話しで、詰め込み教育を受けた自分からすれば、(比較論で)ゆとり教育よりはマシだと思う。このまま進めば、教育の二極化が進むような気がした。

参考スレ)
 【教育】「ゆとり教育」転換は事実上見送り。中教審部会、現行指導要領の理念を堅持(ν速+板@2ch)
 ※以下、スレから個人的に気になった意見(一部読みやすいよう修正)。


65 名前:名無しさん@6周年 2006/02/14(火) 10:26:30 ID:QKNEDmqT0
------------------------------------------------------------------------
ゆとり教育
1%に満たない天才の才能を伸ばす為
99%の凡人に「60点以上を40%程度達成」の教育を施す。
継続するなら大学の改革を伴うべき。
入学を今まで通り広き門とし、
進級卒業をかなり狭き門にする必要がある。
これにより、ニートやフリーターが大量生産される。

従来教育
99%の凡人に「60点以上を80%以上達成」の教育を施す。
天才は開花するのに無駄な時間を過ごすことになるが
質の高い労働力を大量生産できる。

どちらが国民にとって有益か、一目瞭然。

基本的に後者の教育体制で、1%の天才児への特例措置として
義務教育免除制度を考案する方がより有益だろう。


85 名前:名無しさん@6周年 2006/02/14(火) 10:39:22 ID:2d+Uih+90
------------------------------------------------------------------------
昔の子供が親や地域社会で覚えたものが、今の子供からはごっそり抜けている。
同年代の子供同士での気楽な付き合いと、教室での座学がほとんどで、
親や教師以外の大人と(レジとか出会い系とかではない普通の場で)接したり、
地域のさまざまな年齢の子供の集団で行動する機会が無い。
親も堕落していて、親が一定のモラルを教え、親自身が身をもって示すということがない。

そのせいで、公共の場で人目を気にするとか、年長者として責任感を持つとか、
社会の暗黙の価値観を身につけるとかいうことができない。

「ゆとり教育」が継続するのなら、そのゆとりの分、ただ足踏みをするのではなく、
そういう抜け落ちている部分をフォローする機会を設けるべき。


95 名前:名無しさん@6周年 2006/02/14(火) 10:44:33 ID:mk+wGqK90
------------------------------------------------------------------------
金と時間をかけられる親の子供は優秀に育ち
公立通いで塾に行けない子は低学力か・・・。

日本は人材が資本なのだから、根本的なカリキュラムを組み直さないと
先細りで衰退していくだろうな。

優秀な人材は日本に見切りをつけて、他国の国籍でも取得するか・・・。

中央教育審議会は全員クビで良いよ。
バカの大量生産委員会などいらん。


318 名前:名無しさん@6周年 2006/02/14(火) 13:27:28 ID:aMh44BUj0
------------------------------------------------------------------------
ゆとり教育の仕掛け人、寺脇研が最近何をしてたかって言うと・・・

日本人の心を変えたヨン様のドラマ
>日本政府の「同ドラマ現象スポークスマン」とも呼ばれる
>文化庁・文化部の寺脇研部長は「韓国語ブームが起きているのを見ると、
>韓国ブームは長引きそうだ」と展望している

実は、ゆとり教育の生みの親で日本の教育を荒廃させた「寺脇研」が
寒流ブームの仕掛け人ですた


414 名前:名無しさん@6周年 2006/02/14(火) 14:41:24 ID:z3PUpxjd0
------------------------------------------------------------------------
俺はこのまま「ゆとり教育」続行でいいと思ってるよ。
公教育はもっと縮小して、必要最小限なものでいい。
ただし、プラスアルファを望む子には、国が全面的にサポートをすべき。


433 名前:名無しさん@6周年 2006/02/14(火) 14:58:41 ID:5dkzE13X0
------------------------------------------------------------------------
文科省の役人が路線の誤りを認めるわけがない
ま、結局フリーターを増産するだけなんだよね
進学率上げよう→勉強できなくても進学可→卒業させるために指導要領を学力最下層に基準を合わせる→
→卒業はしたけど遊びが得意のただの能なし→就職先ないからフリーターへ


450 名前:名無しさん@6周年 2006/02/14(火) 15:25:34 ID:3c5PdE1G0
------------------------------------------------------------------------
不思議に思うのだが、
スポーツだと、つまらない基本中の基本の重要性を否定する人は皆無。
例えば、野球で、子供に素振りやキャッチボールばかりやらせも、
それに対して「創造的プレーの機会を奪う」と非難する馬鹿はいない。
基本ががっちりと固まっていないと、「創造的プレー」に発展できないのは当然。
プロのサッカー選手でも、リフティングは欠かさない。
 
ところが、勉強になった途端に、基本中の基本を詰め込み教育と否定する奴が続出する。
基本的な計算の仕組みや、基本的な日本語の用法が身体にたたき込まれていないと、
その先の創造的な学習に発展できないんだが、
何故か、そういう基本を疎かにして、わけのわからない「総合学習」に走ってしまう。


498 名前:名無しさん@6周年 2006/02/14(火) 16:03:16 ID:2GcxBPE80
------------------------------------------------------------------------
ところで、ゆとり教育は1975年から始まってたってあるがソースくれ。ホント?
小学校の時の事だが、もう覚えてない、ちゅうか週6日塾に行ってたから
小学校の授業なんか覚えてない。聞いてもないし。


