野良里蔵狸 -norakura-

tanukurのブログ。不定期更新(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無料の健康診断にいってくる

 午前中、保健所に行ってきた。他は知らないが、住んでいる自治体では40,50,60歳を迎える一ヶ月前に節目健康検査のお知らせが来る、らしい。通知が来るまでこんな制度知らなかったよ(´・ω・`)

 職場で健康診断をする人以外は申請でき、受診費用は無料。ただ、先着順なので定員超過時は受けられない。健康診断してくれない会社や(うちもだ)、主婦にはありがたい制度だ。こんな機会がなきゃ、健康診断なんてしないし。実際、行ってみたら女性が多かった。
 せっかくなので、どんなものかレポートしたい。



 まず受診日の約 2週間前に問診票 4枚(問診用、肺がん用、大腸がん用、肝炎ウイルス用)、検便容器が届く。問診票は予め記入しておき、便は受診 2日前から 2回採っておく。

 検査内容は基本検診、胃の検診、肝臓の検診、肺がん検診、大腸がん検診、歯科スクリーニング(来年度から女性に子宮がん検診が加わる)。ただ、がん検診は問診とレントゲン、血液検査なので大がかりな検査ではない。

 検査は流れ作業。
 当日は受付で届いたものを提出後、最初は尿検査。検体を渡したら身長、体重、血圧を計測。
 その後、問診票を元に生活問診。血圧を指摘され、医者に行った方がいいと言われたので、自覚症状ないんですよー、と答えたら、自覚症状が出たときはもう遅いと怒られた(当たり前だ)。ちなみに尿検査の結果はここで教えてくれ、蛋白、糖、潜血はなかった。よしよし。次は別室で食事問診だったが、ここで問診票の確認だけでスルー。
 これが終わると歯科スクリーニング。虫歯や歯槽膿漏のチェックだが、歯の磨き方がヘタだと指摘された。すいません。しっかりアドバイスされた。
 次はレントゲン。よくある胸部を撮るやつだ。これが終わると心電図。ベットに寝かされ、両手、両足、胸に電極を設置され、30秒? 1分ほど計測。
 最後に聴診器による検診後、がん検査用と思われる採血(4本分)をして終了。
 受診表には約 3時間とあったが、早めに来たこともあって 2時間で済んだ。待ち時間が多いので持って行った文庫本が役だった。暇つぶしは必須だろう。年輩層が高いせいか、携帯で時間を潰しているバカはいなかった(病院施設と変わらないし)。

 ともあれ、これだけの検査が無料なのは有り難い。病院で同等の検査をしようものなら、保険が効かないのでン万円くらいかかりそうだし。
 結果は 3週間後。何事もなければいいのだが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanukur.blog8.fc2.com/tb.php/44-251fb3a4

FC2Ad


アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。