野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国:ベンゼン入りビタミンC飲料に自主回収を勧告

  ベンゼン入りビタミンC飲料に自主回収を勧告【朝鮮日報】4/14

 韓国の食品医薬品安全庁が12日、ビタミンC飲料30製品を調査した結果、27製品からベンゼン(発ガン物質)が検出されたと発表した。しかも、先月行われた一次調査では37製品中、36製品もベンゼンが検出されたという。

 もっとも、一番含有量が多かった製品(1本あたり262ppb)でも、人体に著しく悪影響を与えるレベルではないらしく、食品医薬品安全庁も自主回収を勧告しただけであり、メーカーも自主的に製造方法を改善しているらしい。

 最初、この見出しを見たときに「なんでビタミンC飲料にベンゼン?」と思い、昨年あった中国製のビールにホルムアルデヒドがあったように、製造工程で混入するのか?と思ったがどうも違うらしい。


 朝鮮日報の記事に寄れば、『発癌物質であるベンゼンは、飲料に添加する防腐剤の安息香酸ナトリウムとビタミンCが化学反応を起こして生成する』とある。ちょっとググってみたら、安息香酸(Wikipedia)にも指摘されていたので間違いなさそうだ。

  食品安全情報[PDF形式]【国立医薬品食品衛生研究所】(2006.3.1)

 ここの p.30以降に「食品中の安息香酸からベンゼンが生成される可能性について」に記述されている。
 BfR(ドイツ連邦リスク評価研究所)によれば、安息香酸とビタミンC(アスコルビン酸)を含むソフトドリンク・フルーツジュースから微量のベンゼンが生成する可能性と、一定条件下で安息香酸からベンゼンが生成されることが記載されいる。
 生成には両物質の濃度の他に飲料のpH、他の成分、保存温度、紫外線などさまざまな因子が関係するが、現時点ではどの程度生成するかはっきりしないらしい。
 このため、BfRでは、アスコルビン酸と安息香酸を含むソフトドリンクや、その他の食品中のベンゼン含量についてデータを収集するよう勧告した。

 実はビタミンCと安息香酸によるベンゼン汚染は1990年に一度起こっている。当時 FDA(アメリカ食品医薬品局)が警告し収まったはずなのだが、最近になって、米国内のソフトドリンクに WHO(世界保健機構)の飲料水中許容量上限(10ppb)の2.5?5倍の高水準で含有していることが確認され、波紋を広げているようだ。韓国で調査を行われたのもこの影響だろう。

 そこで、日本ではどうかといえば、このような報道がなかったと思う(検索でも見つからない)。唯一、WEBニッポン消費者新聞が取り上げていた。

  清涼飲料に発がん物質ベンゼン含有か=添加物の相乗作用の疑い、厚労省情報収集へ着手【WEBニッポン消費者新聞】3/10

 これによれば、厚労省は「情報収集を進め、検査するかどうかも含めて検討している段階」であり、後手後手なのがわかる(´・ω・`)
 報道から一ヶ月経っても何もないことから、欧米はおろか、国家機関で検査を行った韓国より遅れてるのは明らか。こうなると消費者は購入前に成分を確認するくらいしか手がない。

 ざっと調べて思ったのだが、ビタミンC(又はL-アスコルビン酸で同じ物)は酸化防止剤として、安息香酸ナトリウム(又は安息香酸塩)は保存料(防腐剤)として主に使用されている。ドイツではフルーツジュースと書いてあったくらいなので、いろんな飲み物にありそうだ。

 ビタミンC飲料といえば、ハウスウェルネスフーズ(旧・武田食品工業)の C-1000タケダとか、サントリーのC.C.レモンが真っ先に思い浮かんだ。そこで成分を調べてみたが、意外にも安息香酸は使用されていなかった。
 一方、コカコーラ社のファンタは、グレープやキウィに両者が使われていた(オレンジはビタミンCのみ、ハニーレモンは安息香酸Naのみ)。また、大抵の栄養ドリンク剤には安息香酸Naが使用されており、ビタミンCを売りにするものは大抵併用されていた(例外的にオロナミンCには安息香酸Naがなかった。また、リポビタンDにはビタミンCがなかった)。
 ともあれ、気になるなら成分を見てみるといいかもしれない。

 ただ、これらがどの程度危険なのかは分からない。ベンゼンについてはここが詳しい。

  ベンゼン【環境省】

 毒性については白血病を引き起こし、発ガン性や遺伝子障害性が指摘されている。慢性毒性としては、高濃度のベンゼンを長期間体内に取り込むと造血器に障害を引き起こすことも報告されている。
 ただ、体内の取り込みは呼吸を重視しており、清涼飲料水なんかより、タバコの煙を危険視している。朝鮮日報にも、ビタミンC飲料でもっともベンゼンが多いものでも1本あたり タバコ0.2本分。比較論で考えれば大した量ではないかも知れない。

 しかし、子どもでも容易く摂取できてしまうのを考えると少々腑に落ちないし、腰が重い厚労省の姿勢も気になる。もしかしたら、ビタミンCと安息香酸Naの両方が入った食品は避けた方が無難かもしれない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/431-c25fa3ed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。