511 名前:名無しさん@6周年 2006/02/14(火) 16:08:41 ID:ioy0s/Uz0
------------------------------------------------------------------------
>>498
ぐぐれ。1975年は確か永井文部大臣と槇枝日教組委員長が会談して
文部省・日教組タッグの「ゆとり路線」で一致した年だ。この直後に
指導要領がゆとりに向けて改革されて、施行されたのが1980年くらいの
はずだ(小中高で若干違う)。指導要領は策定から施行の間に数年ある。

1975年は策定だったかしれない、過去の指導要領をまとめたサイトは
たくさんあるから探せ。「70年代後半に策定、80年代初頭に施行」された
指導要領が戦後初めて「ゆとり」を中心にすえたものだ。その後、10年に
一度のペースで改訂されるたびに転落し、今の「ゆるみ教育」へw


510 名前:名無しさん@6周年 2006/02/14(火) 16:08:40 ID:bBLIp81l0
------------------------------------------------------------------------
>>501 だから今の20代以下が一部除いて出来が悪いわけだ。


522 名前:名無しさん@6周年 2006/02/14(火) 16:14:02 ID:ioy0s/Uz0
------------------------------------------------------------------------
>>510
ダウト。ゆとり指導要領は小中高で施行されているので、今の30代の
大半は影響受けている(1967年度生まれから?)。

1980年に小学1年だった1973年生まれ以降の世代は「ゆとり教育純正品」
というだけだ。それ以降、指導要領が変わるたびに、「ゆるみ教育」
「たるみ教育」「おとり教育」と進化をとげているw


525 名前:名無しさん@6周年 2006/02/14(火) 16:15:08 ID:g50YKh7t0
------------------------------------------------------------------------
ただでさえ人口減の時代なのに、教育まで手抜きしたら、国力が落ちる・・・。


532 名前:名無しさん@6周年 2006/02/14(火) 16:17:54 ID:ioy0s/Uz0
------------------------------------------------------------------------
>>525
心配すんな、もう落ちてる。自分の子どもさえ進学校に通わせておけば
すむと、ゆとり教育に関心になかった(むしろ、喜んでいた)人たちも
ここ何年か新社会人の様子を見たら変だと思うようになってきた。

今さら変えたところで、元に戻るのに10年20年かかる。国力は落ちる
一方だぜw


537 名前:名無しさん@6周年 2006/02/14(火) 16:20:10 ID:8WtQDazZ0
------------------------------------------------------------------------
>>511,522,532
お前さっきから上手いなあw

100m走で1位を決めなかったら、
そりゃたしかに「おっとり」はするけど、
自分のガキに競争意識を植え付けるにが逆に大変だったぞw
なにせ負けても悔しくないってんだから。
そんな「おっとり」した社会ではないんだよな。現実は。


649 名前:名無しさん@6周年 2006/02/14(火) 19:54:45 ID:Lr6Am24a0
------------------------------------------------------------------------
「ゆとり教育」を考えたメンバーで審議しても同じ結果しか出ないんちゃうの?
民意と完全にかけ離れてるわ。文科省官僚のプライドを守るためなら、日本の
児童生徒は一億総白痴になっても構わないってことなのか?軍部の面子を守
るためだけにズルズル中国で戦争にはまった60数年前と、やっていることかわらんw


696 名前:名無しさん@6周年 2006/02/15(水) 00:07:35 ID:Azn3sql00
------------------------------------------------------------------------
ゆとり教育と詰め込み教育の二択しかないように煽るアホがいけないのです
どっちもダメな教育じゃないですか
早寝早起き 毎日宿題は忘れない 遅刻をしない 授業中はマジメに勉強する
ルールを守れないやつには徹底した指導 くだらない人権思想など気にするな
通知表は5段階 全国統一模試をちゃんとやる 学力別クラス編成をする
ていうふうにちゃんとやれよ

あと道徳の授業もいまのヘンなのはいらんとおもう
勧善懲悪の正義の話を聞かせて道徳心を高めるようなものじゃなくて
ヘンなチョンとか部落のいじめられてるクソ暗くてツマラン話聞かせたら性格曲がるよ


732 名前:名無しさん@6周年 2006/02/15(水) 11:23:45 ID:nR8U53u10
------------------------------------------------------------------------
ちなみに鹿児島では、文部科学省を当てにしていないで以下のように。

06年度予算:学力向上 教員の指導能力アップ /鹿児島

 県は中学校の学力向上推進事業として410万円を予算に計上した。04年度実
施した基礎学力の定着度調査に基づくもので、主に教員の指導能力向上を図ること
で、生徒の学力向上につなげる。
 全小学5年、中学1・2年を対象に実施した同調査では、中学生の平均通過点率
(正答率)が国語以外の社会、数学、理科、英語が56?64%と低い傾向にあっ
た。そのため、他の教員の授業方法を学んだり、批判することで「授業力」の向上
を狙う。
 同事業では、全中学校で公開授業を行ったり、全教員が3年に1度校内研究授業
を実施。さらに教育事務所単位で授業力アップ推進会議を設けることで、授業計画
の進ちょく状況を地区単位でも集約する。
 一方、人事院の勧告に基づき、新年度から教職員評価制度を導入(116万
円)。05年度から小中高31校で試行していたが、全校に拡大。自己申告評価制
と管理職による業績評価制の2本柱からなり、教職員の意欲を喚起するとともに、
将来的に給与面に反映させるための評価制度を確立する。

あれだな、国賊だらけの文部科学省を無視して各自治体でゆとり教育を見直していくほうが
日本にとっていいかもしれん。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/424-f99aa6de

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。